カテゴリ:家具づくり( 120 )

 

保育園の棚を納品しました

1月が風のように過ぎ、2月ももう残りわずか。
ずっとかかりきりだった保育園の棚たちが、無事に仕上がりました。

d0075863_12111797.jpg

d0075863_12104528.jpg


週末にお邪魔した内覧会は、自由に園内を見られるスタイル。
どの保育室にもうちが作った棚が置かれてて、おもちゃたちが並べられてる様子にちょっと感動。

締め切りまではかなりせっぱ詰まってたので、娘と夫にオイル塗りなどを手伝ってもらいながらの製作。
工房始まって以来のボリュームあるお仕事でした。

ご依頼いただいたEさん、園長先生でもある奥さま、ありがとうございます。

*

さて。
無事に終わったので、やっと他の仕事にかかれます。
お待たせしている案件もあるのですが、順次お返事いたします。すみません!

d0075863_12123869.jpg

3月は月型テーブル&あぐり椅子を製作予定です。
こちらは大学時代の友人からの注文。
もし、「近いうち買おうと思ってたんだよね」という方がおられたら、一緒に製作できますので早めにお届けが可能です。
良かったらご検討ください(^^)

お待たせしていた生徒さんとのマンツーマン木工教室も再開。
その次を待っている方もおられるので、がんばらなくては。。

そして春には、今年も『小野路やまいち』に参加予定です。
そのための新作ワークショップも、娘と一緒に考案中。

d0075863_1213643.jpg

d0075863_12202953.jpg


今年もどうぞよろしくお願いいたします(←小さな声で)。


*
[PR]

by q-factory | 2017-02-22 12:20 | 家具づくり | Comments(0)  

家族のダイニングテーブル

d0075863_10501511.jpg



こちらでご紹介するダイニングセットは昨年の夏にお納めし、今年春にお引っ越し先に同行したものです。

岐阜県産のオニグルミの木を丸太で購入し、3本の木からダイニングテーブル・椅子・ベンチのすべての部材を作りました。

d0075863_10482463.jpg

d0075863_10485094.jpg

d0075863_1049826.jpg


完成間近になった頃、奥様から「自分たちで仕上げをやってみたい」とご相談をいただきました。

仕上げの塗装を素人の人にやってもらう・・・?
いやそれは無理だ、と断る作り手は多いと思います。

でも、「子どもたちが絶対に大事に使うと思う」という言葉にぐらっと来て、しばし考えて。
仕上げの完成度は落ちるかもしれない。
でもこの先、自分たちのテーブルとして大事に使って、子ども達も一緒にメンテナンスしてくれる方が、長く使える良い家具になるに違いない。
そう思ったのです。

自宅の壁を左官屋さんと塗った時の事を、思い出しました。
プロの左官屋さんは我々の塗った素人くさい壁が不本意だったようだけど(笑)、「ここはAくんと塗ったねえ、なかなかうまく塗れなかったんだよね!」と何年たっても思い出深い部屋になりました。


d0075863_1050244.jpg

そして、ご夫婦と小さな姉弟で工房にご来訪。
気持ち良く晴れた日。オイル塗り日和です。

まずはテーブルの土台になる棚から。
子ども達もお手伝い。
d0075863_10504093.jpg


お昼は持ち寄りランチ。
d0075863_10505147.jpg


午後はテーブルの天板も塗りました。
(天板は事前にウレタンオイルを塗っておいて、最後のオイル&ワックス仕上げをお客さまにお願いしました。)
d0075863_1051493.jpg


「天板は一番良い板を使ってるんだね!裏の部分と木目や色が違う。」とご主人。
そうなんです。
良く見える部分には綺麗な木目の板を、少し欠点のある板は見えにくい部分に。
作り手にとっては当たり前のことだけど、こうして作業するとすぐに分かってもらえるのですね。


d0075863_10513881.jpg

みんなで仕上げたダイニングセット。

d0075863_10515654.jpg

一番上の引き出しは、上から見えるようになっています。
子ども達の描いた絵や、作った小物が入れられるように。

新居で撮った写真は、今年のショップカードになりました。
本当に楽しくて、『物語のある家具』を作っていくことのきっかけとなるお仕事でした。

Mさま、本当にありがとうございました!


*
[PR]

by q-factory | 2016-08-31 10:54 | 家具づくり | Comments(0)  

棚つきの学習机

ちょうど一年前。
暑い夏のさなかに、埼玉県の最高気温で有名な都市にお伺いしました。

特に打ち合わせの予定もなく、お仕事場を見学させてください〜と伺ったのに、帰りには息子さんの机をご注文いただいてしまいました。
ご用聞きのようになってしまってすみません(笑)

d0075863_12175229.jpg

しばし待っていただき、今年春に無事お納めしました。

d0075863_12181245.jpg

d0075863_12182461.jpg

絵の大好きな息子さん。
「机の下に描きかけの絵を置く棚が欲しい」とご要望で、広めのパイプ棚をつけることにしました。

大人になってからも使えるシンプルな机。
d0075863_12184866.jpg


納品した後の数日、嬉しくて机の下で寝ていたという息子さん。
ほんとにありがとう!
d0075863_12191692.jpg


どんどん大きくなって、この上でどんな絵が描かれるのか楽しみです。

帰りにはおいしいお蕎麦もご馳走になりました。
Mさま、ありがとうございました。


*
[PR]

by q-factory | 2016-08-17 12:19 | 家具づくり | Comments(0)  

月型テーブルとあぐり椅子

d0075863_13243576.jpg


今年の春から展示している、こちらのテーブル&椅子のセット。
実は長らくバラ売りの商品でした。

もともと月型テーブルは赤ちゃん用のバンボチェアに合わせて開発したもので、天板の高さはちょっと低め。
あぐり椅子は大人用のカフェテーブルや座卓に合わせた高さで作ったので、別々に展示していました。
d0075863_1324588.jpg


ところが見た目が似ているので、お子さんたちは合わせて使いたがるのですね(笑)
使い終わって、大人たちもテーブルと椅子をセットにして戻す。

という数年を経て、遅ればせながらちゃんとセットになるオニグルミのハイテーブルを作りました。
春のイベントでも展示をして、結構良い手応えをいただいています。
7月はオニグルミ材のとウォールナット材が1セットずつ、ちびちゃんたちのもとに旅立って行きました。

ウォールナット材のセットは、おばあちゃんからお孫さんへのプレゼント。
d0075863_13253520.jpg


オニグルミ材のセットは、小野路やまいちでずっとこの椅子から離れなかった娘さんへのお誕生日プレゼント。
d0075863_13261875.jpg


どちらも喜んでいただけたようで、良かったです。
ごはんを食べたり、塗り絵や折り紙をしたり、たくさん使ってね!

d0075863_13322636.jpg

《左:ウォールナット材・・・
 月形テーブル(ハイタイプ):43,000円 あぐり椅子:31,000円》
《右:オニグルミ材・・・
 月型テーブル(ハイタイプ):38,000円 あぐり椅子:28,000円》
(表示価格はすべて税込です)
[PR]

by q-factory | 2016-08-09 13:36 | 家具づくり | Comments(0)  

新居のダイニングセット

d0075863_11231117.jpg


昨年冬の大きな納品。
お客さまは稲城の「いな暮らし」さんのイベントでうちを知って、工房まで来てくれました。

d0075863_11234415.jpg

娘ちゃんはチョロチョロしざかり!
ウッドデッキを走り回って、お父さんとお母さんはそれを追いかけて、合間にひとりずつと打ち合わせ(笑)
展示していた月型テーブルも気に入ってくれて、そちらを先に娘ちゃん用にお納め。

d0075863_1124112.jpg

この月型の天板は、ダイニングテーブルの天板の共木から作りました。
将来もし一人暮らしに持って行くことがあったら、実家のテーブルといつでも繋がっているんだよ!と教えてあげてほしい。

d0075863_11241632.jpg

d0075863_11242731.jpg

d0075863_11243768.jpg


ご主人と奥様は梨農家さん。
夏はかなり忙しく、合間を縫って椅子の生地を選んでもらったり。
完成したダイニングセットは、梨のお仕事が落ち着いた頃にお納めしました。

お土産にいただいた洋梨は、教えてもらった時期(熟し時期がすごく難しい)に食べたら、甘いバナナの香りで今まで食べたことのない美味しさでした。

d0075863_11251027.jpg

毎回納品を終えると、テーブルの最初のお客さんにしてもらって恐縮です。
娘づれでの納品にお付き合いくださり、ありがとうございました。

このテーブルで、家族でたくさんの美味しい時間が過ごせますように(^^)
[PR]

by q-factory | 2016-02-25 11:25 | 家具づくり | Comments(0)  

ロフト本棚(完)

1年前に、ロフトの本棚を4台ご注文いただいたお客さま。
最終的には壁一面を本棚で埋めたいというご希望で、残り2台を1月に納品しました。

d0075863_1147452.jpg

d0075863_11481441.jpg


入れたいものはCD。なるべくたくさん入るように、棚板を一枚増やしました。
d0075863_11483758.jpg


早速、せっせと棚にしまっていくご主人。
以前段ボールに入っていた漫画本や文庫本は、前回置いた本棚にすっきりと入っていました。

こちらには昨年、階段下のオープン棚もお納めしています。

間を置いて少しずつうちの家具を増やしていただいて、こんなお客さまが増えたら嬉しいなあ、といつも思うご家庭。
毎回娘連れでの納品を許してくださり、お姉ちゃんたちに遊んでもらってるのもありがたく(^^)

d0075863_11492327.jpg


これから子ども達が大人になっても、あの屋根裏の本棚が思い出に残ってくれたら嬉しいな。
Uさま、いつもありがとうございます。


 
[PR]

by q-factory | 2016-02-01 14:29 | 家具づくり | Comments(0)  

丸太を買いに。

先週末は岐阜に行ってきました。
行き先は、うちで使うオニグルミ材のほとんどを担っている材木屋さん。

前回の訪問は5年前。その時は家族で伺いました。
機嫌の悪い娘を抱っこして製材工場を見せてもらい、事務所で社長のお話を聞きながらも泣き続ける娘、チョコをもらっても全然泣き止まない・・・(涙)
もう、行ったのが良かったのか悪かったのか分からない、、とやさぐれたもんでした。

d0075863_1033364.jpg


今回はひとり旅。
おかげでゆっくりとお話することができました。
夫と娘よ、ありがとう!

d0075863_10331545.jpg

「ちょうど3日前に出た丸太があるよー」と材木屋さん。
写真の左側がオニグルミの丸太。
見づらいかい?とフォークで手前にごろんと出してくれる。

d0075863_10333512.jpg

丸太と製材・乾燥までの見積もりを出してもらって(その前からほぼ心は決まってたけど)、こちらの3本を購入。
その場で挽き方を相談して、うちでの使い方に合った厚みで挽いてもらうことにする。

スタンダードな方法だと芯を抜いた幅広の部分で厚板を取るようだけど、うちでは少し薄めの天板の方が良く出るので、そちらをメインに。
厚い板は椅子の脚に良く使う、と話したら「じゃあ欠点のありそうな部分を厚く挽くかな」と(木取りの時に避けられるからね)。

普段、メールや電話ではなかなか伝わらなかったことが、どんどん伝わる。
共木で買えることの大きな価値、私が大切にしている物語、お客さんとの共有。
お客様の了解を得て、丸太からダイニングテーブルになるまでのフォトブックもお渡ししました。

あのね、ほんとうに行って良かった!!

来年もこの時期にぜひ行きたい。
次の年の冬から使う材を仕入れに行って、それを使ってずっと家具を作りたい。

新たに心が決まった旅でした。

d0075863_10353435.jpg



*****(おまけ)*****

翌日は「水曜どうでしょう」と同じサイコロの旅をして、勝沼まで迎えに来てくれた夫と娘。
d0075863_1036312.jpg
d0075863_10362273.jpg


色んなおうちで干してる柿が見事で、百匁柿(渋柿)を買って帰ってきました。
おいしい干し柿も作らなくては(^^)

d0075863_10371923.jpg

[PR]

by q-factory | 2015-11-10 10:37 | 家具づくり | Comments(0)  

オニグルミの机たち

8月から9月にかけて、机をふたつ納品しました。

一つは70歳を越えた実父のための机。
父は横浜の関内で士業を営んでいます。
現役のうちに納品できて良かった(笑)。引退後は自宅で使うそうです。

d0075863_141650100.jpg

娘も連れていき、仕上げのワックス塗りを手伝ってもらいました。

d0075863_14163021.jpg

奥に見える本棚とテレビ台は以前納めたもの。
もう好きな仕事だけ引き受けて欲しいけど、この机で仕事が捗ってくれたら嬉しいな。

おとん、納品が遅くなってすみませんでした。
そしておいしいお寿司をごちそうさまでした!(娘がイクラや中トロをリピートして、母はドキドキしましたよ・・・)


d0075863_14171820.jpg

もう一つの机は、7歳の男の子のために製作。
ランドセルをかけるキリンのフックは、彼が自分で選びました。

d0075863_14173568.jpg

これから大きくなって、ランドセルを卒業して。
一人暮らしを始める時にも持って行ってくれたら良いな、と棚は上下で分割できるようになっています。

こちらは、数年前にダイニングセットをお納めしたおうち。
こうして何度もリピートいただけるのは、何より嬉しいことです。
Yさん、公私ともお世話になっていつもありがとうです!


さて、オニグルミ材の手持ちも少なくなり、そろそろ仕入れに行かなくてはなりません。
来年作るデスクやテーブルのためにも、良い材が入りますように。
[PR]

by q-factory | 2015-10-14 14:17 | 家具づくり | Comments(0)  

ステンドグラスの間仕切り戸

さて、今年の初納品はステンドグラスを使った引き戸でした。
d0075863_1441575.jpg


こちらはコンシェルジュワインショップ petit éclat* の、mikiさんご夫妻のご自宅。
以前、アメリカンチェリーのダイニングセットをお納めしたおうちです。

このお仕事もちょっとしたチャレンジで。
工房の室内ドアはすべて自分で作りましたが、お客様のドアを作るのは独立してから初めて。
それでもmikiさんの「ぜひ作って!」との言葉に後押しされ、アンティークフェアで一緒に購入した古い窓のステンドグラスをはめ込んで、作らせていただくことになりました。
d0075863_14413115.jpg


まずは、引き戸を入れる枠の部分を先に取り付け。
上の部分にはアンティーク風の波模様のガラスが入っています。
d0075863_1442193.jpg

この状態で念入りに採寸し、今度は引き戸の製作。

愛猫のマルちゃんが通る入り口もつけました。
d0075863_14443293.jpg

d0075863_14561769.jpg


作業に伺うといつも、美味しいごはんを出してくださるmikiさん。

d0075863_1448557.jpg

d0075863_14491474.jpg

テーブルや椅子はもちろん、前菜の乗っている木のお皿も箸置きも、くうちん工房製であることの嬉しさよ!

mikiさんはこちらのスペースで、「きせつの手しごと」という教室も開催しています。

おうちに少しずつ、家具を揃えて整えていくことの楽しさ。
そのお手伝いをさせていただくのは、何よりもありがたいことです。

mikiさん、Nさま、この度もありがとうございました!
d0075863_14563678.jpg

[PR]

by q-factory | 2015-06-11 14:52 | 家具づくり | Comments(0)  

キッチンのオープン棚

昨年冬のお仕事、キッチンのオープン棚。
吊り棚で左右の壁の間にきっちり納めなくてはならないので、作っている間も結構なプレッシャーでした。
無事に取り付けが終わってからも緊張感が抜けず、先日楽しんでお使いの様子を写真で頂いて、やっと記事にする気持ちになりました。

Before.
d0075863_10425932.jpg


奥様と、インテリアコーディネータの北爪美絵さんと3人で打ち合わせ。
d0075863_10434522.jpg


製作中は強度と重さとの兼ね合いに悩み。
突き板の合板で作った方が良かったんじゃ?と思い始めて、しばし考え込んでしまった日も。
d0075863_10451117.jpg

何度も相談に乗ってくれて、スケッチも送って下さった北爪さんに感謝!

d0075863_10474520.jpg

d0075863_10489100.jpg

無事に取り付け完了。
手伝ってくれた夫と二人、帰り道のコンビニで板チョコとコーヒーで一息ついたのを覚えています(笑)


d0075863_10482529.jpg
(オープン棚以外は他社製品です)

「あの家具のおかげで、家には凛とした生命が宿っているように感じています。」
先日頂いたお写真と嬉しい言葉。

いろいろなご縁がつながって出来上がった棚でした。
皆さま、ありがとうございました。

[PR]

by q-factory | 2015-06-07 10:59 | 家具づくり | Comments(0)