電線の太さ

近くのホームセンターに行って、週末の電気工事のための買出し。

d0075863_22532260.jpg


コンセントの内側に入る箱とステープル、腰につけられるビス箱、各スイッチ枠とスイッチ。コンセント枠は箱買い。
新しいニッパーと、トイレの床貼りの時に使う水平器も買いました。

電気材料の売り場でコンセント枠をじっと見ていたら、「15A 125V」と書いてあることを発見。
・・・15アンペア・・・?

先週の作業でコンセントは太さ2.0mm、電灯は1.6mmの電線で引き回した私達。
なぜなら「1.6mmの電線は19Aまでしか容量がないため、コンセントには良くない」と本に書いてあったからです。
でもコンセント側で15Aしか受けつけられないなら、1.6mmで良かったのでは??とショックを受けた私。

大した差じゃないじゃん!と思われるかもしれませんが、2.0mmの値段は1.6mmのほぼ2倍(100mで買うと5000円くらいの差)。
実際の作業性でも、太い方はとにかく硬い!電線を切るのもよじれを直すのもステープルで留めるのも一苦労。太い方の引き回しを終えて細い電線に入った時は、2人して「楽だね~」と言い合ったくらい。

しかし、まうちんが「俺もコンセントは太い電線がいいってどっかで聞いた」と発言。
謎です。どなたか分かる方がいたら、教えてください。
[PR]

by q-factory | 2007-07-11 23:10 | セルフビルド | Comments(4)  

Commented by pin at 2007-07-13 23:18 x
こんばんは。blogへのコメントありがとうございました。

このご縁に、差し支えなかったらこちらのblogをリンクさせていただけたら嬉しいです。よろしいでしょうか?

コンセントの電線が2.0mmな件、mosも最初疑問に思っていたそうです。
本やWEBいろいろ見ても結局『コレ!』という答えは書いていなかったようです。

その後、いろいろ考えたmosなりの結論は“コンセントは1口1回路ではないから。”
コンセントって1ヶ所に2口以上あることがほとんどですよね。
最近のたくさん電力を使う家電などをその両方で使用した場合は15Aだとちょっと不安。なので余裕を持たせた方がよいという事ではないかなーと。
しかも、コンセント1ヶ所1回路でなく、数珠繋ぎにして数カ所1回路なんて事もよくありますしね。

なので、1回路にコンセントを1口しかつけないのであれば、1.6mmでも問題ないのかもしれません。あくまでも予想ですが…

Commented by さえ at 2007-07-13 23:43 x
pinさん、ありがとうございます!リンクの件、もちろんOKです。
よろしければこちらからもリンクさせて下さい。
セルフビルドのブログ、本当に参考になります。
ブログのコメントを拝見したら、以前よりくうちん工房を見て頂いていたとのこと。なんだかびっくりです。ネットってすごいですね~。

「1口1回路ではないから」。おお、なるほど。
(・・・ペーパー電気工事士なので分かったフリですが。。)


こういうのって何かあいまいですよね。きっと現場の方もなんとなくで工事しているような気がします。
でも、2.0mmの方が余裕を持っていていいのは確かですよね。
逆よりはいいかなと自分を納得させつつ、次の工事に進んでいこうと思います。

これからもよろしくお願い致します。
Commented by pin at 2007-07-14 23:33 x
こんばんは。
先程、こちらのblogをリンクさせて頂きました。
OKしていただきありがとうございました。
ウチのblogもリンクしていただけるのですか~。嬉しいです。よろしくおねがいします。

まうちんさんも電気工事士受けられるのですね~。すごいなぁ。
頑張ってください!!
Commented by さえ at 2007-07-15 14:22 x
pinさん、リンクして頂いてありがとうございました!
こちらもリンク完了です。紹介文など、何か不備がありましたらお知らせ下さい。
今日は台風のため、家で明日の作業の仕込みをしてます。まうちんは試験勉強中。だいぶ早く作業できるようになってきましたよ!

<< 分電盤 大工さんから電話 >>