「ドゥーパ!」に掲載されました




d0075863_21223432.jpg

雑誌「ドゥーパ!」さんの取材、工房の壁のニッチ・娘用の小屋に続いて3回目です。
ドゥーパ!120号(2017年10月号)

今回は「おままごとキッチン」の作り方。

最初にお話が来た時は正直、どうしようかなあ・・・と迷ったのですけど(笑)
シンクの開口部からコンロの取っ手まで、かなり細かい作り方が載っています(^^)
誌面内容や完成品は営利目的には使わないでくださいね、と注釈を入れてもらいました。

d0075863_21232933.jpg
d0075863_21225884.jpg

撮影は2日間で行われました。
普段は作業当日に向けてぼちぼち準備する加工を、カメラマンさんの前で順序良くやるのが大変。。

d0075863_21315194.jpg

なんとか時間通りに完成して、小物を並べて撮影。
可愛らしくできあがりました。

***

私も職人になる前は、工具の使い方など色々な特集を読んだ雑誌。
工房でウッドデッキを作る時にもお世話になりました。

トリマーやボール盤など機材をお持ちで、腕に覚えあり!という方はぜひ、誌面を見て挑戦してみてください。

そこまではちょっと・・・という方は、工房で一日ワークショップもやってます。
板や他の部材はこちらで用意しますので、組み立てて色を塗る作業を一緒にやりましょう。
工房での作業でも、おうちなどへの出張作業でもOKです。

■ワークショップ代:25,000円(材料費込。駐車場代と遠方出張費は実費)
■作業日の1ヶ月半前までにお申し込みください

今年も11月頃にクリスマス向けのワークショップDayをご案内予定です。
雑誌も教室も、どちらもよろしくお願いします!

d0075863_21294774.jpg




[PR]

# by q-factory | 2017-09-11 21:25 | 木工教室 | Comments(0)  

MOLINOTHさんでワークショップ

7月の終わり、群馬県みどり市の『もりのすスタジオ』でワークショップを開催しました。

MOLINOTHさんは新築住宅などを手がける会社で、スタジオは大きなガラス張りのとても素敵なモデルハウスです。


d0075863_14180539.jpg


d0075863_14181374.jpg
たくさん集まってくれた子ども達、今回は3種類のワークショップを全部セットでやるので、こちらも大変(笑)


あれ、どの子が一つめ終わってたんだっけ?どこまで進んでたっけ?

「わたしカギやったよ!」「つぎビー玉だよ」と教えてもらいながら、無事にみんな仕上げることができました。


d0075863_14181807.jpg
終わった後は、ウッドデッキでプール!・・・には少々気温が低かったので、水鉄砲ごっこ(^^)

前を通る大人が一番標的にされます。あぶない、びしょぬれになる〜


ワークショップの様子はこちらからもどうぞ→ もりのすブログ


冬にお邪魔した時は薪ストーブを楽しみました。

寒い時期も暑い時期もとても快適な室内、調湿と温度調節を兼ねたパネルが設置され

ているのだそうです。

d0075863_14182236.jpg



夜はお隣にある北爪さん宅のキャンピングカーに泊まらせてもらって、夕食&朝食までごちそうになり、家族旅行のような週末となりました。


もりのすの皆さん、ほんとにお世話になりました。

ありがとうございました!

d0075863_14183027.jpg
*


[PR]

# by q-factory | 2017-08-24 14:21 | 木工教室 | Comments(0)  

ブラウンの食器棚

d0075863_14123074.jpg
2016年秋に仕上げたのは、こちらの食器棚。

千駄木にお住まいのお客さまは、友人エステティシャンからのご紹介でした。
DIY好きでトイレの壁も自分で塗ったというおうちは、アジアンテイストだけどどこかモダンな感じ。
現在の食器棚は使い勝手がいまいちとのことで、部屋の一角に合わせて新しく作る事になりました。

d0075863_14124073.jpg
仕上げの色に着いて若干悩みながらも、加工はさくさくと。
間口が少し広いので、天板や棚の垂れ防止を兼ねて、真ん中に仕切りを入れています。

d0075863_14124547.jpg

そして色塗り。
いくつか塗料を試したものの、ご希望の色とはちょっと違う。
試し塗りの写真を送って選んでいただき、水性ステインのダークブラウンを使うことにしました。

***

都内の細い路地を抜け、無事に納品。
棚の完成に合わせて食器も厳選しよう!と、選抜隊の食器たちが並んだ棚をパチリ。
そんな風に思っていただけるのもありがたいことです。
d0075863_14125355.jpg

d0075863_14124905.jpg

こちらは、最初の打ち合わせでいただいたスケッチ。
ご希望通りに作れたようでひと安心。

Hさま、くうちん工房を選んでいただいてありがとうございました!
(そしてゆかさん、いつもありがとう(^^))


*

[PR]

# by q-factory | 2017-07-31 14:19 | 家具づくり | Comments(0)  

Kura-standさんの収納棚

d0075863_14345759.jpg

Kura-stand(くらスタンド)さんは、稲城長沼駅の高架下にオープンしたお店。稲城の野菜や果物を使ったサンドパンや、飲み物のテイクアウトができます。
今回はスタンド内の背面に、扉つきの収納棚を作りました。

こちらがBeforeの頃。

d0075863_14345340.jpg

HandiHouse Project さんが店舗内外装を整え、お店のスタッフさんたちが壁を塗り、私は最後の棚の取り付け。

(娘は取り付け完了後にビスキャップをはめています・・・)


d0075863_14350409.jpg

d0075863_14350909.jpg

扉が黒板になってて、メニューが書いてあったら良いねえ!というわけで「いな暮らし」でもお世話になってる、萌さんご一家と黒板塗料塗り。

今回は塗料のことから棚の取り付け方法まで、HandiHouse Projectさんに助言をいただいて大変助かりました。


d0075863_14351274.jpg


そうそう、隣のくらすクラスさんの看板も、前回うちで作らせてもらったもの。

ここの何が良いって、高架下だから雨が降ってもぜんぜん大丈夫(^^)この時期は炎天下の公園は無理だけど、スタンド前の広場ならいつでも日陰。絵本なども置いてあってチビちゃんたちが遊んでいます。


普段は水~金(11時~16時)の営業ですが、たまに夜営業もやっているそうです。電車で行って夜ビールを飲むのが、今年の夏の目標です!

*


[PR]

# by q-factory | 2017-07-28 14:42 | 家具づくり | Comments(0)  

かのんカフェさんの折れ脚テーブル


サインボードと一緒に頼まれたのが、無垢材の折れ脚テーブル。


市販のテーブルは金具のところからダメになっていることが多いので、うちでは少し掘り込んで金具を固定しています。

ぐらつきが無ければネジ穴がゆるくなる可能性も低いかな、と。

d0075863_17442499.jpg


天板はオニグルミの共木2枚はぎ。

赤ちゃんたちがたくさん触れる(場合によってはしゃぶる)ので、角は大きく丸く。

ここから脚もすべて、4.5Rで面取りして丸く仕上げます。

仕上げはエゴマ油。

d0075863_17434602.jpg

d0075863_17442066.jpg

d0075863_17443021.jpg


この金具の小さいのがあれば、脚をもう少し細くできるのになあ。

今のところ、折れ脚の場合は割と頑丈な感じになってます。

掘り込みの角度を変えたら、脚の開きも少し踏ん張る感じにできるかなー。

今度テストしてみなくちゃ。


d0075863_17443889.jpg


カフェに納品に行ったら、すぐに上でおままごとが始まって嬉しい。

ハイハイしてる赤ちゃんも、足でさりげなくテーブルの脚にさわって、木の感触を楽しんでたりするんですよ。


スタッフさん、前のテーブルより少し重くなっちゃってごめんなさい。

楽しんで長く使ってもらえると嬉しいです。



*

[PR]

# by q-factory | 2017-07-25 17:46 | 家具づくり | Comments(0)  

カフェコーナーのサインボード


去年の春の小さな製作物。

いつもお世話になっている、鶴川の子育てカフェ「かのんカフェ」さんからのご注文で、サインボードをふたつ作りました。


1つ目は片面のみ、セルフサービスのカフェコーナーが分かりやすいように。

2つ目は授乳室用。裏返すと「使用中」になります。


d0075863_09205619.jpg

文字と絵はいつものWarkさんにデータを持ち込んで、レーザー加工してもらいました。


加工が終わってから、はたと気づく。

マスキングテープ貼ってからやったら良かったんじゃ。。

(後からカッターで文字部分を切り抜きました。段取りの悪さに少し泣いた・・・)

d0075863_09205960.jpg

文字と絵の部分だけ白く塗装。遠くからでも目立ちます!



一緒にフライヤーラックも作りました(パイン集成材+リボスの着色オイル)。

アクリル板の曲線や円の部分は、こちらもレーザー加工で綺麗にカット。

カットした断面がなめらかなので、お子さんが触っても危なくありません。

d0075863_09211735.jpg


アクリル板が直線だとチラシが前に倒れやすくなりますが、曲線のおかげでそれが少し減る感じです。

色んなサイズのショップカードも置けるよう、上段と下段・奥と手前で高さをかなり変えました。

(写真は工房で撮ったものです。知り合いの皆さんのフライヤーでテスト・笑)


かのんカフェさんには、この後折れ脚テーブルもお納めしました。


いつもありがとうございます!(*^^*)



*


[PR]

# by q-factory | 2017-07-25 09:27 | その他 | Comments(0)  

そら豆テーブル

d0075863_15480099.jpg


保育園の棚が一段落ついて、「無垢材で何か作りたい!」と勢いにまかせて作ったのがこちらのテーブル。

お客さまのオーダーではなく、久しぶりに自分の作りたいものを作りました。


昨年春に売り出した、月型テーブルのハイタイプ

あぐり椅子と合わせて使うだけでなく、大人がお茶するのにもちょうど良いらしく・・・

「今までのテーブルをやめて、家族3人で月型を使ってます」というお客さままで現れました(笑)


それじゃああまりにも狭かろう、と月型にくっつけて使えるテーブルをずっと作りたかったのです。


d0075863_15463015.jpg

まずは段ボールの上に、心のままに曲線を描いてみる。

以前作ったSさんのそら豆テーブルが頭の中にあって、でももうちょっと違うかたち・・・。


d0075863_15463555.jpg

上から撮った写真をパソコンに取り込んで、月型の曲線と合うよう手直し。

出力した形から、合板で型を作ります。


d0075863_15463901.jpg

真ん中で綺麗に割れてた、共木のオニグルミ材を天板に使いました。


d0075863_15464397.jpg

d0075863_15464902.jpg

d0075863_15465353.jpg


今のところイベントでの評価は上々。

1台90,000円(税込)でご注文いただけます。


固定脚でも折れ脚(金具使用)でも作りますよ~!

(ちょっと小さめ・大きめのオーダーは、少しお値段が上がります。

そら豆の型など作り直しの手間があるため、ご理解くださいませ。)



*


[PR]

# by q-factory | 2017-07-21 15:53 | 家具づくり | Comments(0)  

玄関脇のワゴン

ずーっとさぼっていた、オーダー製作物の記録。

いつの分からやれば良いのか・・・。


思い出した順に、ぼちぼちアップ予定です(笑)


*****


まずはこちら。

以前、絵本棚を作った奥さまからリピートのオーダー。


小学校に上がった娘さん、玄関近くに身支度するスペースが欲しいというご要望。

階段下の小さめのスペースに合わせて、ワゴンを作りました。


ランドセルではなく学校指定のリュックを使うそうで、右側にカバン置きのスペースを取りました。

上の引き出しは筆記用具用、その下には持ち帰った絵などが置けるよう広めの棚を。


下の段は、無印良品の角形バスケットに合わせたサイズにしました。

ハンカチや給食袋、雑巾のストックなど、色々なものをしまっておけます。


d0075863_13285600.jpg

d0075863_13290104.jpg
d0075863_13290585.jpg
d0075863_13290902.jpg
d0075863_13291399.jpg


可愛い取っ手は、娘さんが自分で選んだものです。


キャスターつきで使い勝手が良い感じ。

中学校に上がっても、お部屋で使っても便利そうです。


こうやってお子さんの成長に合わせて、家具をオーダーいただけるのはありがたいことです。


Tさま、ありがとうございました!

d0075863_13291729.jpg

*


[PR]

# by q-factory | 2017-07-21 13:33 | 家具づくり | Comments(0)  

夕涼みの一日、ありがとうございました。

先週土曜日に、無事に夕涼みマルシェを開催しました。

準備時間は暑い!暑い!

汗だくになりながら、それぞれのお店を設営。

その甲斐あって、涼しくなる夕方からお客さまたちとのんびりと楽しみました。


d0075863_14364704.jpg


チラシをポストにお届けしたら、お友達を誘って来てくれた方。

Facebookの地域板を見て・・・とお子さん連れのファミリー。

「間に合ったー!」と後半来てくれた、木工教室の生徒さん家族。


d0075863_14374987.jpg

d0075863_14374063.jpg

d0075863_14400749.jpg

d0075863_14380128.jpg

d0075863_14374574.jpg

d0075863_14375435.jpg

もっとお客さんが多い方が良いのかな・・・と思いつつ、家具の相談をしに来る方とゆっくりお話していると、うちにはちょうど良い感じ。

出店者さんも「お客さんとゆっくり話せて良かったです」と気を使ってくれますが、毎回反省会では迷うところです。

そして、家具のお客さまや、教室の生徒さん、知り合いの作家さんをお互いに引き合わせたり・・・という場として大切にしていきたい。

でも一方で、イベントで初めて工房に来た方も大事にできないと、、と迷いは尽きません。


d0075863_14380632.jpg


試行錯誤をしつつ、年2回のペースでマルシェを続けていく予定です。

次回は12月に。日程が決まり次第お知らせします。


皆さん、暑い中ほんとにありがとうございました!


d0075863_14381025.jpg


*


[PR]

# by q-factory | 2017-07-20 14:45 | イベント | Comments(0)  

マルシェ会場までの道のり(電車&バスの場合)

【夕涼みマルシェ】
7/15(土)15:00〜19:00

会場:くうちん工房
東京都町田市相原町4806-1

◆JR横浜線 相原駅から

工房最寄り(大戸橋バス停)へのバスは、町田街道に出てサイゼリヤの脇のバス停「相原」をご利用ください。
時刻表は以下の通り。
14:34 15:14 15:54 16:34 17:14 17:54 18:34


d0075863_20163439.jpg

バス停「大戸橋」下車、バスの進行方向にまっすぐ進んで徒歩約5分。右側に工房が見えてきます。

***

相原駅すぐの西口ロータリーにもバス停があり、法政大学行きのバスは主にこちらから出ます。
Yahooの『乗り換え案内
で、「相原駅西口/神奈川中央交通」→「大戸橋/神奈川中央交通」
で日時を入れて検索すると、どちらのバス停から乗るのかも教えてくれて便利です。
こちらを押すと、入力抜きで現在時間で出る・・・かもしれません)

「法政大学行き」のバスに乗った場合、正門前のバス停からは徒歩10分程度です(以下を参照)。

◆京王線 めじろ台駅より
 バス「法政大学行」で約15分。
 終点「法政大学」下車、徒歩10分程度。
 学内の遊歩道は、学外者でも散歩などで通行可能です。ペット連れの方は通れません。
 体育館の先の「グラウンド門」を目指して、いらして下さい。
時刻表「法政大学行」

***

◆JR中央線・京王線 高尾駅より
 高尾駅南口よりバス「館が丘団地行」で約15分。
 終点「館が丘団地」より徒歩10分程度。
 坂道を町田街道方面に下って、信号「館町清掃工場入口」を左折。
 そのまままっすぐ進むと、左手に法政大学のグラウンド門とくうちん工房が見えてきます。
時刻表「館が丘団地行」

皆さま、お気をつけていらして下さいませ(*^^*)


*

[PR]

# by q-factory | 2017-07-14 15:30 | イベント | Comments(0)