<   2007年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

ホンダフィットはえらい。

d0075863_1751478.jpg

今日は自分たちで張るフローリングの搬入。
無垢のナラ材、ただし幅の狭いのになりました。
しかし、うちの愛車フィット君はえらい!2m近いフローリング材11束をちゃんと積んでくれましたよ。

明日はやっと外壁工事になりそうです。夕方見に行こっと。
[PR]

by q-factory | 2007-06-30 17:51 | セルフビルド | Comments(2)  

何を隠そう・・・

ノミを研ぐのが苦手です。(←太字で)

手加工1級の試験を約1ヶ月後に控え、明後日は家具組合の講習会。
心の声)・・・ノミ・・・やばいっすよ。。

ぶっちゃけ、会社では手加工ってあんまりやりません。
あ、まあやることはやるんですけどね、ノミと玄能でホゾ穴を開けたりっていうことはしない。
主に無垢材を使って家具を作るうちの会社でも、機械加工を正確に行って、手間のかかる手加工はなるべく少なくする・・・というのが基本方針のように感じます。

鉋はけっこう色んな場面で使うので真面目に研がないといけないんだけど、ノミはなりゆきで固まったボンドを剥がすのに使っちゃったり、研がないまま何ヶ月も過ぎたり。
もともと訓練校の時も苦手だったのに、「仕事始めたら何とかなるだろう!」とたかをくくっていたら仕事中は研ぐヒマがなくなってしまったという。

***

えっと。
木工業界の方に後ろ指さされるのは覚悟の上ですが、ノミ研ぎ用の治具を買ってしまいまった・・・。
その名も「シャープニングガイド」。今日はまうちんが飲み会でいないので、風呂場で試してみます!(鼻息荒)

***

・・・結論から言います。
使えないわけではないですが、非常に使いづらいです。

最初の角度を決めるのが、まず大変。今までの角度とちょっとでもずれると、二段研ぎになってしまってカッコ悪い。
大体、説明書に「穂先の長さ60ミリ以上に有効」ってどうなのよ。買ってからそんなに経ってない私のノミでさえ、穂先は50ミリなのに。まあ、十分くわえられましたけどね。

さてそうしてうまくくわえてしまえば、さすがにぴっちりまっすぐ研げます。
汗だくになりながら、夜の風呂場で研ぎもの。
向かいの家から夫婦喧嘩の声(結構激しくてドキドキする)。

明日は試験の練習をしたかったのですが、電気屋さんから電話が入って現場で会うことになりました。
アースのやり方を聞いてこようと思います。
[PR]

by q-factory | 2007-06-30 00:18 | 家具づくり | Comments(2)  

そろそろ

外壁がついてるかなあと思って、夕方から現場へ。

・・・まだついてませんでした。
天気が微妙に雨っぽかったしね。まあいいや。

まだ薄明るかったので、買い込んだコーヒーを飲みながら懸案のキッチンについてぼんやり考える。

そう、キッチンの奥行きが狭いんですよ!
柱の内側から勝手口ドアまで、測ってみたらギリギリ545mmしか取れないのです。設計図で見た限りはそんなに狭いとは思わなかったので、特に気にしてなかったのですが・・・。

ビルトインコンロは2口でも520mm以上、キッチンシンクも500mm近いものが多いので、普通のキッチンは600mmを超えることが多いみたいです。
勝手口ドアを今から移動できないか?と一瞬思ったものの、ドア上の屋根と下の階段は移動できないので、外から見た目が変になるなあ、と断念。

さて、どうするか。。

案1.リビングとの間に壁を作らないオープンキッチンにする予定なので、柱部90mm分奥行きをのばす。ただし、土台の真上に水栓が来ることになるので付け場所を考えなければならない。

案2.奥行きはこのままでコンロは1口サイズに変更、シンクは奥行きのないものにする。

案3.勝手口ドア横に冷蔵庫を置き、室内に入ったところにコンロとシンクを置く(奥行きは手前にのばす)。換気扇は上部からダクトにする。

***

いろいろと悩みどころですが、正直言って自分のフィールドに入ってきたのでうれしいです。
最終的にはなんとかできるだろう!という自信も、ちょっとはあるので。

さあて、明日は外壁つくかな?
[PR]

by q-factory | 2007-06-26 21:34 | 建ててもらう | Comments(0)  

のんびり

d0075863_1140666.jpg

今日は雨だけど、2人で工房に来てのんびりしてます。

ポテチ・トッポ・ジンジャーティでほっこり。
[PR]

by q-factory | 2007-06-24 11:40 | セルフビルド | Comments(2)  

いつの間にか

周りの人をかなり巻き込んでいることに、びっくりする。

「賃貸でもいいんじゃない?なんでお金かけて土地まで買うの?」って言ってた友人が。
わがままな嫁だ、と言われても仕方ないと勝手にあきらめていた身内が。
「楽しそうだね!なんか手伝うよ~」と言ってくれる。

そうだね、楽しいのが一番だよね。

土地を買うときに思わぬアクシデントがあって不動産屋さんにいっぱい迷惑を掛けてしまって、契約終了の時「本当にありがとうございました」と言った時に、「でもね、あの土地を本当に欲しいと思ってるのが分かったから頑張れたんですよ」と言われたことを思い出す。

なぜ建てたいのか、言葉ではうまく説明できない。
でも、たくさんの人が加わって楽しいことを共有できる、くうちん工房をどうしても建てたいと思う。よく分からないけど、この気持ちが皆の気持ちも動かしているのかな。

楽しいと思うだけ作業して、一日の終わりには薪ストーブを囲んでゆっくり皆でコーヒーを飲む。
あともうちょっとで、そんな夢の場所にたどりつけそうです。

ほんとに夢みたいだね。
[PR]

by q-factory | 2007-06-19 23:38 | その他 | Comments(2)  

勇姿

お陰様で2度塗り完了!
デート中なのに来てくださって、本当にありがとうございました。
d0075863_1655595.jpg

[PR]

by q-factory | 2007-06-17 16:56 | セルフビルド | Comments(2)  

助っ人

d0075863_12334913.jpg

ひとりで塗ってたら、会社のKさんが来てくれました~!
彼女さん連れて!お菓子たくさん持って!
[PR]

by q-factory | 2007-06-17 12:33 | セルフビルド | Comments(0)  

いよいよ

d0075863_10241193.jpg

今日は初めてのセルフ作業。屋根の下の破風板に塗料を塗ります。
ちょろいちょろい、と思ったけど、足場に乗るとちょっと怖いかも…。
今日のために地下足袋を購入しました!
[PR]

by q-factory | 2007-06-17 10:24 | セルフビルド | Comments(0)  

窓の高さ

窓とシャッターがつきました!
d0075863_2259314.jpg

写真は作業場の横の、リビング吹き抜けの部分になります。
シャッター上のはめころしの窓、なかなか良いですな~。
この大きなシャッターの内側の扉は、自分達で作成予定。外には内部床と同じ高さにウッドデッキを作る予定です。

***

しかーし!
このシャッターの奥に見える格子付き窓。
皆さん、位置が高いと思いませんか?

実は作業場の窓の高さについても、大工さんから作業当日に電話があって。
普通の家のように床を貼らない分、窓の位置が高くなりすぎてしまうとのことで、急遽20センチほど下げてもらったのでした。(そのままの高さだと、鍵に手が届かないくらいに高かったのですね。)

そんなん大工さんが考えれば分かるじゃん!なんでもっと事前に確認を取ってくれないのかと不満でしたが、我々も家具を作る時に作り始めてから不明点が分かるのは、よくあることなので。

しょうがないので、今日も「リビングの窓20センチ下げてください・・・できればトイレと脱衣所も」とFAXを送る。
でももうサッシついちゃってるからなあ。。
大丈夫かなあ。。
[PR]

by q-factory | 2007-06-15 23:08 | 建ててもらう | Comments(0)  

木工機械 その3

今日は日曜日。朝イチで木工機械屋さんに行く。
朝8時から営業してるのですな。

お願いしてあった角ノミが見つかりました!
d0075863_1039228.jpg

前に使ってたのは建具屋さん?定規には手製の当て木、材料の下にも薄い当て木をしていたようで傷がほとんどありません。

「あと、自動送りも来たよ。400mmまで入れられるよ」
d0075863_1042856.jpg

あああ・・・そりゃ見ちゃったらこっちの方が良く見えますよ、もちろん。
でもお値段は25まんえん。。

ちなみに100Vの手押し・自動兼用機は9万円(前回の見積もりより安くなりました~)、昇降盤と角ノミがそれぞれ10万円台半ばなので、かなり高価に感じますね。手押しと両方200Vで揃えると、兼用機の4倍の値段になります。

それでもやはりパワーや耐久年数を考えると200Vがオススメだそうですが。
万能機のたぐいは余り良い評価を聞かないので、仕事で毎日使うことが決まっている方は多少高く感じても別々に買ったほうがいいと思います。

***

倉庫に向かう車の中で「どうして木工やりはじめたの?」と機械店の社長に聞かれる。
木工女子をしていると必ず皆さんに聞かれますね。

いつもうまく答えられないんだけど、やっぱり好きだからだと思います。単純だけど。
この仕事に向いてるのかどうかはよく分かりません。せっかちだし、面倒くさがりだし、力持ちではないし。
でも「好きだ」という気持ちは、割と誰にも負けない自信があります。

きっとその気持ちだけで、これからも続けていくのでしょう。
[PR]

by q-factory | 2007-06-10 10:56 | 木工機械 | Comments(0)