<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ローテーブルとカウンターの打ち合わせ

ちょっと前に、自分の最近のブログが納品事例ばかりでつまらんなあと思って(笑)
以前は製作物も少なかったので、打ち合わせの状態からリアルタイムで、製作中・迷い中・・・そして納品、とすべて載せていて。自分でも後から読むとドキドキ(違う意味で)したくらいです。

そんなドキドキ感を再び(?)
今回はBeforeの段階から記事スタートです。
都内にお住まいのSさん。実は工房がまだ立ち上げの頃に、お仕事の種をくれた方です。
その種は小さな花を咲かせ、その後も大きな実をつけて今の私を支えてくれています。

d0075863_16261374.jpg

そんなSさんが新生活のスタートにうちの家具を置きたい、と嬉しいご相談。
部屋には納得したものだけを置いていきたいとのことで、今はシンプルなお部屋。
しかし自分の家が物だらけだと、余分な物がないこんな部屋にあこがれますね。

この日はインテリアコーディネータの北爪さんもご一緒に。
私が常連だった子育てカフェの内装を担当された方、ということでお会いできてとても嬉しかったです。

娘が赤ん坊だった頃、毎日どこへ行って何をしたらいいか分からなくて。
そんな時に行った子育てカフェは、子どものための場所じゃなくて、子どもを抱える大人のための場所でした。
今回直接お会いできたので、お世話になったお礼を熱く伝えたり。

d0075863_16271486.jpg

そしてコーディネータさんのお仕事を拝見。

この可愛い布、カーテン生地です!(輸入品だそうです)
大き目のサンプルを取り寄せてもらって、色はやっぱりこれがいいかな?それともこっち?とか自宅で見られるって、なんて素敵なことでしょう。

d0075863_16263897.jpg

そして、同じ布でクッションやベッドカバー、テーブルランナーも作れますよーですって!
大きめの窓にはカーテン、小さい窓には壁と同色のブラインド、カーテンと同布と色違い布でクッションとファブリックボードを作って部屋のアクセントにしましょう・・・と、てきぱきと決まっていきます。
ブラインドのサイズだって、プロが測って手配してくれるんだから安心です。

うちは工房をハーフセルフビルドしていて、色々な調査や選択、手配を全部自分たちでやってきました。
だからこそ、コーディネータさんの価値が分かります。
お任せする安心感と時間の短縮。そしてプロじゃないと手に入らない情報や選択肢もあること。
そばで見学していて、ほほおおおおと感動して帰ってきました。

今回の私のお仕事は、お部屋の中央に置くローテーブルの製作。
こちらは見せて頂いたスケッチに描いてあった、そらまめ型のテーブルのイメージで作ることにしました。

d0075863_16285612.jpg

そしてスケッチ上ではベッドを置く予定だった、こちらのスペース。
ここ!ここにカウンターがあってワイン飲んだら、絶対に楽しい!
と自分の部屋でもないのに主張する私(笑)
そうかも・・・と皆でカウンターのイメージをしばし考えて。

手前が曲線のカウンターテーブルと、スツールを置くことになりました(^^)
お部屋のインテリアが完成した暁には、皆でスパークリングワインを飲みましょう♪ とまた妄想。

d0075863_16361443.jpg


お客様の部屋なのに、私もわくわくしてプロジェクトに参加しています。
Sさん、どうぞよろしくお願いします(*^^*)
[PR]

by q-factory | 2013-03-27 16:42 | 家具づくり | Comments(0)  

町田ゆめ工房祭り

週末は、相原にある町田ゆめ工房さんのお祭りに行って来ました。
うちのロゴマークを作ってもらった、パンチョ★パンジャさんにもお会いしたくて。
当日はゼルビア観戦する夫と友人と娘を麻溝競技場に送り届け・・・一路、相原へ。

d0075863_10423285.jpg

パンジャさんのライブペインティング、かぶりつきで見ましたよ☆
私が到着した時はこんな感じでした。
午前中にクレヨンの下絵を描かれたそう。それも見たかったなー。

d0075863_1043188.jpg

あっという間に、綺麗な水色が引かれて。

d0075863_10433432.jpg

真ん中にある木は、ゆめ工房さんのロゴマーク。
光をさんさんと受けて、木が光ってるようにも見えました。

d0075863_10443716.jpg

ロゴだとシルエットなんだけど、これは色づいた実だったのね!と初めて知りました。
そして・・・完成!!

d0075863_1044232.jpg



絵が描き進んでいく中、前方の舞台ではコカリナの演奏やダンスの発表が行われていて。
先生がカラオケで熱唱する歌謡曲に合わせて、ドレス姿の年配奥様たちがダンスする・・・なかなか斬新な趣向。
私、初めての体験に驚きつつ奥様たちを見学(笑)
でもダンスしている方はみな楽しそうで。仕事を引退したら、そんな趣味も良いかもなーと思ったり(笑)

帰りにはおみやげを頂いて、またサッカー場へお迎えに。
ゼルビアも久しぶりの快勝で、皆ご機嫌でした。

******

町田ゆめ工房さんの新しいホームページは、パンチョ★パンジャさんデザインでとても素敵です。
小物の撮影には、うちの工房を使って頂いたんですよ~。
クッキーやリキュールケーキの販売もされているのですが、私のイチオシは胡椒のクッキーです(*^^*)。


ゆめ工房さん、パンチョ★パンジャさん、お誘い頂いてありがとうございました。
[PR]

by q-factory | 2013-03-25 10:50 | 人と出会う | Comments(0)  

ペットケアショップ BLOOMさんのカフェカウンター

さて3月の初旬には、川崎市宮前区の『BLOOM』さんに収納棚やカウンターの納品に伺いました。

d0075863_10535880.jpg

d0075863_10543171.jpg


店主さんは以前マンツーマン木工教室で、ワンちゃんのごはん台水飲み台を作って下さったSさん。
今回は「店内でお待ちになるお客様が、コーヒーを飲んだり雑誌をのんびり読めるような場所づくりをしたい」というご相談を頂きました。

d0075863_1055289.jpg

こちらはカウンター設置前の店内。
 ・販売グッズを厳選して、代わりにカウンターを作ってくつろぎ空間に
 ・レジカウンターは螺旋階段の下あたりに移動(できれば可動式に)
 ・奥の方は使いやすいバックヤードにしたい。ペットフードなどをストックできる棚を作る

ということで、、

こんな感じになりました。
d0075863_1057117.jpg

背の高い収納棚と隣のレジ用の棚、収納棚からのびたカウンター板がうちの設置したものです。
(椅子は既存品です)

d0075863_10561744.jpg

収納棚は上下ふたつの棚をジョイントしていて、上の棚は裏板で光をふさがないように工夫しました。
ここには雑誌をゆったり並べてもらえると良いかと。
設置後も奥の窓から光が明るく入ってきて、やった!とうれしくなりました。
下の方はバックヤード側から収納できる棚になっています。

レジカウンターは、既存の棚を改造してタモの天板をつけました。
また、収納棚との一体感を持たせるために、パイン材の羽目板を張っています。

天板は脚をつけて少し浮かせお店側に少し寄せたので、お客様がお支払い時にカバンなどをのせられるようになっています。
こちらは店主Sさんのアイディア(^^)
天板の下にレジ袋なども置けるので、便利そうです。

d0075863_1121799.jpg

赤くて丸いコーヒーメーカー、かっこいいなあ~と見惚れていたら、作業後にお母様がコーヒーを入れて下さって。
かなりのんびりゆったり過ごせる空間でしたよ~。おいしいコーヒーをごちそうさまでした。

BLOOMさんはただ毛を綺麗に刈るだけではなくて、犬の肌や健康状態にもきちんと心を配っておられます。
また、保護犬の預かりや『生体販売NO!』の活動もされています。
ご興味のある方はぜひサイトをご覧になって下さい。
カウンターが設置された店内の様子は、こちらのブログでもご紹介頂いています(*^^*)

Sさん、ありがとうございました!
またお伺い致しますね☆
[PR]

by q-factory | 2013-03-20 11:11 | 家具づくり | Comments(0)  

『薪ストーブと珈琲の日』 しました。

d0075863_11232287.jpg

今月上旬。
あまり大っぴらには告知しないで(笑)、工房で『薪ストーブと珈琲の日』というのをやりました。

ギャラリーの展示物はまだまだ少ないのですが、お客様にゆっくり寄って頂ける日を作りたい・・・というのが昨年からの野望でした。
アポなしでお寄り頂いてもお話くらいはできるのですが、ギャラリーに組み立て中のものがあって上がって頂けない、とか自分があまりに木屑で汚れててお茶もろくにお出しできない、ということも多いのです。
一人で作業しているので、時間勝負な組み立て中や手の離せない作業の時は、シャッターを閉めている時もあります(ごめんなさい)。

せっかく寄って頂くなら、薪ストーブを眺めながらコーヒーでも飲んでゆっくりしていって欲しいなあ、と思いつつ。
毎日綺麗に掃除してて、お客様が見えたらさっとお茶をお出しできればいいんですけどね(笑)
それがなかなか難しい。

そんな中、工房にお友達を連れてくるのに、何か楽しめる日があったら良いなあ・・・というお客様の声があり。
こそっと『第一回くうちん工房カフェ』を開いてみました(ぱんぱかぱーん☆)。


d0075863_10563497.jpg

午前中はご予約のお客様。
自宅近くのお客様が、お友達とはるばるチビちゃん連れで来て下さいました。

あぐりいす、月型テーブル、(娘から借りてきた)おままごとキッチン。
実際に見たり触ったりすると分かってもらえることって、やっぱり多いのですね。
ご注文やらご相談やら頂き、ありがたいことです。


d0075863_11185650.jpg

午後はまったりと、誰か来るかな~と看板だけかけて。
お花と一緒にゆったりと時間が過ぎて。
このお花はle jardinet par nuage のyukiさんにお願いしました。自分への開店祝いです(笑)
ふわふわ揺れる、工房の外の自然と部屋の中をつないでくれるような、素敵なアレンジ。
d0075863_1133425.jpg


結局、予約以外のお客様はいらっしゃらなかったのですが、「そんな日があるなら行きたい!」とうれしい反応をいくつか頂きました。

えーと、この日じゃなくても薪ストーブは炊きますし、コーヒーも淹れます(笑)
前もってご連絡頂けると、作業の調整ができるのでゆっくりお話ができます。
久しぶりに大川と話したいなあ、と思った方もこそっとご連絡下さい。

d0075863_10551999.jpg

(こちらはAさまの奥様からのいただきもの。ありがとうございます!)

次回の予定はまだ未定ですが、5月くらいにまた同じような日を作れたら良いなあと思っています。
今度はちゃんと告知しますので、よろしくお願いします!
[PR]

by q-factory | 2013-03-18 11:26 | 人と出会う | Comments(0)  

機械屋さんが来てくれた!

うちの工房には、(当たり前ですが)木工機械が何台かあります。

大きな機械は昇降盤(200V)と角ノミ(100/200V兼用)と、自動鉋+手押し鉋が一緒になったもの(100V)。
あとはネットで買ったバンドソーと普通の卓上丸のこと糸のこ。
昔、誕生日に夫に買ってもらったボール盤。

え、これだけ?と思われるかもしれませんが、これだけです(笑)
これ以外には持ち運びできる工具で、トリマーとか丸のことかはあるけど。

そして最近、昇降盤の音がちょっとおかしくなってきて。
回転させると「ふーーーーん」とか「しゅーーーーん」とかいう音がする。

さて困った。これらを買った機械屋さんとは疎遠になってしまったのです。
もともと中古機械専門店ではなく、町の工具屋さんの倉庫で眠っていた機械を売ってもらったのですが、買った時からメンテナンスがイマイチな感じで。

機械の中の様子を見るため蓋を開けようとすると、ペンキでネジ頭がつぶれてて難儀する。
刃のセッティングをしようとすると、定規になるべきところまでペンキが塗ってあって、最初にはがさなきゃいけない。
昇降盤の横定規は、どう見ても溝と合わずゆるゆるなのに「うちにあるのはこれだけだから」とその定規を置いて行かれ(涙)。

d0075863_1692597.jpg


で、そこに代わる機械屋さんをずっと探していたのですが、なかなか見つかりません。
探して電話しても、「買ったところで見てもらいなよ。うちでは××で△△だから駄目だよ!」とにべもなく断られることが多く。
マキタの機械修理に快く対応してくれた電気店では「三相の機械を見てくれるとこ、うちも探してるんだよね」と逆に聞かれたり。

ほとほと困って、先日見学に行った近所の工房さんで「機械屋さん紹介して頂けませんか?」と聞いてみました。
同業の方なので、なかなか聞きづらかったのですが(笑)
ほんとにありがたいことに、連絡先を教えてくれただけではなく機械屋さんに前もってお話しておいて下さったらしく。
電話したら「ああ、Tさんから聞いてますよ!」とありがたい対応(^^)
症状を話したら「そりゃあ本体かモータのベアリングだな」と言われ、機種を聞かれたけどどこにも見当たらない。。

それでも週末2人で来てくれた機械屋さんは、昇降盤を回すとすぐにモータのベアリングだね、新しいの持ってきたから大丈夫、と交換作業に。
回転のブレがかなりあるから、軸交換も必要かね?それだと値段高くなるなあ・・・と相談しながら、機械の色んなところを見てもらって。
「なんだ、ここのネジが最初から緩いんだよ~」と適正に締めてもらったら、機械のブレはほぼ無くなって木工機械の規定内に入ったよ、とマイクロゲージを見せてもらいました。

d0075863_1685973.jpg

回してみたら、回転音がすごく静か!
すごい!!
うちに最初に来た時よりも数段男前になった!!!

それ以外に、ゆるゆるな定規の替えをお願いしたり。
頂き物の小型機械に三相のコンセントつけてもらったり。
使ってない機械を持って行ってもらったり。

ああ。
ここ最近の色んな心配を一気に解消してもらいました。
中には工房に機械入れて以来の気がかりなこともあったので、ほんとにありがたく。
「最近こっち方面の仕事多いから、大丈夫ですよ。また来ます」と機械屋さんは次の現場(車で1時間半はかかりそう)へ。

Tさま、ご紹介ありがとうございました。
お陰さまで枕を高くして眠れます(*^^*)
[PR]

by q-factory | 2013-03-14 16:16 | 木工機械 | Comments(0)  

マスラックスさんのアトリエへ

3月上旬はいくつも記事にしたいことがあって、早くアップしたい~と焦ってます(笑)

まずは、マスラックスさんがお引っ越しされたアトリエへ。
「八王子セミナーハウス」(八王子市下柚木)内の、アートヴィレッジにあるアトリエにお邪魔してきました。

《マスラックスさんはRhinon〔らいのん〕やpoulain chocolat〔プーランショコラ〕など、木で作った音の出るおもちゃをいくつも作っておられます(お仕事はその他多岐に渡ります)。
くうちん工房では、その材料となるウォールナットやチェリーを提供するお手伝いをしています。》


d0075863_1112198.jpg

こちらはセミナーハウスの本館。三角錐がどすんと着陸したみたいな形。
著名な方の設計らしいです(ざっくりですいません)。

私はここの近くの東京都立大学の出身なんですが、セミナーハウスにはサークルの新歓などでお邪魔した覚えが。
でももう15年以上も前の記憶。おぼろすぎる・・・(笑)

d0075863_1114195.jpg

同じ敷地内、こちらのユニットハウスの一つがマスラックスさんのアトリエ。

部屋の中にはうちの工房と同じ用途の、でもずっとミニマムな機械たち。
d0075863_112641.jpg


d0075863_1122156.jpg

これはLEDで光るオーナメント、外側はウォールナット。
クリスマス時期にワークショップをされたそうです。
中に入る丸い基盤には綺麗な鳥の模様!
完成したら見えなくなってしまうのに・・・こういう所が大好きです。

マスラックスさんは、ただ光るものだけではなく「さわると光る・音が鳴る」ものをよく作られるので、この日も一緒に新しいものが作れないか?と意見交換。
いつもお会いすると妄想力が高まって、良い刺激になります。

その後は、セミナーハウスの他の所も色々と案内して頂きました。

「長期館」という建物の内部。きっともともと、長期間泊まられる方用なのでしょう(笑)
d0075863_1124817.jpg

こちらの宿泊部屋は、すっごく小さいユニットでベッド+事務机+椅子。
カーテンだけ隔てた隣のユニットへは、階段数歩(写真内の階段ですよ)。上がるととまた、90度回転させた位置にベッド+事務机+椅子。その隣上にもまた・・・という感じで、らせん状にこのユニットが配置されてる訳です。
ぐるぐる移動してるうちに、何階上がったのか何ユニット通過したのか、まったく分からない。
カメラで撮っても、見てる人には全然伝わらない!

でもこれがなんか、いい感じにレトロなつくりでツボなんです。
普通に研修で泊まるには狭いけど(お隣とはカーテンだけだしね)、大勢で「私ここのベッド!」「じゃあオレその上!」「じゃあ真ん中のユニットに集合な!」みたいに泊まったら、すごく楽しそう(笑)

宿泊部屋の下には、ワークショップのできる大部屋がありましたよ。
夏はバーベキューもできるそうですよ。
あ、長期館以外にも泊まるところが何種類もありました。
何か企画できないかな~?とこちらもわくわくしつつ、またね!とお別れしました。


マスラックスさん、ありがとうございました。
またあの妄想中の家具についてよろしくお願いします!
[PR]

by q-factory | 2013-03-12 11:19 | 人と出会う | Comments(2)