<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

自宅浴室リフォーム 最終日

この日は主に入口の枠の作業。

朝来て、入念に採寸する大工さん。
一度帰って工場で加工して、また戻ってきますと帰られて。
その間に電気屋さんが来て、ブレーカを増設して浴室乾燥機が使えるようにしてくれました。
(でもね、2個増設したブレーカもこの乾燥機と前回増設してもらったコンセントで、もういっぱい。20個くらいブレーカが並んでてもいいよ!と思うこのごろです。)

昼に来た大工さん、午後いっぱいかかって扉の枠を設置。
やっぱりリフォームだと、色々狂ってる部分も多くて難しいのだそうな。
そうだろうなあ。。
d0075863_123622.jpg

それでも綺麗に仕上げてくれました!
夕方に塗装屋さん登場。
水周りはウレタンがいいかなあ・・・と言う私に、現場監督と塗装屋さんはオスモのフローリング用のオイルを勧めてくれて。
割と水にも強いですよ、というのでこちらを採用。

娘を保育園に迎えに行く時間になったので、オイル塗りに立ち会うことはできませんでした。
が、夜気がついたこと。
うーん・・・塗ったところがざらざらしてるなあ。。

えーと、家具屋がオスモや他のオイルを塗る場合、まず木地調整をします。
そして1回目のオイルを塗った後、木の繊維がオイルを吸って毛羽立つので、もう一度(さらっと)やすりがけ。
その後2回目のオイル塗りとなるのが基本ですが。

調べたところ、オスモのフローリング用オイルは、拭きあげが基本的には不要と書いてありました。
その後乾いたら2度目を塗ればいい、というのが公式HPの内容。

でも大橋塗料さんのHPでは、1回目塗布後に♯400で木地調整して2回目塗布、と書いてあり、多分こちらの方が仕上がりはいいだろうと思います。
手間もそんなにかからないし、フローリングの場合はもっとざらざら感が気になると思うので、やった方がいいんじゃないのかなあ・・・と私は思います。
手元に同じオイルがないので、扉の枠はちょっとやすりかけた後に他のオイル塗っちまうかなあ、と悩み中。

でもまあそれ以外の不満はほとんどなく。
無事お風呂も新しくなり浴室暖房乾燥機もついて、現在の様子です。
d0075863_1253324.jpg

白かピンクかグリーンか選べ、みたいなホームセンターの品揃えに納得いかず、ネットでクリアーブラウンの桶と風呂椅子を取り寄せ。
なかなかいい(自画自賛)。

d0075863_1254823.jpg

ここの蛇口は2歳の娘の手洗いに重宝してます。
換気すると床はすぐ乾くので、足が濡れる心配はほとんどなし。
カウンターに洗面器を置いてお湯を受け、洗い終わったら浴槽に流すという形。

浴室乾燥機も本来の用途ではまだほとんど使ってませんが、暖房があるのがありがたい!
これで真冬でも暖かくお風呂に入れそうです。
[PR]

by q-factory | 2010-11-27 12:08 | 建ててもらう | Comments(2)  

自宅浴室リフォーム その3

さあ、この日がいよいよユニットバスの組立の日。
朝から大工さんが来て、まずは断熱材を入れてくれます。
d0075863_22154993.jpg

その後は水道屋さんがユニットバスの組み立て開始。

まあ当たり前っちゃ当たり前なんだけど、この辺の仕事って細分化されてて、例えば水道屋さんは(ユニットバスやシステムキッチンの設置をメインにやってる業者さんらしいんだけど)断熱材を入れたりする作業はやらない。窓の下地枠は作ってたみたいだけど。
大工さんはこの作業のためにちょっとだけ来て、次の日に入口の木枠を作るために再来しました。

家の外では若い職人さんが、壁のパネルを所定の大きさにカットしたり、穴を開けたり。
失敗したらまたTOTOから取り寄せるのかなあ・・・1枚くらい余分はあるのかなあ・・・と余計な心配をしたり(笑)。

作業を近くで見たい!という気持ちはあるものの、何しろ玄関も脱衣所も狭いのでリビングでじっと我慢。
しばらくして見に行ってみたら、こんな感じ。
d0075863_22133633.jpg

で、次に行ったらこんな感じ(笑)。この右側の上に浴槽が乗るのですね。
d0075863_22135289.jpg

その次。
職人さんも、カメラ持った私がウロウロするの嫌だったろうなあ(笑)。すみません。
d0075863_221453.jpg


この日は7時くらいまでかかって、ユニットバスの設置を終えてくれた水道屋さん。
ありがとうございました。
[PR]

by q-factory | 2010-11-25 22:17 | 建ててもらう | Comments(4)  

自宅浴室リフォーム その2

工事2日目。
この日はコンクリの乾き待ちがメイン。
朝から来ていた水道屋さんと電気屋さん、10時にお茶出ししたら「えっと・・・もう仕事終わっちゃいました」と。
拍子抜け。
でも、実はとても良いこともあって。

電気屋さんが来ている間に一度ブレーカが落ちたんです。
原因は私。
食器洗浄機と電気オーブンを同時に可動させてしまったので、リビング+ダイニングのブレーカが落ちてしまって。

もともとコンセントが少ないこの家ですが、ダイニングのカウンター周りに食器洗浄機・オーブン・炊飯器を並べています(電子レンジと電気ポットは別系統のコンセント)。
それらをつないでいるコンセントと、リビング側のテレビ&ホットカーペットやらをつないでいるコンセント、そしてリビングの照明も同系統・・・というしょーもない電気配線だったわけです。
電気屋さんにも熱く語ってしまいましたが、台所のコンセントは炊飯器・電子レンジ・食器洗浄機などはそれぞれ別系統であるのがベストです。

調理中など結構ブレーカを落としてしまうことが多くて困ってましたが、自分で床下に潜る元気はなく。
工房は自分で電気配線したのでメンテナンスも苦にならないんだけど、どうも自分でない人(しかもいけてない)配線についてはなんだかおっくうになってしまって。

この日、浴室乾燥機の工事のためだけに来てくれていた電気屋さん。
私から話を聞くとすぐ、リビングにコンセントを増設するための電線を引っぱってくれました!!
うれしーーーー!!
d0075863_1412676.jpg

台所の床下収納口から潜って、今回増設するブレーカから電線を延ばして床下から引っぱってくれた模様。
最初は元からあるコンセントの上に新設コンセントを作ってくれたらOK、と思ってたんだけど、やっぱり欲が出てきて(上下にコンセントが2個並んでるのって、ちょっと変だよね?)。
システムキッチンの側板のとこに新設してもらえますか?と聞いたら、材質的にちょっと無理です、僕には穴が開けられません・・・とのこと。

側板の材質は化粧合板なので、
・私は家具屋なので、穴を開けることができます
・電気工事士の資格があるので、電線を出してくれればコンセントは自分で設置します
と交渉。
職人さん的には嫌かも、、と思ったけど、「じゃあ電線だけ出しておきますからね!」と快諾してくれました。ありがたす(^^)。

自分の仕事に関係ない!と断らずに、お客さんが困ってるならと要望に応えてくれてとってもうれしかったです。
電気屋さん、ありがとう!!

こちらは朝の水道屋さんの仕事。
d0075863_1442473.jpg

窓枠下の下地材の設置。
そして夕方には、工務店の方が『森林恵』を塗りに来てくれました。
d0075863_1444213.jpg

何も指定してなかったんだけど、デフォルトで『森林恵』だったところにちょっとほっとしました。
[PR]

by q-factory | 2010-11-17 14:07 | 建ててもらう | Comments(4)  

自宅浴室リフォーム その1

うちの自宅、数年前に当時築18年の中古住宅を購入して住んでます。
前にも書いたかもしれませんが、この家断熱材が入ってません。。
買ってすぐのリフォームで気がついた大工さんに言われて、「まあまあまだ若いから大丈夫さ~」と強がったものの・・・冬は本当に寒いのです・・・。
d0075863_14125119.jpg

特にお風呂場と脱衣所、ここは玄関のお隣にあるのでとても寒い。
そして最近は風呂を追い炊きすると、たまに釜が「ごほごほっごぼごぼごぼごぼ・・・」と死にそうな咳をして、メロメロ汚れを浴槽いっぱい吐き出すようになり(でもジャバとかしても全然ゴミが出てこないのよ)、それもストレスでした。
これから10年はこの家に住みたいよねーとまうちんと話し合い、お風呂場だけ思い切ってリフォームすることにしました。

***

わくわくしながらカタログをめくったものの、間口の狭いうちのお風呂で選べるユニットは限られていて。
TOTOだとサザナとスプリノの一番小さいタイプのみ。ちなみにどちらも浴槽の形は1種類だけ(広いお風呂だと3種類くらいから選べます)。
価格が安いのはサザナでしたが、つけたいオプションが別料金で案外高くなってしまうので、ダウンライトなどが標準装備のスプリノを選択しました。

10月の日曜日、娘を一時保育に2時間だけ預けてTOTOの新宿ショールームへ。
キッズスペースも完備されてて子供連れでもOKでしたが、やっぱり高額なものを判断する時は大人だけの方がスムーズです。
ユニットの選択肢が限られるので、後は小さな模型のお風呂を見ながら、壁やら床やら浴槽やらの色を決めるだけ。
さくさくと決まり、今週が工事の日。

朝9時に現れた水道屋さんと若者が4人、玄関から脱衣所までをぱっぱと養生していきます。
そして、壊す!壊す!!壊す!!!
d0075863_14131939.jpg

壊し中の壁はこんな感じ。ああ・・・やっぱり断熱材がこれっぽっちも入ってないよ・・・。
d0075863_1419202.jpg

天井もはずれて。奥に見えるのは2階の床かなあ・・・。はは。
d0075863_14133853.jpg


お風呂のすべてを壊して搬出して、床にコンクリートを流し込んで、新しい給湯・給水の管をつないで1日目終了。
午後に1~2時間ほど水やお湯が使えない時間がありましたが、夕方には元通り。ありがたいです。
d0075863_14135517.jpg


実はこの工事中、一番大変だったのは猫くうちんさんです。
風呂場を破壊する騒音に怯えていて、玄関が作業中はずっと開けっぱなしなので脱走の危険もあり、一番遠い2階の洋室にトイレと水・食糧と共に閉じ込めていました。

帰りがけ、若い作業員の方が「お子さんが転落しないように一応簡単な柵はつけましたけど・・・猫ちゃんは落ちちゃいますよね?」と気がついてくれて。
作業中はずしていた脱衣所のドア、翌日またはずさなきゃいけないのに元通りに戻してくれました。
ナイス気配り!ありがたい!

職人の評価って、こういう気配りですごく上がったりするんだよなあ・・・と、自分を振り返って勉強にもなった1日目でした。
[PR]

by q-factory | 2010-11-09 14:17 | 建ててもらう | Comments(6)  

岐阜の材木屋さんへ

次の日は朝食を食べて、そのままリゾナーレを出発。
この日の目的地は岐阜県。
お付き合いのある材木屋さん(K様に教えて頂きました。ありがとうございます!)を見学しに。
高速を下りて、松本からまた長い峠道。案外遠い・・・昼過ぎにやっと到着しました。
(子連れ旅行なので、この旅程のために前泊したのです。)

着いてみてびっくり。材木屋さん、でかいよー。。
しかし工場の広さに反して、現場は少人数だそう。
社長+事務方2人+現場3人と聞いて、またびっくりしました。
d0075863_1234912.jpg

こちらの材木屋さん、見学して分かったのだけどゴミがとても少ないです。
丸太の製材から木取り材まで作っているそうで、おがくずは雪国まいたけの会社で使われ、端材はハンガーの材料になったり木工房さんに引き取られたり。
ストーブの薪になる分はかなり少ないみたいで、見習わなきゃいかんなあ・・・と思いました。

d0075863_12343720.jpg

こちらは、来年I様のワードローブになるオニグルミ。
もともと1本の木だったこの丸太たち、3本とも買うか2本だけ買うか、どういう風に製材してもらうかまだ悩み中です。早くお返事しなきゃ。

d0075863_12345219.jpg

年末に製作予定のM様のテーブル、丸太から挽いてもらったタモ材。
「くうちん」って書いてあってなんだか誇らしい。

d0075863_12351128.jpg

キハダ、皮むきたては本当に黄色いんだなあ。
この黄色い皮はとても苦くて、漢方の胃腸薬に使われるのだそうです。

材木屋さん、娘の機嫌が絶好調悪くて(涙)グダグダな私たち家族を、温かく迎えて下さってありがとうございました。

d0075863_12352953.jpg

帰りに材木屋さんのお隣の材木市場も見学。
楽しーい!丸太がゴロゴロしてます。
d0075863_12354921.jpg

金曜夜は奥飛騨の平湯温泉で1泊。
家族風呂に浸かってのんびりしました。
[PR]

by q-factory | 2010-11-08 12:38 | 人と出会う | Comments(6)  

小田原で板加工

先週末はなかなか忙しい週末でした。

まず木曜は、また大型機械を借りに小田原へ。
娘を保育園に預けてまうちんさんとふたり、愛車Fitの後部座席に板を山積みにして出発!

午前中は大量の棚板を自動送りで厚み決めして、ワイドサンダーを通して。
うちの機材でも厚み決めまではできるんだけど、ワイドで仕上げしておくと後が格段に楽なのでお借りしに来たわけです。

お昼休みを利用して、小田原漁港の『食堂谷』へ。
店構えは普通だしおかみは怖いけど(「キンメの煮付けは時間かかるよ!!カワハギのいいのあるから刺身定食にしときな!」)、とてもおいしくてリーズナブルなのですよ・・・。
私、生まれて初めてカワハギの肝を食べました。
おいしい・・・!!
アン肝に似てるけど、臭みがまったくないです。幸せなお昼ご飯でした。

午後からはまた作業。
10台分の本棚の側板の長さ決めをして、またワイドサンダーへ。
後からまうちんさんと話してて気がついたんだけど、小田原は小さい工芸品の工房が多いので、この施設もあまり大きな材の加工を想定していなかったみたい。
ワイドサンダーがどういうわけか壁の方を向いていて、うちが持って行った1300㎜の材料を通すのがやっとだったですよ。
厚み決めの機械と同様に、ワイドサンダーは板の荒仕上げや仕上げを行う機械なので、通常は長いものを通せる場所に設置するんだけど。

そして作業を終えて夕方、娘を保育園からピックアップ。
とりあえず晩御飯を食べさせて、小淵沢へGO。

木曜夜は小淵沢で一泊。
リゾナーレ小淵沢、前にちらっと入った時は「なんとなく金儲け主義な感じだなあ」とあまり良い印象がなかったんだけど。
泊まってみたら、なかなか良い所でした。
d0075863_10364853.jpg

外国風な通りに面して、1階は色々なお店が入っていて、2階以上が客室になってます。
メゾネットみたいな感じで、各階一部屋ずつ。客室も広くてのんびりできます。
着いたのが夜9時と遅かったのでお店はほとんど閉まっていたけど、唯一空いていた『リゾートコンビニエンスショップ』の品ぞろえがなかなかGOOD。
よくあるおみやげものだけじゃなくて、地元ワインがたくさんおいてあってスモークチーズやちょっとおしゃれでつまみになるものもたくさん。しかも、あんまり高くない!
d0075863_10371819.jpg

以前寄ったことのあるGRACEワインのハーフボトルと、スモークチーズをゲットして部屋で晩酌を楽しみました。
子連れだからありがたいと思うことだけど、このコンビニショップにベビーソープやおしりふきがおいてあったり、オムツが1枚から売っていたりというのも、うれしかったです。
[PR]

by q-factory | 2010-11-08 10:47 | 家具づくり | Comments(2)