カテゴリ:家具づくり( 126 )

 

ダイニングテーブル&ベンチ納品

3月初旬、タモのダイニングテーブルとベンチのセットを納品して来ました。
d0075863_1092297.jpg

何度かおうちに伺って、テーブルの大きさやどの樹種で作るかを相談して。
以前うちで作ったM様のダイニングテーブルの感じがやっぱり好き!・・・というわけで、タモ材で作ることにしました。

シンプルな四本脚のテーブル。今回は天板の高さが低目なので、少しでも幕板が邪魔にならないように円弧型にしてあります。
d0075863_109421.jpg

角はまあるくして欲しい、という奥様のご要望に沿って、すべての角は6Rの面取り。
テーブルの角もベンチの角もまあるく。
d0075863_10101836.jpg

ベンチの高さはテーブルの高さに比べると、少しだけ高めになってます。
お子さんがまだ小さいので、このベンチの上に厚めのクッションをのせてご飯を食べるには高めの方が良いかな?と相談して決めました。
この先お子さんが大きくなったら、ベンチの脚を少しだけ切りに伺うことになるかも。

小雨の中、納品中や帰り際の私たちに傘をさしかけて下さった奥様。
娘ちゃんほんとに大きくなったなあ・・・もう幼稚園だものなあ・・・と、月型テーブルを納品した頃を思い出して、感慨深い納品の日でした。

***

納品の数日後、奥様から「やっぱりダイニングチェアもお願いしたい」とメールを頂きました!
大人用の椅子はまだ試作段階から進んでいなかったので、お客様の意見を聞きながら製作を進める予定です。

S様、モノ・コト市にも来て下さってありがとうございました。
座り心地の良い椅子に仕上がるよう頑張りますので、しばしお待ち下さいね☆
[PR]

by q-factory | 2012-04-02 10:13 | 家具づくり | Comments(2)  

ワードローブ納品

2月の週末、オニグルミのワードローブを納品してきました。
d0075863_9274289.jpg

d0075863_9334820.jpg


長い時間をかけて作ったこのワードローブ、実は最初にお話を頂いたのは2年前の春です。
「イメージ通りのものを既製品の中から見つけることができない」とのことで、ご相談に乗ることになりました。

その後、どんな機能があると便利か2人で某輸入量販店まで見に行ったり。
せっかくだから1本の木から作りましょう!とオニグルミの丸太を購入したり。
丸太を製材して乾燥を待って頂く間に、キッチンラックをご注文頂いたり。

この仕事を通して、私もたくさん勉強させてもらいました。

仕上げは最初は色を塗る予定でしたが、工房に届いた板や製作中の写真をお見せしたら「やっぱり木目の見える仕上げにして下さい」とのご希望で、木地色仕上げとなりました。

既製品にはなかったルーバー扉。
d0075863_928535.jpg


中仕切りの壁は圧迫感が無いように、そしてストールやマフラーなどがかけられるようにステンレスのパイプを何本か通す形になっています。
その下のハンガー掛け用のパイプは、邪魔な時には後ろに下げて収納できます。ワードローブの下半分を丈の短いスカートなど用に活用しても良いですし、外せば上のパイプからワンピースや丈長のコートなどをかけることができます。

これもお客様との話し合いの中で生まれたもの。
d0075863_9302257.jpg


「毎朝、起きてワードローブ見るのが楽しいです!」とI様。
d0075863_9364291.jpg


d0075863_9363033.jpg

(I様撮影:ありがとうございます!)

長い間お待ち頂いて、ありがとうございました。
I様と、幸せな日々を長く過ごせますように。
[PR]

by q-factory | 2012-03-12 09:45 | 家具づくり | Comments(0)  

タモのダイニングテーブル 木取り

年明けからは、タモのダイニングテーブルを作っています。
長~い材料が届いたので、半分に切って。
板を並べ替えて高い所からのぞきこみながら、あーでもないこーでもないと木取りを悩んで。

d0075863_1574639.jpg

なんだか見たことある、と思ったら去年1月のブログにも同じような写真が。
デジャヴではありません(笑)。

今回のテーブルは850mm×1500mmと少し小さめ。
お客様のご希望で、天板の高さは少し低めになる予定です。

d0075863_1581321.jpg

そんな木取り作業の最中に、こちらのお客様からお電話が!
す、寸法長くしたいとか? もっと早く納品して欲しい? えっと、えっと・・・
とドキドキして出たら、
「迷ってたけどベンチもお願いしたいの~」
と聞こえてほっとしました(^^)

ベンチとのセット、「角はとがってなくて、全部まあるい感じにしてほしい」というご希望。
完成までしばらくお待ちくださいね!

d0075863_158386.jpg

[PR]

by q-factory | 2012-01-25 15:11 | 家具づくり | Comments(0)  

あぐり椅子の高さ直し

だいぶ秋も深まって、工房での作業が寒く感じる季節になってきました。
大物の作業を進めつつ、お直しや小物の製作もしています。

1年半ほど前にあぐり椅子をお納めしたM様より、椅子の高さを低くして欲しいというご依頼。
娘さんの成長に従って、椅子の座を高く感じるようになってきたとのこと。
少し高めのカフェテーブルに合わせて、定番より少し長めにしていた椅子の脚をカットしました。

Before。ちょっと脚長さんです。
d0075863_17255322.jpg

脚を切って...
d0075863_17264436.jpg


After☆
d0075863_17271157.jpg

定番のあぐり椅子と同じ高さになりました(^^)

市販の椅子は高さ調節できるようになっていたりしますが、そのように作ろうとすると、どうしても余計なパーツが増えたり強度が落ちるのが気になります。
可能であればこうやって、お子様の成長に合わせて脚をカットしたり大きさを変えたり・・・という方が、その時の使い方にぴったりの椅子でいられる気がして、私は好きです。

拭いただけでは落ちない汚れも細かいヤスリで落として、仕上げのオイルとワックスを塗り直して。

またたくさんの時間を、一緒に過ごせますように。
[PR]

by q-factory | 2011-11-29 17:32 | 家具づくり | Comments(0)  

秋の日

単発のものをいくつか作り終え、オーダー品の製作に戻っています。
ワードローブの本体が組みあがったところ。今は扉を製作中です。
d0075863_15173758.jpg


で、穴あけしようと思ったら・・・ビットの数が多すぎてごちゃごちゃ。
全部並べてみたらこんなにいっぱいありましたよ、、いつの間に増殖したんだか。
d0075863_1518553.jpg


いつも4mm? 4.5mm? とか分からなくなるので、ビットの整理箱を思い立って作っちゃいました。
下は引き出しで、たまに使う大きな径のビットやインパクト用のが入ってます。
ボール盤のチャックもよく行方不明になるので、定位置確保。
でもきっと、また増えちゃうんだよねえ。。
d0075863_151840100.jpg


こちらは先週、光が丘のロハスフェスタで買ったカップ。
ちょっとレトロで可愛らしい。
d0075863_15254554.jpg

秋の日は短いけど、工房に入る光がとても綺麗で好きな季節です。
[PR]

by q-factory | 2011-11-02 15:26 | 家具づくり | Comments(0)  

子供用の椅子とおままごとキッチン

ホームページからご注文頂き、あぐり椅子の高さ+1cmのものを製作。
先日練馬のお客様にお届けしてきました。

d0075863_15323624.jpg

右が定番のもの。座面の高さは18.5cmです。
今回作った左側の椅子は座面が1cm高く、19.5cmとなっています。
d0075863_1541135.jpg

座面は1cm単位でご希望の高さをご指定頂けます(2,000円増しとなります)。


こちらは自宅用のおままごとキッチン。
d0075863_15351169.jpg

お鍋やカラフルなカップ、キッチンツールはIKEAのもの。
小さいのに本物そっくりの形に出来ていて、びっくりします。

娘に喜んでもらえるかな?と写真を見せたら、
「かあしゃん、ピッてやるのはどこなの??」と言われ。
・・・電子レンジはついてないのだよ、娘よ・・・。
この現代っ子め!!(涙)

d0075863_15343899.jpg

今回、水栓と取っ手はこちらから購入しました。
これから使い勝手を見て、ママさんたち向けの講習会などができたらいいなあ。。
[PR]

by q-factory | 2011-10-18 15:48 | 家具づくり | Comments(0)  

作りつけ棚の扉

9月はめずらしく、合板のお仕事をしていました。
以前ダイニングテーブルを納品したH様のお宅、キッチン周りの収納の扉を作りました。
d0075863_122915100.jpg

新築のおうちで、棚の本体部分と棚受けの設置までは大工さん、扉の製作と棚ガラスの発注は私、という分業。
扉などの細かい仕事はできない大工さんも多く、工務店経由で建具屋さんを頼むよりはくうちん工房で、とご依頼いただきました。

作りつけのお仕事は独立した家具に比べて難しい部分もあるので、ちょっと緊張しましたがうまくいきました。
「わあすごい、ぴったり!」と奥様が言ってくれたので、かなりうれしく。

d0075863_12294585.jpg

ガラス棚の下はファックス台となっていて、前にスライドして出てくるようになっています。

d0075863_12303765.jpg

扉の取っ手は奥様支給でIKEAのもの。
システムキッチンの取っ手ともよく合ってます。

今回も色々と勉強になりました。
H様、ありがとうございました!
[PR]

by q-factory | 2011-10-13 12:32 | 家具づくり | Comments(2)  

ワードローブ製作中

9月に入って少しずつ涼しくなって来ましたね。
工房では今、ワードローブを作っています。

d0075863_10582615.jpg

材料は去年、岐阜の材木屋さんで丸太から製材してもらったオニグルミ。

d0075863_10571878.jpg

木目のまっすぐな部分を選んで、枠づくり。
こちらはワードローブ内部の壁で、細いパイプは依頼主さんと相談してつけたもの。
d0075863_10562793.jpg


便利に使って頂けるよう、ちょっと部材の幅を増やしたりマイナーチェンジを加えながら製作中です。

I様、完成までもうしばらくお待ち下さいね!
[PR]

by q-factory | 2011-09-15 10:59 | 家具づくり | Comments(0)  

ルーバー扉

これから製作予定のワードローブ、お客様から扉をルーバーにして欲しいとご要望を頂いています。
というか、市販のワードローブでルーバー扉のものがなかったので、くうちん工房にいらしたと言っても過言ではありません。

私も初めての加工なので、まずは試作。
d0075863_13575115.jpg

自宅の物入れの扉が壊れたので、ちょうどいいやーとルーバーにしてみることに。
そしてめずらしく、白塗りにしてみました。

というのも、最近「家具にペンキを塗りたいんだけど、どれを選んだら良いの?」という質問を相次いで頂いて。
私としては、市販のペンキを室内のものに塗るのはあんまりお勧めできないなあ・・・と迷っていたんですが、自分で使ってみないことにはおすすめもできません。

で、色々調べて買ってみたのがこちら『バターミルクペイント』。
主成分はミルクカゼインだそうです。

d0075863_13582144.jpg

塗装中は若干匂いはしますが、普通のペンキに比べると格段に楽。
固くて塗りにくい場合は水で薄めたり、使用後のハケを水で洗えるのも、とっても楽です。
2度塗りしたら、下地の木目はほとんど見えなくなりました。

最後に細かい目のヤスリを軽くかけて完成!
d0075863_13583990.jpg


あ、扉の下の方が開いているのは猫くうちんさんの通りみち用です。
この部分だけは布でカーテンぽくするので、注文した布が届くのを待ってます。
[PR]

by q-factory | 2011-08-05 14:02 | 家具づくり | Comments(8)  

ダイニングテーブル納品

先週末、オニグルミのダイニングテーブルを納品に行ってきました。

うちの愛車ホンダフィット、テーブルはなんとか車内には納まるものの、天板と脚をばらさないと後ろのハッチを通らないので分割して運ぶことにしました。

d0075863_841126.jpg

でも結果的にはこれが良かったみたいです。
H様のお宅でも、玄関からリビングへの廊下に一ヶ所だけ狭いところがあって、天板つきでは搬入できなかったと思われるので。

テーブルの場合は、これからも天板は別に運んだ方が良いかな・・・と思いました。
重さも分割されて、運びやすいですしね。

d0075863_8421266.jpg

さて、こちらのテーブルは900mm幅×1500mm長のダイニングテーブルと、400mm幅×900mm長のデスクに分かれています。
デスクの方は、更に天板が折りたためるようになっています。

普段は小さいデスクにノートパソコンを置いておき、必要な時に天板を広くして使いたい。
お客様をおもてなしする時には、テーブルとデスクをくっつけて広い天板でゆったり食事を・・・という奥様の要望で、こんな形になりました。

ちなみに天板の下に棚板をつけたのも、奥様の発案です。
椅子に座った時に膝が当たらないよう、高さはなるべく抑えました。
読みかけの雑誌や新聞、箱ティッシュなどこまごましたものが収納できます。
小さなカゴにお箸を入れておけば、配膳が楽になるでしょ!と聞いて納得。
うちでも真似しようかなあ。

d0075863_8423550.jpg

さらに天板には2つ穴が空いていて、普段はウォールナットのふたで閉じられています。
こちらは、食卓でお鍋や鉄板焼きをする時やミシン作業の時、コンセントのコードが通せるようになっています。
コードがテーブルの上を這ってると、確かに邪魔ですもんね。
これも真似したい(笑)。

d0075863_8443251.jpg

メンテナンスのワックス、塗り方が簡単なので小学生のお姉ちゃんにやってみて~とお願い。
Sちゃん、どうもありがとう!

緑の多い街並みに、レンガの外観が映える素敵なおうちです。
くうちん工房のテーブルを仲間入りさせて下さって、ありがとうございました。
[PR]

by q-factory | 2011-07-14 08:48 | 家具づくり | Comments(4)