自宅浴室リフォーム その3

さあ、この日がいよいよユニットバスの組立の日。
朝から大工さんが来て、まずは断熱材を入れてくれます。
d0075863_22154993.jpg

その後は水道屋さんがユニットバスの組み立て開始。

まあ当たり前っちゃ当たり前なんだけど、この辺の仕事って細分化されてて、例えば水道屋さんは(ユニットバスやシステムキッチンの設置をメインにやってる業者さんらしいんだけど)断熱材を入れたりする作業はやらない。窓の下地枠は作ってたみたいだけど。
大工さんはこの作業のためにちょっとだけ来て、次の日に入口の木枠を作るために再来しました。

家の外では若い職人さんが、壁のパネルを所定の大きさにカットしたり、穴を開けたり。
失敗したらまたTOTOから取り寄せるのかなあ・・・1枚くらい余分はあるのかなあ・・・と余計な心配をしたり(笑)。

作業を近くで見たい!という気持ちはあるものの、何しろ玄関も脱衣所も狭いのでリビングでじっと我慢。
しばらくして見に行ってみたら、こんな感じ。
d0075863_22133633.jpg

で、次に行ったらこんな感じ(笑)。この右側の上に浴槽が乗るのですね。
d0075863_22135289.jpg

その次。
職人さんも、カメラ持った私がウロウロするの嫌だったろうなあ(笑)。すみません。
d0075863_221453.jpg


この日は7時くらいまでかかって、ユニットバスの設置を終えてくれた水道屋さん。
ありがとうございました。
[PR]

by q-factory | 2010-11-25 22:17 | 建ててもらう | Comments(4)  

Commented by 飛魔人 at 2010-11-27 01:24 x
こんばんは

写真を見ていて、気になったんですが。
壁に充填された断熱材ですが、素材は判りますか?
一見、グラスウール風だけど、湿気に晒され易い浴室だと、グラスウールは鬼門だろうし、むしろスチロール系の方が施工も楽っぽいと、思えるんですよね。
ケチをつけているんじゃ無くて、セルフビルド・セルフリフォームのノウハウとして興味あるので、判る範囲で教えてぇ~
Commented by さえ at 2010-11-27 11:31 x
>飛魔人さん

この断熱材はアクリアネクストというものだそうです。以前のグラスウールのようにチクチクせず、かなり施工しやすいみたい。
もちろん通常のグラスウールよりも価格は高いらしいですが、セルフビルドでは使いやすそう・・・と見ていて思いました。

浴室の湿気については、現場監督さんも「最近のユニットバスはほとんど外側の結露はないと思います」と言っていて、通常の部屋と同じような断熱材の施工だったと思います。

はてさて(笑)。
今、壁の中をのぞいて結露のありなしを確認したい気持ちでいっぱいです(笑)
Commented by 明石のゴンベエ at 2016-12-11 08:47 x
はじめまして。
ずいぶん以前の記事にコメント失礼します。

我が家では、ただいま浴室リフォーム進行中でようやくカタログやショールームでの品定めが終わって、
施工前の採寸に着手しようとするところです。

この記事の写真で大工さんが断熱材を施工されていますが、この施工は、ブログ主様から発注時にリクエストされた工事ですか?
それとも何も言わなくても工程に入っていたのでしょうか?

我が家も寒さに耐えかねてリフォームしているので、出来るだけ暖かく仕上げたいと思いまして。
Commented by q-factory at 2016-12-30 09:38
明石のゴンベエさま

お返事が遅くなりまして、申し訳ありません。
こちらの断熱材は工務店の方で用意されたものです。
施主の方では、特に指定しませんでした。

寒いのを改善したい、というのをきちんとご相談になっても良いかと思います(^^)

お風呂はとても暖かくなり、毎日快適です!

<< 自宅浴室リフォーム 最終日 自宅浴室リフォーム その2 >>