自宅浴室リフォーム 最終日

この日は主に入口の枠の作業。

朝来て、入念に採寸する大工さん。
一度帰って工場で加工して、また戻ってきますと帰られて。
その間に電気屋さんが来て、ブレーカを増設して浴室乾燥機が使えるようにしてくれました。
(でもね、2個増設したブレーカもこの乾燥機と前回増設してもらったコンセントで、もういっぱい。20個くらいブレーカが並んでてもいいよ!と思うこのごろです。)

昼に来た大工さん、午後いっぱいかかって扉の枠を設置。
やっぱりリフォームだと、色々狂ってる部分も多くて難しいのだそうな。
そうだろうなあ。。
d0075863_123622.jpg

それでも綺麗に仕上げてくれました!
夕方に塗装屋さん登場。
水周りはウレタンがいいかなあ・・・と言う私に、現場監督と塗装屋さんはオスモのフローリング用のオイルを勧めてくれて。
割と水にも強いですよ、というのでこちらを採用。

娘を保育園に迎えに行く時間になったので、オイル塗りに立ち会うことはできませんでした。
が、夜気がついたこと。
うーん・・・塗ったところがざらざらしてるなあ。。

えーと、家具屋がオスモや他のオイルを塗る場合、まず木地調整をします。
そして1回目のオイルを塗った後、木の繊維がオイルを吸って毛羽立つので、もう一度(さらっと)やすりがけ。
その後2回目のオイル塗りとなるのが基本ですが。

調べたところ、オスモのフローリング用オイルは、拭きあげが基本的には不要と書いてありました。
その後乾いたら2度目を塗ればいい、というのが公式HPの内容。

でも大橋塗料さんのHPでは、1回目塗布後に♯400で木地調整して2回目塗布、と書いてあり、多分こちらの方が仕上がりはいいだろうと思います。
手間もそんなにかからないし、フローリングの場合はもっとざらざら感が気になると思うので、やった方がいいんじゃないのかなあ・・・と私は思います。
手元に同じオイルがないので、扉の枠はちょっとやすりかけた後に他のオイル塗っちまうかなあ、と悩み中。

でもまあそれ以外の不満はほとんどなく。
無事お風呂も新しくなり浴室暖房乾燥機もついて、現在の様子です。
d0075863_1253324.jpg

白かピンクかグリーンか選べ、みたいなホームセンターの品揃えに納得いかず、ネットでクリアーブラウンの桶と風呂椅子を取り寄せ。
なかなかいい(自画自賛)。

d0075863_1254823.jpg

ここの蛇口は2歳の娘の手洗いに重宝してます。
換気すると床はすぐ乾くので、足が濡れる心配はほとんどなし。
カウンターに洗面器を置いてお湯を受け、洗い終わったら浴槽に流すという形。

浴室乾燥機も本来の用途ではまだほとんど使ってませんが、暖房があるのがありがたい!
これで真冬でも暖かくお風呂に入れそうです。
[PR]

by q-factory | 2010-11-27 12:08 | 建ててもらう | Comments(2)  

Commented by 。。ぐさ at 2010-12-03 21:57 x
建築の現場で塗装屋さんといっても、いわゆる塗師屋の出の人とペンキ屋の人が居て、われわれは明確に区別するんですが、最近の建築現場ではあんまり区別なくやってるようで。
で、ペンキ屋さんだと下地調整もあんまりしませんし、中間での研磨も本当にペーパーで「サッ」と足を取る程度に撫でるだけな場合が多いです。なのでタモの集成材でカウンターを作って、塗装は現場の塗装屋さんがやるといったときに、設計上の指定が「OSCL2」つまりオイルステイン、クリア2回となっていたのでそのままいきなりオイルステイン塗ってサッとウエスで拭いて、その後クリア2回ですから仕上がるわけもなく、、、なんて事がありましたね。
とのこ目止めしろって指定でも、よく知らないペンキ屋さん系の人だとシャバシャバの泥水みたいなトノコで色だけつけて塗っちゃうから目止めになってなかったり。まあ、単価がまったく違いますから当たり前なんですけどね。それを工務店が知らずに見積もっちゃってる場合は予算が無いのでそのままになったったり。
Commented by さえ at 2010-12-07 11:19 x
ああ、、そうなんですか。
ペンキ屋出身の方だったら、目止めとかよく分かんないでしょうね(笑)。
。。ぐささんがカウンター作るんだったら、きっと塗装までやった方がずっと仕上がりが良さそうですね。
単価の問題はあるのでしょうが、そこで仕上げを知らない塗装屋さんが塗るくらいなら、多少高くてもちゃんと仕上げてほしいとお客さんは思うと思いますがね。

塗装だけ現場の職人にお願いする、という経験はまったく無かったので、勉強になりました。
。。ぐささん、ありがとうございます。


<< らいのんさんを丸くする 自宅浴室リフォーム その3 >>