丸太を買いに。

先週末は岐阜に行ってきました。
行き先は、うちで使うオニグルミ材のほとんどを担っている材木屋さん。

前回の訪問は5年前。その時は家族で伺いました。
機嫌の悪い娘を抱っこして製材工場を見せてもらい、事務所で社長のお話を聞きながらも泣き続ける娘、チョコをもらっても全然泣き止まない・・・(涙)
もう、行ったのが良かったのか悪かったのか分からない、、とやさぐれたもんでした。

d0075863_1033364.jpg


今回はひとり旅。
おかげでゆっくりとお話することができました。
夫と娘よ、ありがとう!

d0075863_10331545.jpg

「ちょうど3日前に出た丸太があるよー」と材木屋さん。
写真の左側がオニグルミの丸太。
見づらいかい?とフォークで手前にごろんと出してくれる。

d0075863_10333512.jpg

丸太と製材・乾燥までの見積もりを出してもらって(その前からほぼ心は決まってたけど)、こちらの3本を購入。
その場で挽き方を相談して、うちでの使い方に合った厚みで挽いてもらうことにする。

スタンダードな方法だと芯を抜いた幅広の部分で厚板を取るようだけど、うちでは少し薄めの天板の方が良く出るので、そちらをメインに。
厚い板は椅子の脚に良く使う、と話したら「じゃあ欠点のありそうな部分を厚く挽くかな」と(木取りの時に避けられるからね)。

普段、メールや電話ではなかなか伝わらなかったことが、どんどん伝わる。
共木で買えることの大きな価値、私が大切にしている物語、お客さんとの共有。
お客様の了解を得て、丸太からダイニングテーブルになるまでのフォトブックもお渡ししました。

あのね、ほんとうに行って良かった!!

来年もこの時期にぜひ行きたい。
次の年の冬から使う材を仕入れに行って、それを使ってずっと家具を作りたい。

新たに心が決まった旅でした。

d0075863_10353435.jpg



*****(おまけ)*****

翌日は「水曜どうでしょう」と同じサイコロの旅をして、勝沼まで迎えに来てくれた夫と娘。
d0075863_1036312.jpg
d0075863_10362273.jpg


色んなおうちで干してる柿が見事で、百匁柿(渋柿)を買って帰ってきました。
おいしい干し柿も作らなくては(^^)

d0075863_10371923.jpg

[PR]

by q-factory | 2015-11-10 10:37 | 家具づくり | Comments(0)  

<< 冬のマルシェ出店者ご案内 その1 赤ちゃんから大人まで楽しめるコ... >>