<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

家族のダイニングテーブル

d0075863_10501511.jpg



こちらでご紹介するダイニングセットは昨年の夏にお納めし、今年春にお引っ越し先に同行したものです。

岐阜県産のオニグルミの木を丸太で購入し、3本の木からダイニングテーブル・椅子・ベンチのすべての部材を作りました。

d0075863_10482463.jpg

d0075863_10485094.jpg

d0075863_1049826.jpg


完成間近になった頃、奥様から「自分たちで仕上げをやってみたい」とご相談をいただきました。

仕上げの塗装を素人の人にやってもらう・・・?
いやそれは無理だ、と断る作り手は多いと思います。

でも、「子どもたちが絶対に大事に使うと思う」という言葉にぐらっと来て、しばし考えて。
仕上げの完成度は落ちるかもしれない。
でもこの先、自分たちのテーブルとして大事に使って、子ども達も一緒にメンテナンスしてくれる方が、長く使える良い家具になるに違いない。
そう思ったのです。

自宅の壁を左官屋さんと塗った時の事を、思い出しました。
プロの左官屋さんは我々の塗った素人くさい壁が不本意だったようだけど(笑)、「ここはAくんと塗ったねえ、なかなかうまく塗れなかったんだよね!」と何年たっても思い出深い部屋になりました。


d0075863_1050244.jpg

そして、ご夫婦と小さな姉弟で工房にご来訪。
気持ち良く晴れた日。オイル塗り日和です。

まずはテーブルの土台になる棚から。
子ども達もお手伝い。
d0075863_10504093.jpg


お昼は持ち寄りランチ。
d0075863_10505147.jpg


午後はテーブルの天板も塗りました。
(天板は事前にウレタンオイルを塗っておいて、最後のオイル&ワックス仕上げをお客さまにお願いしました。)
d0075863_1051493.jpg


「天板は一番良い板を使ってるんだね!裏の部分と木目や色が違う。」とご主人。
そうなんです。
良く見える部分には綺麗な木目の板を、少し欠点のある板は見えにくい部分に。
作り手にとっては当たり前のことだけど、こうして作業するとすぐに分かってもらえるのですね。


d0075863_10513881.jpg

みんなで仕上げたダイニングセット。

d0075863_10515654.jpg

一番上の引き出しは、上から見えるようになっています。
子ども達の描いた絵や、作った小物が入れられるように。

新居で撮った写真は、今年のショップカードになりました。
本当に楽しくて、『物語のある家具』を作っていくことのきっかけとなるお仕事でした。

Mさま、本当にありがとうございました!


*
[PR]

by q-factory | 2016-08-31 10:54 | 家具づくり | Comments(0)  

おままごとキッチン講座(出張&工房)

今年は3月に昭島市のほっとさんでワークショップをやりましたが、その後もマンツーマンのおままごとキッチン講座をしました。

***

春に木工教室の生徒さんにご紹介でお会いした方、お孫さんの誕生祝いに作りたい!とすぐにお申し込み。
材料もろもろを持ってご自宅に伺いました。

d0075863_12405466.jpg

マンションの一室、組み立ての音はご近所の迷惑にならない程度です。
使うのは、インパクトドライバ(タタタタタタンって音がうるさいもの)ではなく、静かな電動ドリルドライバ。
釘留めする部分は少ないので、カナヅチの音が響くこともありません。

d0075863_12413965.jpg

着色オイルは少しだけ匂いがあるので、風通しを良くして仕上げ塗りします。

お昼はおいしいカフェごはん+お店で出してるコーヒーをご馳走になりました!
d0075863_1242170.jpg


お孫さん、喜んでくれたかな〜(^^)
d0075863_12422351.jpg


***

8月には雑司が谷パズル講座のご縁で、工房でのキッチン作り講座。
ご家族の他、おじいちゃん・おばあちゃんも都内からご来訪。

d0075863_12433286.jpg

ビニールプールを出したり、法政大にみんなでお散歩に行ったり。
お昼は持参されたお弁当+少しだけ夏野菜素麺を出しました。
(唐辛子はお客さまの畑で採れたもの。色鮮やか☆)
d0075863_1244281.jpg


最後にみんなで記念撮影。
おてんばだという娘ちゃん、これから色々なものに興味を示して遊んでくれることでしょう(^^)
d0075863_12444898.jpg


***

■おままごとキッチン講座 随時受付中■
一家族からOKです。

通常の家具製作と並行して準備しますので、1ヶ月半前までにご相談ください(開催日はご相談の上決定)。
価格は25,000円(税込・材料費込)。
遠方の場合の出張費や駐車場代は実費を頂戴します。

↓お申し込みはメールにてどうぞ(☆→@に変換してください)。
saeko☆qooching-factory.com


*
[PR]

by q-factory | 2016-08-25 12:46 | 木工教室 | Comments(0)  

台湾旅行 番外編

今回乗った交通機関について。

台湾は交通費が安い。
MRT(地下鉄)の初乗りが20元(約70円)。
今回は毎回チケットを買ったけど、ICカードの方が便利だったかな。

d0075863_10162896.jpg

おもちゃのコインみたいなチケット。これを改札のセンサーでピッと読ませて通るのが娘は気に入ったらしい。

子ども料金はあるけど、6歳以上(身長115cm以上)は大人と一緒。娘も立派に大人料金でした(でもまあ安いからね)。

地下鉄は本数が多くて便利。「あと○分○○秒で到着」という表示のある駅も。
車内の電光掲示板も日本の地下鉄みたい(車内広告はすごく派手)。

***

二日目に乗った台湾鉄道の方は紙のチケット。
d0075863_10191654.jpg


d0075863_1019559.jpg


こちらは車内にも駅にも路線図の表示が無くて、乗り換えに苦労した。
行き先の駅を書かれても良く分からないんだよー。
一駅の区間は長めで、車内はかなりクーラーきいてて寒かったです。
d0075863_10193570.jpg

(↑「手をはさまないように気をつけてね!」なぜかコアラ。かわいい。)


***

そして、タクシー。
「台湾 タクシー 危険」とかで検索すると、「夜中に女性一人で乗っちゃだめ」とかたくさんヒットするけど。
昼間乗ってもかなり危険な乗り物です。

d0075863_1020313.jpg

到着して空港からホテルまで乗ったタクシー。
早い・・・えっとスピード出し過ぎじゃない??
まあホテルに無事に着いたから、いいか。。

その日の夜、夜市から乗ったタクシーで疑念は確信に変わる。
台湾の人、みんなめっちゃスピード出すーーー!!

バイクもたくさん周りにいる一般道で、普通に60キロくらいのスピードで走る。
タイミング悪くてバイクを追い抜けなかったり、前の一般車が少しでも遅いと舌打ち。
(瑞芳から九份への道のりはわりとマシでした。うねうね道が多いのでさほどスピードが出ないもよう。多少酔いましたが・・・)

懲りた私たちは思った。
流しのタクシーじゃ無くて、ホテルの駐車場に待ってる運転手さんなら多少はマシなんじゃないかと。

最終日、ホテルから空港へ向かうタクシー。
乗る前はあんなににこやかなおじさんだったのに・・・過去最高のスピード。
ハンドルを握ると豹変する、という表現がぴったりです。

後部座席で(もちろんシートベルトして)乗ってた私、何度も足元に無いブレーキを踏もうと足を踏んばったし、「ウヒイイ」と数回変な声を上げました。
どうやら信号で止まるのが嫌いらしい運転手さん、細い裏道を通ってバイクをあおりながらものすごいスピードを出す・・・。
後から夫に聞いたら「80〜100キロくらい出てたね」と(驚)

安いし便利なのでタクシー使いたいけど、あまりに怖い。
台湾在住の方のブログを見たら「ノロノロ走る方が危ない」とのことなんだけど、どうなんでしょう。

次回台湾に行くときの注意点として、記録しておきます。

d0075863_10212143.jpg

(空港にて。娘、大きくなったなあ。)


*
[PR]

by q-factory | 2016-08-22 10:22 | その他 | Comments(0)  

台湾旅行 三日目(最終日)

帰国する日の朝となりました。
前日はホテルでバイキングの朝食を食べたものの、やっぱり味気ない。

ネットで見つけたお店は、残念ながら定休日。
ホテルのある南港は新しい駅なので、ガイドブックやネットの情報もほぼ無し。

でもさーホテルの周りにこんなに住宅があるってことは、朝ごはんの店くらいあるんじゃない?と考えた、私と夫。
「えーめんどくさいー」と言う娘を説得して、朝の散歩にレッツゴー!
もしやってるお店がなかったら、ホテルに戻って食べればいいじゃない。

d0075863_19132225.jpg

部屋の窓から見えたのはほぼ森だけだったけど、反対側には市街地が広がってました。
あるある!飲食店がいっぱいあるよ〜。
昼からのお店がほとんどだけど。

d0075863_19135435.jpg

しばらく歩くと、開いてる店発見!
ディープすぎない?大丈夫?と一回前を通って様子をうかがい、さらに進んで他の店を探す。
結局開いてたのはもっとディープなお店(笑)とサンドイッチ屋さんだったので、意を決してその店に入る。

d0075863_19141176.jpg

おばちゃん忙しそう・・・。お客さんが次々来て、なかなか途切れない。
何とか身振り手振りで、これと・これと・これが欲しい!とやってみる。
ショーケースには食材が入ってるだけで名前も書いてないので、筆談もできない。

「××○○@@??+++???」
と早口で訊かれても、全然わからなーーーーい!
何度か訊かれて「ここで食べるか?持って帰るか?」だと夫が気づく。
事前にネットで勉強していた北京語、まったく役に立たず(てか聞き取れない)。

ここで食べます!と示して、もう一回指差しで注文。
「△△××+++??」
温かい豆乳に何か入れるか、と訊かれる。とりあえずいらない、と答える。
続いて、四角い具なしお好み焼き的なものに、卵は入れるか?と早口で訊かれる。
思わずいらない、と答えちゃってから後悔。卵入りで焼くの、美味しそうじゃないか・・・。

まあともかく、お金は後払いで良いことが分かり、外のテーブルで朝ごはん。
あー、ハードル高かったー(でもたのしい)。

d0075863_19143928.jpg

ぱく。
美味しいーーー!

スープは温かいただの豆乳。
日本では豆乳苦手だけど、これは飲める。

そしてマントウ。具なし。
角煮的なお肉はさんでる写真が貼ってあって、それをもちろん食べてみたいけど作ってる気配なし。
朝のメニューには無いのかなあ。

卵を入れそびれた四角いお好み焼き。
ころっとした焼き餃子。
炭水化物多めのチョイスになっちゃった、、でもどれも美味しかった。

すごく安くて、労働者の方が来るお店なのかなー?とか思ったけど、レクサスで乗り付けて豆乳とマントウを持ち帰るお父さんとか、後ろの席で冷たい豆乳ちゅーっと飲んでるお姉さんとか。

さっきの「何か入れるか?」は、豆乳は温かいのと冷たいのとどっちにする?だったのね、と気づく。

ともあれごはんを終え、会計してくださいーと別のおばさんにお願いしたら、何を食べたのか申告しろ、と(^^;
無理なのでさっきの人に訊いて、と指差したら「そんなん忘れたわ!」とさっきのおばちゃん。
仕方なく、外のテーブルに来てもらって「豆乳とね、具なしのマントウとね、こういう四角いのでタンタンタンって切ってあるやつ」と身振りで説明。
「ちーすーぱーすー」
と数えてた会計のおばちゃん。全部で85元でした。

帰り道、探してたスーパーも発見。
美味しそうなお店もたくさんあった。
他のとこばかり行ってないで、ちゃんと町歩きして食べれば良かったな。
d0075863_19152380.jpg


***

さて、小さな冒険を終えてホテルへ戻りチェックアウト。

飛行機は昼過ぎなので、荷物を預けたまま都会に出て買い物。
台湾のマスキングテープが可愛いとのことで、こちらで購入。
d0075863_19154825.jpg


小腹が空いて、またその辺のお店でワンタン麺を食べることに。
メニューを指差したら、何だかダメだという店員さん。
何度かやり取りして、見てた夫が「まだワンタンできてないって言ってる、たぶん」。
その通りでした・・・そして押し問答が面倒になった店員さん、作り途中のワンタンをいくつか取って茹でて入れてくれました。
すみませんー!

d0075863_1916471.jpg

このワンタン麺も美味しかったー。
汁が嫌な味しないのが、良いなあと思う。
鶏出汁の味がちゃんとする。

その後買い物をして、暑いから冷房効いてるとこに入ろうとちゃんとしたお店へ。
サービス料の有無はクーラーがあるかないかじゃないか、と憶測。

そして町で最後に食べた小籠包。
・・・・・・まずい・・・・・・・。

いや、私がいけないんです。
普通のを頼めばいいのに、ヘチマ入りってのを頼んじゃったから(←ガイドブックに美味しいって書いてあった)。
小籠包はやっぱり肉ですよ。

d0075863_19162616.jpg

(↑おいしそうだけどヘチマ入り。)

失意のままホテルに戻って、空港へ。
くやしいいいいい、なんで最後のごはんがあんなに美味しくなかったんだ。。。 orz

いや、その後食べたマンゴーかき氷は美味しかったけどね(でも多すぎ)。

あきらめつかず、空港のレストランで小籠包注文。
うん・・・まあそうだよね。空港に生肉、持ち込まないよね。。
完全に冷凍食品の小籠包でした。
負け惜しみを言えば、冷凍にしてはすごく美味しかったですが。

というわけで、二泊三日の台湾旅行は終わりました。
心配だった留守番猫くうちんも、無事に過ごしていたようで。
(すごく怒ってたけど)

戻って来たばかりだけど、また台湾行きたいな。
都会が合わないのは分かったので、今度は台中か台南か。
また美味しいものを食べに行きたい!!

d0075863_1918519.jpg


*
[PR]

by q-factory | 2016-08-19 19:18 | その他 | Comments(0)  

台湾旅行 二日目午後 九份

さて、猴硐から台湾鉄道で一駅戻って瑞芳駅へ。
ここからタクシーで10分ほど行くと、あの有名な九份があります。

台湾のタクシーは安い(ただし運転が荒くて怖い!)。
駅から九份までは一律料金で205元(約700円)、バス便もあります。

d0075863_14245822.jpg
d0075863_14221486.jpg

猫村については色々調べてたのに、九份はあまり下調べしてなくて、とりあえず人波に着いて行く。

今、台北ナビの地図を見たら、「軽便路にはアート感漂う店がひっそりと並んでいます」って書いてある。。
そっちの方が我々好みだったかなあ。

土産物屋が左右にずらりと並ぶ道を、ぐるぐる歩きました。
人・人・人でずっと列を作っている状態、唯一の救いは雨じゃなかったことくらい。
だんだん疲れてきて、途中で道を離脱して空いてる階段で休憩。

夜の提灯は風情があるのかもしれないけど、もう人ごみはいいやーと近くの茶芸店でお茶する事に。

昼食に比べるとものすごい高価なお茶代ですが(笑)、空いた店内で休憩して景色の写真撮って、元気を取り戻しました。

d0075863_14255875.jpg


d0075863_14261929.jpg

思ったよりも早く九份を離脱。
他の人の参考にならないことを重々承知の上で、私たち多分もう九份には行きません(笑)
お腹いっぱいだったのもあるけど、あの人ごみの中で買い食いするのもけっこう大変そうだなあ。

***

また電車に乗ってホテルに戻って、一息ついて。
夜はMRT国父記念館駅から歩いて『北大行』へ。
d0075863_1427021.jpg


台湾に来てまだ食べてなかった、小籠包を注文!
d0075863_14271837.jpg


昼間のうどんの美味しさが忘れられなくて、鶏うどんと甘辛の肉うどんと酔っぱらい鶏(小)も。
d0075863_14273975.jpg


ここももちろん、美味しかったです。
でも・・・なんだろう。ちゃんとしたお店よりも、町の食堂の方が味に勢いがあっておいしい。
口の中に、さっと肉の旨味が広がる。食べ物のパワーを感じます。

この日の夕飯は710元(約2,500円)。

***

混んでる店内で相席したのは車椅子の女性で、ひとりで夕飯を食べに来ていた様子。
台北では車椅子の人を良く見かけましたが、一人の場合も押してもらってる場合も町に溶け込んでいて、そこにいるのが当たり前という感じ。
日本だとどうして、特別な感じに見えてしまうのかなあ・・・としばし考えてみたり。

台湾の人たちはとても親切で、日本人よりフレンドリー。
駅で路線図を見上げてると「ニーハオ?」とすぐに話しかけてくるし、電車では必ず娘に席を譲ってくれました。
お店はどこも明朗会計で、日本人だからとボラれたことも多分ありません(観光地価格はあるけど)。

細かいことは気にせず、電車内で携帯で話したり、道ばたでポケモンGOやってる人もたくさん。
でもなぜか日本にいる時のように気にならない。
すっぴんにスニーカーの女性も多いので、私は日本にいる時よりリラックス(笑)

台湾の街中。
家族3人乗りが当たり前のスクーター。
d0075863_14281948.jpg


自由犬もたくさんいました。三匹で歩道を闊歩中・・・
d0075863_14283172.jpg



*

[PR]

by q-factory | 2016-08-19 14:31 | その他 | Comments(0)  

台湾旅行 二日目午前 猫村

この日は娘待望の、猫のたくさんいる村「猴硐」へ。
南港駅から台湾鉄道に乗って40分くらい。

d0075863_12465029.jpg


もともと炭坑の町だったけど、ネズミ避けのために飼ってた猫たちの子孫が増えて、猫のたくさんいる村として有名になったそう。
いろんな国の猫好きの観光客がいっぱい。

d0075863_12472046.jpg

駅を始め、街中のいたるところに猫。

d0075863_1248077.jpg

猫(くうちん似)。

d0075863_12482321.jpg

d0075863_1248583.jpg

売り物の上にも猫。

d0075863_12505264.jpg

途中、えさやりタイムに遭遇。
テーブルの上のサバトラさんはお皿に盛ってる間に食べようとして、おばさんにきつく叱られる(笑)

***
町の外れには小さなカフェ通り。
作家さんが絵やカードを販売してるお店、お隣にはワークショップができるカフェも。

d0075863_12511275.jpg

d0075863_12512274.jpg


派手な観光地ではないけれど、のんびりした村でとても楽しめました。
小さなお土産物やさんもいくつかあって、娘は自分とお友達用のお土産をゲット。
カフェでお茶もしたかったなー。

***

d0075863_1252120.jpg

駅まで戻ってきて、駅前の食堂でお昼ごはん(猴硐老麵店)。
超ローカルな半屋外のお店だったけど、ここの麺が美味しかった!

d0075863_12521557.jpg

陽春麺(湯)と米粉(乾)と青菜(小)を紙で注文して、3人で取り分け。
そしたら奥からおばあちゃんが出てきて、「おいしい?たりる?」と日本語で気づかってくれた。
日の当たるテーブルから奥の日陰においで、と言われて移動させてもらう。

d0075863_12522857.jpg

陽春麺は、ほぼ日本のうどんと同じ。
娘はこの麺がとても美味しかったようで、帰国してからも「猫村のうどんおいしかったねー!」と言ってた(^^)

お昼代は3品で90元(300円ちょっと)!
電車の時刻が迫ってて注文できなかったけど、隣りのテーブルで食べてた「白斬鶏(後腿/前翅)」が今でも気になるー。すごく美味しそうだったの。

次回台湾に行ったら猫村をゆっくり回って、またここでごはん食べたいです。


*
[PR]

by q-factory | 2016-08-19 12:52 | その他 | Comments(0)  

台湾旅行 一日目

d0075863_1113547.jpg


このお盆休みは親子3人で台北に行ってきました。
台湾は確か3回目ですが、娘づれで行くのは初めてです。

ホテルと飛行機の予約は、いつも夫任せ(すいません)。

1日目は昼過ぎに羽田空港発、夕方に台北松山空港到着。
空港内でまずは、こちらを借りるそうです。
d0075863_11141562.jpg

持参したポケットWi-fiに入れて使えるSIMカード。3日間使い放題で300元(約1,000円)
すごいなあと思ったのが、店員のお兄ちゃんがカードをこちらの機器に入れて、ちゃんと使えるまで一緒に設定してくれるのです。もちろん日本語表示なのに、すごい。そして親切(^^)
無事に繋がることを確認して、ホテルへ移動。

今回泊まったのは、台北の中心街からは少し離れた南港にある、『Courtyard Taipei(六福萬怡酒店)』。
MRT(地下鉄)南港駅直結で、とても便利でした。
d0075863_11144014.jpg

ホテル内も広くて綺麗☆
トイレも問題なく流れます(台湾では使ったペーパーは流さず脇のゴミ箱に入れるのが基本。でも、都心のホテルは流せるところが多いみたいです)。

***

いざ、1日目の夕飯はMRT中山駅近くの『福大山東蒸餃大王』へ。
地元の人でいっぱい。持ち帰りのお客さんの間をぬって店内に席を確保。
ガイドブックに載ってるお店だけど、日本語はまったく通じません(笑)
かばんに入れてきた筆談セットで無事に注文(^^)
d0075863_1115534.jpg

左のふせんに注文品が書かれ、時間の早い人から配られる仕組みらしい。カウンター席の壁にもぺたぺたふせんが貼られていきます。
そしてしばし待って、蒸し餃子到着!
d0075863_11152124.jpg

うーまーいーーーーー!
小籠包よりもさっぱりしてます。いくらでも食べられそう。

d0075863_11154650.jpg

d0075863_11155799.jpg

「酸辣麺」はさほど酸っぱくも辛くもなく、テーブル上のタレで調節する感じ。これまた美味しい。
「山東大饂飩」、饂飩はワンタンのこと。ワンタンは大ぶりで、娘はこれに夢中でした。
ビールが置いてあったら間違いなく飲んだんだけど、どうも見当たらない。残念・・・

満腹になってお会計。忙しそうな店員さんに「(棚から取った小皿の値段も付箋に書いてもらえる?)」と身ぶりで頼んでみたら、ちゃっちゃと書いてくれました。ありがとう!
全部で260元(約900円)、大満足。

***

食後はまた地下鉄に乗って『饒河街夜市』へ。
d0075863_11163986.jpg

台湾と言えば夜市!という方も多いのですが、、私たちこういう人ごみが苦手(^^;
娘も臭豆腐の匂いが苦手らしく、ちょろっと露店を冷やかしてホテルに退散。

d0075863_11165676.jpg

でも町の様子は風情があります。
裏通りには食堂も並んでいて、家族連れやカップルが夕食中。
うちの近所にこんな屋台たちがあったらなあ・・・とうらやましい夜でした。


*
[PR]

by q-factory | 2016-08-19 11:17 | その他 | Comments(0)  

棚つきの学習机

ちょうど一年前。
暑い夏のさなかに、埼玉県の最高気温で有名な都市にお伺いしました。

特に打ち合わせの予定もなく、お仕事場を見学させてください〜と伺ったのに、帰りには息子さんの机をご注文いただいてしまいました。
ご用聞きのようになってしまってすみません(笑)

d0075863_12175229.jpg

しばし待っていただき、今年春に無事お納めしました。

d0075863_12181245.jpg

d0075863_12182461.jpg

絵の大好きな息子さん。
「机の下に描きかけの絵を置く棚が欲しい」とご要望で、広めのパイプ棚をつけることにしました。

大人になってからも使えるシンプルな机。
d0075863_12184866.jpg


納品した後の数日、嬉しくて机の下で寝ていたという息子さん。
ほんとにありがとう!
d0075863_12191692.jpg


どんどん大きくなって、この上でどんな絵が描かれるのか楽しみです。

帰りにはおいしいお蕎麦もご馳走になりました。
Mさま、ありがとうございました。


*
[PR]

by q-factory | 2016-08-17 12:19 | 家具づくり | Comments(0)  

月型テーブルとあぐり椅子

d0075863_13243576.jpg


今年の春から展示している、こちらのテーブル&椅子のセット。
実は長らくバラ売りの商品でした。

もともと月型テーブルは赤ちゃん用のバンボチェアに合わせて開発したもので、天板の高さはちょっと低め。
あぐり椅子は大人用のカフェテーブルや座卓に合わせた高さで作ったので、別々に展示していました。
d0075863_1324588.jpg


ところが見た目が似ているので、お子さんたちは合わせて使いたがるのですね(笑)
使い終わって、大人たちもテーブルと椅子をセットにして戻す。

という数年を経て、遅ればせながらちゃんとセットになるオニグルミのハイテーブルを作りました。
春のイベントでも展示をして、結構良い手応えをいただいています。
7月はオニグルミ材のとウォールナット材が1セットずつ、ちびちゃんたちのもとに旅立って行きました。

ウォールナット材のセットは、おばあちゃんからお孫さんへのプレゼント。
d0075863_13253520.jpg


オニグルミ材のセットは、小野路やまいちでずっとこの椅子から離れなかった娘さんへのお誕生日プレゼント。
d0075863_13261875.jpg


どちらも喜んでいただけたようで、良かったです。
ごはんを食べたり、塗り絵や折り紙をしたり、たくさん使ってね!

d0075863_13322636.jpg

《左:ウォールナット材・・・
 月形テーブル(ハイタイプ):43,000円 あぐり椅子:31,000円》
《右:オニグルミ材・・・
 月型テーブル(ハイタイプ):38,000円 あぐり椅子:28,000円》
(表示価格はすべて税込です)
[PR]

by q-factory | 2016-08-09 13:36 | 家具づくり | Comments(0)  

モノ・コト市、楽しい一日でした

d0075863_17203688.jpg

先週の日曜日、数年ぶりのモノ・コト市に参加してきました。

前回のモノ・コト市で3歳半だった娘はすっかり成長して、店番できるくらいに。
木のおもちゃチッタさんの娘さんはなんと中学生になっていて、時の流れにびっくり。
偶然にも前回と同じ「夕焼けランプ」さんの歌を聴いて、しばしタイムスリップした気分になりました。

今回はワークショップのブースもたくさん!
娘は今までに小物で稼いだお金を持って、すべてのワークショップをコンプリート(笑)

お隣のmamamanoさんは同じく木工の方だけど、私と方向性が真逆。
たくさんお話ししました。
懐かしの飯能にもまた遊びに行きたいなあ。

d0075863_17211193.jpg

この素敵な遊具もmamamanoさんの作品です。
チャイルド社さんの木のボールプールもあって、子ども達は大喜びでした。

無事に終わった後は、会場隣の『キッチン・カラーカ』さんで親睦会。
イベント中はなかなかゆっくりお話できないから、ここでの情報交換はとてもありがたい(^^)

d0075863_17214122.jpg


来てくださった皆さん、鍵のワークショップに足を止めてくれた方々、ありがとうございます。
そして主催のモノ・コト企画の皆さん、今回もありがとうございました。

d0075863_17215625.jpg

[PR]

by q-factory | 2016-08-05 17:25 | イベント | Comments(0)