Kura-standさんの収納棚

d0075863_14345759.jpg

Kura-stand(くらスタンド)さんは、稲城長沼駅の高架下にオープンしたお店。稲城の野菜や果物を使ったサンドパンや、飲み物のテイクアウトができます。
今回はスタンド内の背面に、扉つきの収納棚を作りました。

こちらがBeforeの頃。

d0075863_14345340.jpg

HandiHouse Project さんが店舗内外装を整え、お店のスタッフさんたちが壁を塗り、私は最後の棚の取り付け。

(娘は取り付け完了後にビスキャップをはめています・・・)


d0075863_14350409.jpg

d0075863_14350909.jpg

扉が黒板になってて、メニューが書いてあったら良いねえ!というわけで「いな暮らし」でもお世話になってる、萌さんご一家と黒板塗料塗り。

今回は塗料のことから棚の取り付け方法まで、HandiHouse Projectさんに助言をいただいて大変助かりました。


d0075863_14351274.jpg


そうそう、隣のくらすクラスさんの看板も、前回うちで作らせてもらったもの。

ここの何が良いって、高架下だから雨が降ってもぜんぜん大丈夫(^^)この時期は炎天下の公園は無理だけど、スタンド前の広場ならいつでも日陰。絵本なども置いてあってチビちゃんたちが遊んでいます。


普段は水~金(11時~16時)の営業ですが、たまに夜営業もやっているそうです。電車で行って夜ビールを飲むのが、今年の夏の目標です!

*


[PR]

by q-factory | 2017-07-28 14:42 | 家具づくり | Comments(0)  

<< ブラウンの食器棚 かのんカフェさんの折れ脚テーブル >>