<   2015年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

西洋カンナの本。

ひょんなことから、『杉田式ノコギリ木工のすべて』という本を手に入れました。

ノコギリ木工と題名がついていますが、興味があったのはこの中の「西洋カンナ」の章。

私、普段は他の木工家さんと同じように、普通の和鉋を使ってます。
でもなんというか・・・いつもモヤッとするのです。

職人がプロの道具として使うのには、もちろん優れている。
だけど一般の人が木工を始めて使うには、あまりにもハードルが高い。

皆さん、中学の時に技術科で大工道具セットを配られた覚えはありませんか?
中身は大抵「ノコギリ・ノミ・カンナ・差し金・玄翁」(今はドライバーセットとかラジオペンチとかも入ってるみたい)。

ノミもメンテナンス難しいけど、カンナは使うことすら難しかったという人が多いんじゃないでしょうか。
まず、刃の出し方や戻し方が分からない。裏金の寄せ方が分からない。
見よう見まねで木材の上をすべらせてみるも、ガタガタに傷つけちゃっておしまい、という感じかと。

d0075863_1219192.jpg


大人になって職業訓練校でカンナの使い方を学んでからも、そのストイックさにはびっくりします。
まずは角度をずらさずに、刃を平らに研げるようにならなくてはいけない(裏金も同様)。
台はもちろん平らでなければいけないが、かけるときの抵抗を減らすには両端と刃口部の3点(または2点)以外を削って減らさなければならない(台は気候によって木の狂いが出るので、適宜直さなくてはならない)。
台を削りすぎて刃口が大きくなってきたら、自分で埋める。etc…
(刃の裏打ち・裏押しなど、まだまだありますが)

職人を目指す人や、こういうストイックさが好きな方には良いと思う。
だけど一般のDIY好きな人が使うには、あまりにもハードルが高い。
そのため私は木工教室でもカンナを使ってもらうことはほとんどないし、まっすぐ切るのが難しいノコギリも同様でした。

   *******

で、この本ではなんとそのモヤモヤの大部分を、西洋カンナは解決している!と書いてあるではないですか。
 ・刃の厚みが一定なため、刃研ぎガイドが使える
 (これ知らずに買って和鉋の刃をはさんだけど、使えなかったんだよな~)
 ・裏打ちと裏押しは不要(刃裏が平らなので)
 ・台が木材でなく鋳物なので、台直しも不要
 ・刃の調節が初心者でも比較的簡単
 ・刃口の調節も可能

で、すぐに購入してみようと思った私。木工教室にも使ってみたいし。

が、お値段が・・・。
「高級な和鉋に比べて安価」という意見もあり、確かにその通りではあるのですが。
和鉋をいくつも持ってしまい、研ぎ方やらをなんとか学んで使っている身にとっては、試しに買うにはちと辛いお値段です(1万円~5万円程度)。
小さめのを5千円くらいで買えたら、試してみたいのにな~と思います(^^;

てなわけで、西洋カンナを購入しての感想でなくてすみません。

でも読み物としてはとても面白いし、治具についてのたくさんの写真も参考になります(木工の本としては珍しい)。
個人的には「そこまでドリル使ってホゾ穴掘るなら、卓上ボール盤を買おうよ!」とか、「金属加工の部分は今時はたして必要か?」とか、思う部分もありますが。

作者の方がどうしても、西洋カンナとアサリのないノコギリを使った工作について書き記したかったんだな、という熱意はすごく感じます。

例えば、これから木工の道具を揃えて行く方。
マンションなどで音を出さずに木工したい方。
にはとても参考になる本だと思います。

どなたか西洋カンナを使ってみたよ、という方がいらしたら感想をぜひお願いします!

ほんとは海外のホームセンターが日本に進出してくれたら良いのにな。
ドアとか洗面とか浴槽とか、ずらーっと並んで売ってて皆でDIYしたら楽しいと思う。
そして工具も職人向けのものからDIY用のものまで、色々と扱ってほしいなあ。
[PR]

by q-factory | 2015-07-30 12:23 | その他 | Comments(2)  

夏休み☆お箸づくりと美味しいごはんの会

さて、ほっと一息つこうと思ったら、もう夏休みは目の前。
今年は7/29(水)と8/1(土)にお箸づくりのワークショップをやります!

こちらは冬にやった時の様子。
d0075863_137126.png


d0075863_1375999.jpg

ブナ材のお箸にやすりをかけて荏胡麻油を塗って、仕上げていただくワークショップです。
大人がそばについていれば、幼児さんでも十分できます(^^)

d0075863_1373039.jpg

木に焼き焦げ跡をつけられる、バーニングペンも用意しました。
こちらは小学生3年生くらいから体験可能です。
名前の頭文字を入れたり、模様を入れたり。

d0075863_1311378.jpg

夏休み企画の今回は、手心工房∞月葉灯主催の木内理加さんが作るランチ付きです。
理加さんは味噌や漬物仕込みが大好きな、食いしん坊の達人。
d0075863_13104062.jpg


夏野菜の美味しい時期です。
農園野菜の旨味たっぷり・身体が喜ぶごはんを、自分で作ったお箸でどうぞお楽しみください。
d0075863_13112568.jpg


******
お箸づくりと美味しいごはんの会

《日時》 7 / 29(水)10:00~14:00
     8 / 1(土)10:00~14:00(残り席:あとお1家族)

《料金》(ランチ代込み) 
 ・大人:2,800円 ・中学生・高校生:1,200円 ・小学生以下:900円
(※お子様のみの参加はお受けしておりません。必ず大人の方と一緒にお申し込みください。)

《場所》家具工房:くうちん工房 (東京都町田市相原町4806−1)

******

お申込は saeko@@qooching-factory.com(← @をひとつ減らしてください)
まで、ご希望日と人数をお知らせ下さいませ。

(お料理と理加さんの写真は、稲城でコーディネータとして活動されてる竹田香さんに撮っていただきました。ありがとうございます☆)

緑ゆたかな工房で皆さまのご参加をお待ちしています!

d0075863_1311517.jpg

[PR]

by q-factory | 2015-07-17 13:15 | イベント | Comments(0)  

マルシェの裏日記

さて、何とか無事に終わった夕涼みマルシェですが、準備中には肝が冷えることが数回ありまして。
何が悪かったかっていうと、私の理解と確認の不足が原因だった訳です。

More...
[PR]

by q-factory | 2015-07-16 11:26 | その他 | Comments(0)  

夕涼みマルシェ ありがとうございました

雨続きだった先週、お天気にやきもきしましたが。
どうにか晴れてくれて、無事に夕涼みマルシェを開催できました。

d0075863_1637628.jpg

本当にたくさんの方に来ていただき、ありがとうございます。
(一時は駐車場が満車になってしまって、ご迷惑をおかけいたしました。)

d0075863_21242064.jpg


オープン時、みんながバタバタしていても動じない琥珀堂さん。さすがです。
今回のおすすめ、リンゴのかき氷おいしかった〜!

d0075863_16372513.jpg

わくわくほうせいさんのワークショップは、開店から満員に。
学生さんがちょっとゴージャスな材料を用意してくれて、しおりというよりも洒落たポストカードのような完成品に。

d0075863_16373881.jpg

相原ブルーベリー農園さんは、ブルーベリーの苗と絞り立てのハチミツを持って来てくれました。
子ども達がブルーベリーの試食を勧めてくれてます(^^)

d0075863_21284446.jpg

マルシェにはふぁーまーさささんのお野菜をお目当てにいらした方も、多かったみたいです。
「Facebookで見たビーツを買いましたよ〜」という方も。

d0075863_1638812.jpg

モリモリガーデンさんの新作、白い鉢。
メンテナンスしてもらったうちのUFO鉢の寄せ植えは、ぷりっと生き返りました!

d0075863_16382822.jpg

カトウファームさんの卵は夕方にはめでたく売り切れに。
皆さん嬉しそうにプリンを選んでました。

d0075863_16384775.jpg

隣のくうちん工房のブース。
今回のおすすめは手前の瓶・・・ではなく、瓶の栓を抜くアレ。
開けてみた人はもれなく「おおっ?」とその感触に驚いてくれて、私も夫もにやり(^^)

d0075863_16391953.jpg

町田ゆめ工房さんルラーシェさんは、下のウッドデッキで開店。
こちらもすごい人出でした。

d0075863_16393415.jpg

いな暮らしさんのおむすび!
この美味しさをね、どう伝えたら良いのか分からないのですよ。
でも食べた人が「うわー、おいしいっ」って言ってると「でしょ?おいしいよね!!」と皆で言い合っちゃう美味しさなのです。

d0075863_16395042.jpg

準備時にもろもろあった(笑)、和RKさんのレーザー加工も無事始動。
ストラップにはお名前を彫ったり、「毎日満腹」と入れたり(いや「愛妻弁当」だったか?)
昆虫クラフトワークショップも大人気。

d0075863_16401078.jpg

そして、法政大学馬術部のモカちゃん。
優しい子でみんなで撫でさせてもらいました。

モカちゃん、用意したキャベツは一口食べて「いらない」って(!)
ニンジンとリンゴは大喜びで食べて、子ども達とふれあってくれました。

夕方になって暑さも和らぎ、ほんとに夕涼みで良い時間を過ごすことができました。
ご来場の方、宣伝してくださった方、皆さんに感謝です。
出店者さんも遅い時間までお疲れ様でした。

次は晩秋に、工房マルシェを開催予定です。
どうぞお楽しみに!
d0075863_16402944.jpg

[PR]

by q-factory | 2015-07-14 16:40 | イベント | Comments(0)  

無事に終了いたしました

夕涼みマルシェ、無事に終了いたしました。

ご来場くださった皆さま、気にしてくださった方、ありがとうございました!
[PR]

by q-factory | 2015-07-12 16:04 | イベント | Comments(0)  

本日、夕涼みマルシェ開催します!

綺麗な晴れの日となりました。

本日15時より、くうちん工房にて夕涼みマルシェを開催します!
会場までの行き方については『くうちん工房への道のり』をご参照ください。

皆さまのご来訪を、心よりお待ちしております(^^)

d0075863_7583978.jpg

晴れたーーーーーーーー!!!
[PR]

by q-factory | 2015-07-11 07:58 | イベント | Comments(0)  

自己紹介と、、雑誌掲載!

自己紹介というのも今さらですが。

先日知り合いの方に「えっ、くうちん工房って家具作ってるのは大川さんひとりなんですか?」とすごく驚かれたのです。

そうか・・・ここ2年くらいで会った方やFacebookつながりの方は、ご存知ないのかもしれない、と思い当たりまして。

d0075863_17491694.jpg

くうちん工房は、普段は私大川がほぼひとりで運営しています。
打ち合わせ・図面・木材の発注・機械や手工具を使った加工・組み立て・塗装など。
(大物の納品は夫を伴うことも多いです)

d0075863_17493989.jpg

d0075863_17495618.jpg

小物のうち、木のスプーンは夫の金子が製作、スプーンペンダントは夫と娘の共作、八角皿は夫と私の共作です。

キラキラペンダントは、ベース部分を和RKさんにレーザー加工してもらい、キラキラ部分は娘と私で担当しています。
それ以外の小物(ガラガラサイコロやビー玉のおうちなど)は私が製作、歯固めはやすりがけを町田ゆめ工房さんにお願いしています。

また、今回のマルシェのようなイベントは家族3人で企画と当日の運営をしています。
工房のウッドデッキや小屋も同様です。

d0075863_17503947.jpg

庭に作った小屋のデザインに関しては、娘の意見を一番多く取り入れました。
大きさや窓の位置。外装材は何を使うか、何色に塗るのか。
窓枠やドアの色まで彼女には確固たるイメージがあり、それに沿うように3人で作りました。

その小屋を今回、学研のドゥーパ8月号に掲載していただきました。
じっくり話を聞いてくれた編集の方、「娘中心」な小屋の話を本当にそのまま記事にしてくださったのです!

d0075863_1751919.jpg

本当に良い記念になって、感謝しています。

他の方が建てた小屋もとっても参考になりますし、小屋のキットにも心動かされて、もう一軒建てたくなります。。

ドゥーパ!107号 8月号

マルシェ当日は閲覧用を置きますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

当日、ガラガラサイコロや歯固めなどの小物はメンテナンスも致します。
以前くうちん工房で購入した方や、出産祝いでもらったよ~という方は、ぜひお持ち下さい。
オイルの塗り直しややすりがけなど、メンテナンスサービスを行います(無料)。

明日は暑くなりそうですね!
どうぞ皆さま、家具工房のマルシェに夕涼みにいらして下さい(^^)
[PR]

by q-factory | 2015-07-10 17:51 | イベント | Comments(0)  

ともみさんのおむすび

いな暮らしさんは、稲城の住宅街にある小さなお店です。
お母さんのともみさんと娘さんの萌さん、ふたりでやっておられます。

d0075863_20321638.jpg


おばあちゃんのおうちみたいなお店では、稲城産のお野菜を使ったランチや美味しいコーヒーやチャイ、金・土はぱんノートさんの天然酵母パンを楽しめます。
d0075863_20332238.jpg


ごはんだけでなく、子どもとおとなのための絵本の会があったり、暮らしにまつわる良いものを紹介するイベントがあったり。
2月には「春待ちおとなり市」にくうちん工房も参加させてもらいました。

いな暮らしさんに伺うと、いつも時の流れが不思議にゆったりと感じられます。
お客さんがいっぱいでも、なぜかゆっくりと時間が流れているような。
それはきっと、ともみさんと萌さんが醸し出す空気なんだろうなあと思います。
d0075863_20383218.jpg


今回のマルシェの献立は、前回大好評だったおむすびと夏用の自家製ドリンク。
おむすびは三種類↓
 ・香るごま塩
 ・久子ばあばの梅干
 ・枝豆しらす
自家製ドリンクは全て稲城産の果物で、梅と杏の二種類です。
d0075863_20341465.jpg


どれも美味しそう(^^)
ともみさんのおむすびは、外はしっかりしてるのに中はふわっと柔らか。
どうしたらあんなおむすびができるのか、不思議です。

工房の小屋で、一日限りの出張いな暮らし。
皆さまどうぞお楽しみに!

いな暮らしさんのHPはこちら& Facebookページはこちらです。
d0075863_203574.jpg

[PR]

by q-factory | 2015-07-09 20:39 | イベント | Comments(0)  

クッキーとはちみつ。

d0075863_20381676.jpg


町田ゆめ工房さん、今回もクッキー・焼き菓子と雑貨で出店してくれます。

実は最初は、土曜日の夕方に職員さんに休日出勤してもらうのは悪いなあ・・・と思っていて。
品物だけ置きますよ~とお話したら、「利用者さんと参加しますよ!」と言ってくださいました。
(そんな訳で今回のチラシには2バージョンあって、最初に刷った分には手貼りでゆめ工房さんの店名が入ってます。)

d0075863_20384294.jpg

ゆめ工房さんは、ハンディキャップのある方が通う施設です。

おいしい焼き菓子は数年前最初に見たときより、ずっと素敵になりました。
クッキーの包装はロゴをあしらったシックな感じに。
パウンドケーキは、綺麗な色の紙に活版印刷のパッケージになっています。

d0075863_2039183.jpg

材料にもこだわり、焼き菓子にはカトウファームさんの卵や洗双糖を使用。

バザーで安売りするものではなく、きちんと評価される商品として作っていく。
その思いが伝わってきます。

d0075863_20391493.jpg

雑貨では「布ぞうり」がおすすめです。
利用者のひとり、あみちゃんの布のチョイスは斬新でおしゃれ!
「Ami's Select」のシールを貼った布ぞうりがあったら、ぜひ手に取ってみてください。


そしてもうお一方、「相原ブルーベリー農園」さんは農園で採れたハチミツを持って参加してくれます。

d0075863_20393924.jpg

Facebookページでは、蜂たちがみつを集める様子や、採取したハチミツの色の違いなどが見られます。
ブルーベリーは残念ながら、ちょうどたくさん収穫できる時期の狭間のようで、今回は出品が難しいそうです。

相原ブルーベリー農園さんでは夏のあいだ摘み取りもできますので、良かったら寄ってみて下さいね。
とても大きな粒のブルーベリーも見つけられるかもしれません(^^)
[PR]

by q-factory | 2015-07-08 20:42 | イベント | Comments(0)  

琥珀堂さんの話

さてさて、このマルシェのきっかけを作ってくれた琥珀堂さん。

d0075863_20241174.jpg

(この青年は琥珀堂さんではなくお手伝いの方です・笑)

たまたま2年前のブログの記事を見てみたら、その話が載ってました(^^;
営業場所にと声をかけてくれた琥珀堂さん、一緒にお店を出してほしいという呼びかけに応えてくれたワインの美紀さん、農家のジョニーに感謝しています。

ありがたいことに今回はこんなにたくさんのお店が集まって、マルシェを開くことができそうです。

その後琥珀堂さんは無事に週末の営業場所を確保され、最近の土日はこちらで営業されています。

もう何度目かの出店になるわけですが、毎回琥珀堂さんの常連さん達は、はるばる工房まで来てくださいます。
お客様とのつながりが深いなあ・・・と毎回びっくりします。

そういう私も、週末の営業場所に一度は行かなくちゃ!とか思っている訳で(^^)

d0075863_20244959.jpg

忙しすぎるのは嫌なんです、とほどほどの集客を求めている琥珀堂さんですが、コーヒーの味は抜群に美味しい。

お好みを訊いて焙煎したコーヒー豆は、地域によっては配達も可能です。
d0075863_2025655.jpg

工房の緑の中で、淹れたての琥珀堂さんのコーヒー。
ぜひお楽しみ下さい。

d0075863_20253143.jpg

[PR]

by q-factory | 2015-07-07 20:26 | イベント | Comments(0)