<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

機械を借りに

先日、隣県の某所に行って木工機械を借りて作業してきました。

うちの自動送り鉋(板の厚みを決める機械)、幅が300mmまでの板しか入らないのです。
テーブルの天板など300mm以上の板の場合は、接ぐ前にギリギリの厚みまで落としてなるべく平らに接ぎ、接着後に目違い払いを含めて鉋で仕上げています。
一枚板のテーブルトップなんかはどっちみち機械に入らない場合も多いので、これでもいいか・・・と妥協して購入した機械だったのですが。
う~ん、やっぱり300mmではつらい。
大型の自動送り鉋は値段が高かったので、今思ってもやっぱり買えないという結論にはなるんですけどね。

秋に作る予定のタモのテーブルは800mm幅のを2枚接ぎで作る予定なので、何か手を考えなければ・・・と考えていたところ。
近くで木工房を営むKさんに相談したら、「この間、600mmまで入る機械を借りに行って来ましたよ!」と快く教えて下さったのです。(Kさん、ありがとうございます!)

d0075863_12571713.jpg

で、下見を兼ねまして。
私のぎっくり腰の原因になった工房のカウンター厚板と、作成中のオープン棚の板を持って行ってきました。
また腰を悪くするといけないので、会社を休んでまうちんさんも同行。
あ、こっちが本来の誕生日プレゼントだったんです。
「何が欲しい?」と言われて、「一緒に板を加工しに行って欲しい」と答える妻。

さてさてこの場所、機械が揃ってていいなあ・・・。
まうちんさんは大型集塵機に感動したようです。うちにはないからねえ。
2人で機械を使わせてもらって、板の厚み決め。らくちん~~。
刃のメンテナンスとかも気にしなくていいし、時間貸しってとてもありがたいです。
超仕上げ鉋もあると聞いたので使わせてもらおうとしたら、「サンダーの方がいいんじゃない?」と係のおじさん。

逆目がおきやすい材料だったので、正解でした。
サンダー、残念ながら幅400mm以上の板や長さのあるカウンター材は無理だったのだけど、できるものはすべて仕上げて帰ってきました。

サンダーの隣には、NCで椅子の脚を作る方もいらして。
建物に入る前はあまり人気がないように思えたのですが、市内の方は結構来られるみたいで、私たちの他にも2組くらいの業者さんが来てました。

遠いので、ちょくちょく借りに来るわけには行かないけど。
秋の仕事の算段がついたので、ちょっとほっとしました。
[PR]

by q-factory | 2010-03-31 13:00 | 家具づくり | Comments(0)  

アイリッシュナイト

私の誕生日、まうちんさんからのプレゼントは「夜遊び」。
d0075863_21333960.jpg

ずっと行きたかった、keiさんの夜カフェに行くため阿佐ヶ谷MAD HOG KITCHEN へ。
旧友Aと一緒です。

この夜はアイリッシュナイト、アイルランド音楽の生演奏を特等席で聞いてきました。
演奏者さんまでの距離は50cm。keiさん、この席を勧めてくれてありがとう!

生の音楽を聴くのは本当に久しぶり。
楽しそうに演奏する皆さんを見て、Aと「この人たちはきっと、音楽が好きで好きで奏でずにはいられないんだよね」と。
きっと、昔々どこかの町で演奏された時もそうだったんだろうなあ。
酒を飲む人たちの中で、楽しそうに楽器を弾く人たち。

Aはちょっと前にずっと目指してた試験に受かって、無事に就職先も決まった。
私にとっての工房と同じように、その仕事をせずにはいられなかったのだろう。
「台所に棚が欲しい?だったらボブに頼んだらよかんべ。いいの作ってくれるさあ」とか
「もめ事だあ?だったらジェーンとこ言って仲裁してもらえー」とか(←イメージ)。

なんとなく、そんな風にありたいなと思ったり。

立ち見も出るほど混んできたので、河岸を替えてさらに飲む。
近いので何となく入った「和メリカン」というお店。
お店に入ったとたん、出迎えてくれたのはおじいちゃん。ふっとカウンターを見ると、中にいるのはおばあちゃん。。
メニューはメキシコ料理っぽく、タコスやらトルティーヤやら。
でも合間に「ねぎトロ丼」とか「村正」とか書いてある。この辺が「和」なのね。

そして極めつけ!
ふたりでホットワインを頼んだんだけど、一緒に出てきたのは筑前煮(笑)。

・・・素敵です。
帰りに気づいたんだけど、全然アメリカンじゃないよね。
メキシカンだから、むしろ「和キシカン」なんじゃない?

久しぶりに、夜を楽しみました。
まうちんさん、ありがとう。
本当に本当にありがとう。
[PR]

by q-factory | 2010-03-23 21:33 | 人と出会う | Comments(8)  

お茶会

火曜日、Mさん宅でのお茶会にちょっとだけ参加。
Mさんは工房のお客様でもあり、娘と同い歳のお子さんを持つママ友さんでもあります。

もひとりのMさんがケーキ作りを教えに来てくれるので・・・と誘ってくれて、ちょうどケーキが焼きあがる頃に、しかも子連れでなく単身で参加する私・・・(^^;
子育てカフェで知り合ったママさんたち、皆さん色んな特殊技能を持っていて。
d0075863_20523786.jpg

こんなケーキ、私どうがんばっても焼けませんよ・・・。

↑て言うと、「だってテーブル作れるじゃん!」とか言われるんですけどね。
子供の立場から言うと、テーブルを作る母よりも、おやつに手作りのケーキを作ってくれる母の方がうれしいんじゃないかと・・・思ったり・・・(ちょっとへこみぎみ)。

そして、保育園で入園時に作る手作りグッズの話になって。
娘が通ってる保育園ではほとんど手作りを要求されないのですが、園によってはかなりのグッズを手作りで用意しなければならないのだそう。
保育園に子供を通わせる親御さんは大抵仕事をしているので、家での時間はかなり限られてると思うのですがね。
その中で子供たちと接する時間を減らしてまで、園で使うものを手作りする意味があるのだろうか・・・と思ったり。

工房では基本ひとり作業なので、考え事を始めるとぐるぐるとループに入ってしまいます。
こうやって、スイーツを食べながら色々と話せる場所に誘ってもらえると、ちょっとほっとします。
d0075863_20533746.jpg


ふふふ。
また誘ってください~。
[PR]

by q-factory | 2010-03-20 20:54 | 人と出会う | Comments(2)  

京都&滋賀旅行

先週土日、京都に家族で行って来ました。

1日目は去年単身でお邪魔した、京都炭山朝倉木工さんへ。
会社員時代の後輩であるHさんと旦那さんの営む家具工房です。
自分達で施工されていた自宅兼工房の外装や内装もすっかり出来上がり、立派なおうちになっていました。
すごいなあ・・・ハーフセルフビルドなのにこのスピード、見習わなければ。

d0075863_741551.jpg

お茶を頂きながら、木工の話やら色々。
帰ってきてからもらった電話やメールでも、久しぶりに色んなことを考えました。
デザインのこと、こうしてネットで情報をオープンにすることの意味、そのメリットとデメリットについて。

リビングの柱は木の幹そのままの形、オープンな梁の上を自由に歩く2匹の猫さんたち。
猫にとっては、最高に楽しい空間だと思います。

こっちはチバッチ。
d0075863_7423545.jpg

こっちがクロッチ。
d0075863_743356.jpg

「ニャンニャン!ニャンニャン!!」と叫んで追いかけるうちの娘の攻撃に耐えて、よく相手をしてくれました。
チバッチ&クロッチ、ありがとう。
朝倉木工のお2人、お仕事忙しい中ありがとうございました。

   ***

土曜の晩は近くの宿に泊まってのんびり。
日曜日は、FC町田ゼルビアの開幕戦を見に行ってきました。
SAGAWA SHIGA FC との対戦、アウェーの試合を見に行くのは結構久しぶりです。

試合会場になってる陸上競技場、芝生が多くて明るくひらけていていい感じ。
選手たちのいるグラウンドもとても近くて、表情が良く見えます。
観戦に飽きた小学生たちが後ろの通路でかけっこしてたり、Jリーグの試合にはないのんびりした感じが好きです。

うちの娘が「ん!ん!(←階段歩きたい)」と手をひっぱるので、仕方なく客席のはずれの階段を往復しながら観戦。
見てないうちに点が入ったら・・・とドキドキしましたが、おおむねぐずらずに観戦できたことが(去年に比べると)画期的です。

結果は1-1の引き分け。
素人目ですが、去年の春よりも選手の動きが早くて、試合が面白いように感じました。
d0075863_7443232.jpg

次の日曜日は、ホーム開幕戦。
会場の野津田競技場では、試合の日に屋台村も出るんですよ~。
お花見にはちょっと早いけど、皆さんお散歩がてら行かれてみてはいかがでしょうか。
[PR]

by q-factory | 2010-03-19 07:49 | 人と出会う | Comments(2)  

初めてのミズメ

材木屋さんから、ミズメが届きました。
d0075863_0124633.jpg

届けてくれた運送屋さん、いつもの方はすぐ帰ってしまうんだけど、今日のおじさんは何だか工房に興味しんしん。
「家具って、こういうピッとした板(厚みを決めたウォルナットを指す)じゃなくて、俺が運んだ端っこみたいな板で作るのかい?」

???
ウォルナットの方がだいぶ幅が狭いんだけどなあ。
端っこみたいな板・・・?
「あ、これは普通の木材だねえ(ウッドデッキに使った材の残りを指差す)」

その時は分からなかったんだけど、製材しながら何となく分かりました。
おじさん、四角くなってる板がいい板だと思ったんだね。
d0075863_0131646.jpg

うちの木取りは毎回結構きつきつなんですが、材木屋さんの見積もり(代金じゃなくて木材の量)も、今回結構きつめ。足りないかと思いましたよ(笑)・・・まあ、天板と帆立は共木で取りたいとか我がままな取り方してるからなんだけど。
失敗できないなあ。。

一皮むくと、こんなに綺麗に。
d0075863_0161982.jpg

運送屋さんの言う「ピッとした板」になってきたかな?
d0075863_0171640.jpg


d0075863_0194552.jpg

今日は雪。
一応トウキョウトにあるくうちん工房、かなり雪が積もってます。
[PR]

by q-factory | 2010-03-10 00:24 | 家具づくり | Comments(2)  

木工教室 犬のごはん台 その3

わんこさんのごはん台、最終回です。
まずは前回接いだ天板に、ボウル用の穴あけをします。
ジグソーで荒取りするSさん。
d0075863_1813575.jpg

ホームセンターとかだとこのままやすりがけで仕上げる場合が多いですが、ジグソーで線どおりに切るのは大変です。仕上がりもあんまり綺麗じゃない。
というわけで、この間作った合板の型を使ってトリマーで仕上げました。
d0075863_18141739.jpg

天板が仕上がったところ。ぽちっと開いた小さな穴は、ボウルを取り出す時に指を入れるためのものです。

天板の周囲も丸く面取り。
ヤスリがけして、粉を飛ばしてきれいにしてからオイル塗り。今回もクルミ油を使いました。

そして・・・完成!!
d0075863_18144247.jpg

大きめわんこさんと中型のわんこさん、それぞれの名前と作った日付の刻印入り。
ボウルが斜めの方が絶対に食べやすい!と、これはわんこさんたちと長年つきあったSさんのこだわりなのです。

d0075863_1815668.jpg

食事の後はボウルをはずして、台はスタックして部屋の隅へ片付けられるようになってます。
こちらもSさんからの要望を伺って、メールでやりとりしながらサイズや形を考えました。

d0075863_18182873.jpg

実際のお食事風景(Sさん、お写真ありがとうございました!)。

こんな感じのマンツーマン木工教室。
私も昔、日曜大工好きのただの女子だった頃、作りたいものの漠然としたイメージはあってもうまく作れないことが多かったのです。
図面が描けたら、大きな音を出せる場所があったら、上手な作り方を知っていたら・・・。
その時の自分を手伝うつもりで、この木工教室をやっています。

作りたいものがある方は、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいね!
右側リンク、本館HPのメールアドレスへどうぞ。
[PR]

by q-factory | 2010-03-01 18:21 | 木工教室 | Comments(2)