作りつけ棚の扉

9月はめずらしく、合板のお仕事をしていました。
以前ダイニングテーブルを納品したH様のお宅、キッチン周りの収納の扉を作りました。
d0075863_122915100.jpg

新築のおうちで、棚の本体部分と棚受けの設置までは大工さん、扉の製作と棚ガラスの発注は私、という分業。
扉などの細かい仕事はできない大工さんも多く、工務店経由で建具屋さんを頼むよりはくうちん工房で、とご依頼いただきました。

作りつけのお仕事は独立した家具に比べて難しい部分もあるので、ちょっと緊張しましたがうまくいきました。
「わあすごい、ぴったり!」と奥様が言ってくれたので、かなりうれしく。

d0075863_12294585.jpg

ガラス棚の下はファックス台となっていて、前にスライドして出てくるようになっています。

d0075863_12303765.jpg

扉の取っ手は奥様支給でIKEAのもの。
システムキッチンの取っ手ともよく合ってます。

今回も色々と勉強になりました。
H様、ありがとうございました!
[PR]

by q-factory | 2011-10-13 12:32 | 家具づくり | Comments(2)  

Commented by 。。ぐさ at 2011-10-13 20:48 x
商業的には合板関係の仕事は需要も多いですし、そのわりにどこに頼んだら良いか判らなかったというお客さんや工務店さんも多いですからね。(^^)
Commented by さえ at 2011-10-14 09:34 x
やっぱり、どこに頼んだら?というのがあるんですね。
。。ぐささんだったらちゃっちゃとできるだろうことが、いちいち悩むので(^^;なかなかはかどりませんでした。
合板には合板のノウハウがあるんですね。
勉強になりました(^^)

<< 子供用の椅子とおままごとキッチン 人のつながり >>