<   2017年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

ブラウンの食器棚

d0075863_14123074.jpg
2016年秋に仕上げたのは、こちらの食器棚。

千駄木にお住まいのお客さまは、友人エステティシャンからのご紹介でした。
DIY好きでトイレの壁も自分で塗ったというおうちは、アジアンテイストだけどどこかモダンな感じ。
現在の食器棚は使い勝手がいまいちとのことで、部屋の一角に合わせて新しく作る事になりました。

d0075863_14124073.jpg
仕上げの色に着いて若干悩みながらも、加工はさくさくと。
間口が少し広いので、天板や棚の垂れ防止を兼ねて、真ん中に仕切りを入れています。

d0075863_14124547.jpg

そして色塗り。
いくつか塗料を試したものの、ご希望の色とはちょっと違う。
試し塗りの写真を送って選んでいただき、水性ステインのダークブラウンを使うことにしました。

***

都内の細い路地を抜け、無事に納品。
棚の完成に合わせて食器も厳選しよう!と、選抜隊の食器たちが並んだ棚をパチリ。
そんな風に思っていただけるのもありがたいことです。
d0075863_14125355.jpg

d0075863_14124905.jpg

こちらは、最初の打ち合わせでいただいたスケッチ。
ご希望通りに作れたようでひと安心。

Hさま、くうちん工房を選んでいただいてありがとうございました!
(そしてゆかさん、いつもありがとう(^^))


*

[PR]

by q-factory | 2017-07-31 14:19 | 家具づくり | Comments(0)  

Kura-standさんの収納棚

d0075863_14345759.jpg

Kura-stand(くらスタンド)さんは、稲城長沼駅の高架下にオープンしたお店。稲城の野菜や果物を使ったサンドパンや、飲み物のテイクアウトができます。
今回はスタンド内の背面に、扉つきの収納棚を作りました。

こちらがBeforeの頃。

d0075863_14345340.jpg

HandiHouse Project さんが店舗内外装を整え、お店のスタッフさんたちが壁を塗り、私は最後の棚の取り付け。

(娘は取り付け完了後にビスキャップをはめています・・・)


d0075863_14350409.jpg

d0075863_14350909.jpg

扉が黒板になってて、メニューが書いてあったら良いねえ!というわけで「いな暮らし」でもお世話になってる、萌さんご一家と黒板塗料塗り。

今回は塗料のことから棚の取り付け方法まで、HandiHouse Projectさんに助言をいただいて大変助かりました。


d0075863_14351274.jpg


そうそう、隣のくらすクラスさんの看板も、前回うちで作らせてもらったもの。

ここの何が良いって、高架下だから雨が降ってもぜんぜん大丈夫(^^)この時期は炎天下の公園は無理だけど、スタンド前の広場ならいつでも日陰。絵本なども置いてあってチビちゃんたちが遊んでいます。


普段は水~金(11時~16時)の営業ですが、たまに夜営業もやっているそうです。電車で行って夜ビールを飲むのが、今年の夏の目標です!

*


[PR]

by q-factory | 2017-07-28 14:42 | 家具づくり | Comments(0)  

かのんカフェさんの折れ脚テーブル


サインボードと一緒に頼まれたのが、無垢材の折れ脚テーブル。


市販のテーブルは金具のところからダメになっていることが多いので、うちでは少し掘り込んで金具を固定しています。

ぐらつきが無ければネジ穴がゆるくなる可能性も低いかな、と。

d0075863_17442499.jpg


天板はオニグルミの共木2枚はぎ。

赤ちゃんたちがたくさん触れる(場合によってはしゃぶる)ので、角は大きく丸く。

ここから脚もすべて、4.5Rで面取りして丸く仕上げます。

仕上げはエゴマ油。

d0075863_17434602.jpg

d0075863_17442066.jpg

d0075863_17443021.jpg


この金具の小さいのがあれば、脚をもう少し細くできるのになあ。

今のところ、折れ脚の場合は割と頑丈な感じになってます。

掘り込みの角度を変えたら、脚の開きも少し踏ん張る感じにできるかなー。

今度テストしてみなくちゃ。


d0075863_17443889.jpg


カフェに納品に行ったら、すぐに上でおままごとが始まって嬉しい。

ハイハイしてる赤ちゃんも、足でさりげなくテーブルの脚にさわって、木の感触を楽しんでたりするんですよ。


スタッフさん、前のテーブルより少し重くなっちゃってごめんなさい。

楽しんで長く使ってもらえると嬉しいです。



*

[PR]

by q-factory | 2017-07-25 17:46 | 家具づくり | Comments(0)  

カフェコーナーのサインボード


去年の春の小さな製作物。

いつもお世話になっている、鶴川の子育てカフェ「かのんカフェ」さんからのご注文で、サインボードをふたつ作りました。


1つ目は片面のみ、セルフサービスのカフェコーナーが分かりやすいように。

2つ目は授乳室用。裏返すと「使用中」になります。


d0075863_09205619.jpg

文字と絵はいつものWarkさんにデータを持ち込んで、レーザー加工してもらいました。


加工が終わってから、はたと気づく。

マスキングテープ貼ってからやったら良かったんじゃ。。

(後からカッターで文字部分を切り抜きました。段取りの悪さに少し泣いた・・・)

d0075863_09205960.jpg

文字と絵の部分だけ白く塗装。遠くからでも目立ちます!



一緒にフライヤーラックも作りました(パイン集成材+リボスの着色オイル)。

アクリル板の曲線や円の部分は、こちらもレーザー加工で綺麗にカット。

カットした断面がなめらかなので、お子さんが触っても危なくありません。

d0075863_09211735.jpg


アクリル板が直線だとチラシが前に倒れやすくなりますが、曲線のおかげでそれが少し減る感じです。

色んなサイズのショップカードも置けるよう、上段と下段・奥と手前で高さをかなり変えました。

(写真は工房で撮ったものです。知り合いの皆さんのフライヤーでテスト・笑)


かのんカフェさんには、この後折れ脚テーブルもお納めしました。


いつもありがとうございます!(*^^*)



*


[PR]

by q-factory | 2017-07-25 09:27 | その他 | Comments(0)  

そら豆テーブル

d0075863_15480099.jpg


保育園の棚が一段落ついて、「無垢材で何か作りたい!」と勢いにまかせて作ったのがこちらのテーブル。

お客さまのオーダーではなく、久しぶりに自分の作りたいものを作りました。


昨年春に売り出した、月型テーブルのハイタイプ

あぐり椅子と合わせて使うだけでなく、大人がお茶するのにもちょうど良いらしく・・・

「今までのテーブルをやめて、家族3人で月型を使ってます」というお客さままで現れました(笑)


それじゃああまりにも狭かろう、と月型にくっつけて使えるテーブルをずっと作りたかったのです。


d0075863_15463015.jpg

まずは段ボールの上に、心のままに曲線を描いてみる。

以前作ったSさんのそら豆テーブルが頭の中にあって、でももうちょっと違うかたち・・・。


d0075863_15463555.jpg

上から撮った写真をパソコンに取り込んで、月型の曲線と合うよう手直し。

出力した形から、合板で型を作ります。


d0075863_15463901.jpg

真ん中で綺麗に割れてた、共木のオニグルミ材を天板に使いました。


d0075863_15464397.jpg

d0075863_15464902.jpg

d0075863_15465353.jpg


今のところイベントでの評価は上々。

1台90,000円(税込)でご注文いただけます。


固定脚でも折れ脚(金具使用)でも作りますよ~!

(ちょっと小さめ・大きめのオーダーは、少しお値段が上がります。

そら豆の型など作り直しの手間があるため、ご理解くださいませ。)



*


[PR]

by q-factory | 2017-07-21 15:53 | 家具づくり | Comments(0)  

玄関脇のワゴン

ずーっとさぼっていた、オーダー製作物の記録。

いつの分からやれば良いのか・・・。


思い出した順に、ぼちぼちアップ予定です(笑)


*****


まずはこちら。

以前、絵本棚を作った奥さまからリピートのオーダー。


小学校に上がった娘さん、玄関近くに身支度するスペースが欲しいというご要望。

階段下の小さめのスペースに合わせて、ワゴンを作りました。


ランドセルではなく学校指定のリュックを使うそうで、右側にカバン置きのスペースを取りました。

上の引き出しは筆記用具用、その下には持ち帰った絵などが置けるよう広めの棚を。


下の段は、無印良品の角形バスケットに合わせたサイズにしました。

ハンカチや給食袋、雑巾のストックなど、色々なものをしまっておけます。


d0075863_13285600.jpg

d0075863_13290104.jpg
d0075863_13290585.jpg
d0075863_13290902.jpg
d0075863_13291399.jpg


可愛い取っ手は、娘さんが自分で選んだものです。


キャスターつきで使い勝手が良い感じ。

中学校に上がっても、お部屋で使っても便利そうです。


こうやってお子さんの成長に合わせて、家具をオーダーいただけるのはありがたいことです。


Tさま、ありがとうございました!

d0075863_13291729.jpg

*


[PR]

by q-factory | 2017-07-21 13:33 | 家具づくり | Comments(0)  

夕涼みの一日、ありがとうございました。

先週土曜日に、無事に夕涼みマルシェを開催しました。

準備時間は暑い!暑い!

汗だくになりながら、それぞれのお店を設営。

その甲斐あって、涼しくなる夕方からお客さまたちとのんびりと楽しみました。


d0075863_14364704.jpg


チラシをポストにお届けしたら、お友達を誘って来てくれた方。

Facebookの地域板を見て・・・とお子さん連れのファミリー。

「間に合ったー!」と後半来てくれた、木工教室の生徒さん家族。


d0075863_14374987.jpg

d0075863_14374063.jpg

d0075863_14400749.jpg

d0075863_14380128.jpg

d0075863_14374574.jpg

d0075863_14375435.jpg

もっとお客さんが多い方が良いのかな・・・と思いつつ、家具の相談をしに来る方とゆっくりお話していると、うちにはちょうど良い感じ。

出店者さんも「お客さんとゆっくり話せて良かったです」と気を使ってくれますが、毎回反省会では迷うところです。

そして、家具のお客さまや、教室の生徒さん、知り合いの作家さんをお互いに引き合わせたり・・・という場として大切にしていきたい。

でも一方で、イベントで初めて工房に来た方も大事にできないと、、と迷いは尽きません。


d0075863_14380632.jpg


試行錯誤をしつつ、年2回のペースでマルシェを続けていく予定です。

次回は12月に。日程が決まり次第お知らせします。


皆さん、暑い中ほんとにありがとうございました!


d0075863_14381025.jpg


*


[PR]

by q-factory | 2017-07-20 14:45 | イベント | Comments(0)  

マルシェ会場までの道のり(電車&バスの場合)

【夕涼みマルシェ】
7/15(土)15:00〜19:00

会場:くうちん工房
東京都町田市相原町4806-1

◆JR横浜線 相原駅から

工房最寄り(大戸橋バス停)へのバスは、町田街道に出てサイゼリヤの脇のバス停「相原」をご利用ください。
時刻表は以下の通り。
14:34 15:14 15:54 16:34 17:14 17:54 18:34


d0075863_20163439.jpg

バス停「大戸橋」下車、バスの進行方向にまっすぐ進んで徒歩約5分。右側に工房が見えてきます。

***

相原駅すぐの西口ロータリーにもバス停があり、法政大学行きのバスは主にこちらから出ます。
Yahooの『乗り換え案内
で、「相原駅西口/神奈川中央交通」→「大戸橋/神奈川中央交通」
で日時を入れて検索すると、どちらのバス停から乗るのかも教えてくれて便利です。
こちらを押すと、入力抜きで現在時間で出る・・・かもしれません)

「法政大学行き」のバスに乗った場合、正門前のバス停からは徒歩10分程度です(以下を参照)。

◆京王線 めじろ台駅より
 バス「法政大学行」で約15分。
 終点「法政大学」下車、徒歩10分程度。
 学内の遊歩道は、学外者でも散歩などで通行可能です。ペット連れの方は通れません。
 体育館の先の「グラウンド門」を目指して、いらして下さい。
時刻表「法政大学行」

***

◆JR中央線・京王線 高尾駅より
 高尾駅南口よりバス「館が丘団地行」で約15分。
 終点「館が丘団地」より徒歩10分程度。
 坂道を町田街道方面に下って、信号「館町清掃工場入口」を左折。
 そのまままっすぐ進むと、左手に法政大学のグラウンド門とくうちん工房が見えてきます。
時刻表「館が丘団地行」

皆さま、お気をつけていらして下さいませ(*^^*)


*

[PR]

by q-factory | 2017-07-14 15:30 | イベント | Comments(0)  

マルシェ会場までの道のり(車の場合)

【夕涼みマルシェ】
7/15(土)15:00〜19:00

会場:くうちん工房
東京都町田市相原町4806-1(神奈川ではありません!)

※ナビによっては、もっと相原駅寄りの諏訪神社付近がポイントされることもあるそうです。
くうちん工房は町田街道沿い(法政大学の裏門脇)にあります。
以下を参考にいらしてください。

============================

【町田方面から】
d0075863_1431590.jpg

町田街道をずっと下り、相原駅から5キロほど高尾寄りに「ローソン町田法政大学前店」があります。
向かいはガソリンスタンドです。
ここから二つ先の信号脇が会場です。

d0075863_1433080.jpg

次の信号「大戸交差点」も直進。
(ちなみに左折すると、大地沢青少年センターです)

d0075863_1434576.jpg

カーブを曲がると、工房が見えてきました。
当日はこちらは駐車禁止です。
駐車場は、工房前の信号を左折してすぐにあります。

============================

【高尾方面から】
d0075863_144768.jpg

町田街道を町田方面へ。
館ヶ丘団地の脇を通り、写真の信号は「館町清掃工場入口」。

この次の信号の脇が、マルシェ会場です。

d0075863_1442414.jpg

堺園芸さんの前を通り・・・

d0075863_1444076.jpg

坂を下ると会場が見えてきました。
駐車場は、手前の信号を右に曲がったところです。
スピードが出がちな下り坂道路なので、スピードダウン&早めの右ウインカーをおすすめします!

============================

お気をつけて、安全運転でおいでくださいませ(^^)


*
[PR]

by q-factory | 2017-07-13 21:51 | イベント | Comments(0)  

夕涼みマルシェ:出店者ご紹介【Craft & Workshop】

とうとう今週土曜日に開催。
どうか晴れますように!と祈りつつ、準備をしています。

+++++

【niko さん】
ハンドメイドクリエーターのnikoさん。
「カラフルでHAPPYをつなぐお仕事」というご紹介どおり、彩り豊かな布を使ってオリジナルの作品を作っています。
d0075863_13573147.jpg
d0075863_13572420.jpg
シマシマの鳥さんのポーチや、バレエシューズがモチーフのバッグ。
よーく見ると、猫さんが隠れてたり。

たくさんの組み合わせの中から、お気に入りの1点を見つけてくださいね。


【モリモリガーデン さん】
マルシェでは毎回おなじみ、モリモリガーデンさん。
今年の春からネットショップも開始しました。
mmg.thebase.in/
d0075863_14003870.jpg

バニーの形のサボテンは大人気。
マルシェの日まで残ってくれると良いのですが、、(笑)

ドライリースも素敵です。
d0075863_14011358.jpg

【Kazurisa Candle さん】
初出店のカズリサキャンドルさん。
オリジナル作品からオーダーメイドまで、ひとつひとつ丁寧にキャンドルを作っています。
d0075863_14014202.jpg
当日は数量限定で、プチワークショップを開催予定。
また、17時半〜18時半までウッドデッキでキャンドルを点灯します。
夕涼みの時間、幻想的な世界をお楽しみください。
d0075863_14020491.jpg

【わくわくほうせい! さん】
法政大学の山﨑ゼミの学生さん、フライヤー製作に記載が間に合わなかったのですが(ごめんなさい!)、今回も科学ワークショップで参加してくれます。
d0075863_14023723.jpg

葉っぱを歯ブラシでゴシゴシこすると、だんだん葉脈が見えてきて・・・。
アルミホイルとジップロックを使った小さな実験も見せてくれます。

【法政大学馬術部 モカちゃん】
d0075863_14030014.jpg
みんなの人気者、ミニチュアホースのモカちゃん!
今回は法政大学さんのご厚意で、工房脇の大学敷地で「引き馬」体験ができます。

※モカちゃんはすごく小さなお馬さんなので、乗る事はできません。
綱を引いて一緒に歩いたり、ごはんをあげたり、ふれ合いを楽しんでくださいね。


【くうちん工房】
いつものワークショップ数種類と、小さな家具の展示をします。
d0075863_14040395.jpg
会場の工房は、いつも私が家具を作っている場所です。
屋内には岐阜県から届いたオニグルミの板たちや、加工用の機械が並んでいます。

マルシェで酒屋さんがビールを売っている小屋も、娘用に作ったものです(笑)
d0075863_14073083.jpg

+++++

さてさて、週間天気予報とにらめっこする時期がやってきました。
土曜日に皆さまのお越しをお待ちしています!


*

[PR]

by q-factory | 2017-07-09 14:11 | イベント | Comments(0)