かのんカフェさんの折れ脚テーブル


サインボードと一緒に頼まれたのが、無垢材の折れ脚テーブル。


市販のテーブルは金具のところからダメになっていることが多いので、うちでは少し掘り込んで金具を固定しています。

ぐらつきが無ければネジ穴がゆるくなる可能性も低いかな、と。

d0075863_17442499.jpg


天板はオニグルミの共木2枚はぎ。

赤ちゃんたちがたくさん触れる(場合によってはしゃぶる)ので、角は大きく丸く。

ここから脚もすべて、4.5Rで面取りして丸く仕上げます。

仕上げはエゴマ油。

d0075863_17434602.jpg

d0075863_17442066.jpg

d0075863_17443021.jpg


この金具の小さいのがあれば、脚をもう少し細くできるのになあ。

今のところ、折れ脚の場合は割と頑丈な感じになってます。

掘り込みの角度を変えたら、脚の開きも少し踏ん張る感じにできるかなー。

今度テストしてみなくちゃ。


d0075863_17443889.jpg


カフェに納品に行ったら、すぐに上でおままごとが始まって嬉しい。

ハイハイしてる赤ちゃんも、足でさりげなくテーブルの脚にさわって、木の感触を楽しんでたりするんですよ。


スタッフさん、前のテーブルより少し重くなっちゃってごめんなさい。

楽しんで長く使ってもらえると嬉しいです。



*

[PR]

by q-factory | 2017-07-25 17:46 | 家具づくり | Comments(0)  

<< Kura-standさんの収納棚 カフェコーナーのサインボード >>