こども椅子試作 その2

水曜日は単身で子育てカフェへ。
スタッフさんの許可を頂いて試作の子供椅子を持ち込み、Aちゃんに実際に座ってもらいました。

Aちゃん、やっぱりテーブルに座るのが好きなようで、新しい椅子は「背を持って押すもの」と解釈したもよう。
ずずー、ずずーと押して進むAちゃん。
他の子たちは「なになに?」と集まってきて、かわるがわる座ってみたりカメラにポーズをとってみたり(^ー^)

やっと座ってみてもらって、今はまだ座が高めだけど「すごい勢いで身長が伸びてるから、この高さでいいです!」と言うママさんと、デザインの相談。
背は縦長にした方が押さなくなりそうだけど、やっぱり今の方が可愛いよねーとか、Aちゃんが使わなくなったらインテリアの一部にしたいし・・・とか、脚にやっぱりアクセントを入れようとか、もろもろ。

d0075863_8335110.jpg

そうそう本体はオニグルミですが、背の部分はウォルナットにする予定。
自然色のツートンカラー、可愛くて大好き!(サイコロの黒の方みたいな感じ)

子連れでないのにフツーにランチの仲間に入れてもらって、情報交換して。
市販の子供椅子の感想も、ばっちり聞かせてもらいました。
最初に会った頃「月型テーブルは3万円なんです」と言ったら、ちょっとびっくりしていたママさんたち。
いつの間にか値段を言ってもあまり驚かれなくなって、それがとてもうれしい。

試作をお子さん達に試してもらう場合は、材料はあるもの(なるべく柔らかい無垢材=杉・パイン等)で作りますが、角は必ずヤスリで丸く仕上げていきます。
今回もチビちゃんたちが2人でよじ登ろうとしたり、背を持ってゴロゴロ転がされたり、色んなことをされてとても参考になりました。

Aちゃんの椅子と一緒に、もうちょっと低めの椅子も作って月型テーブルとペアにしようと画策中。
もうちょっとデザインを揉んで、自宅でテストしてみようと思ってます。
[PR]

by q-factory | 2010-01-29 08:36 | 家具づくり | Comments(0)  

<< 女子会2月(ごはん編その1) タイトボンドを買いに >>