コード類が隠せるテレビボード

今回はオーダー製作したテレビボードのご紹介。

前投稿のような木工教室のご要望は多いのですが、工房の仕事の主軸は家具製作です。

60歳くらいまでは作る仕事多め+教える仕事を少し、その後は徐々に教える方の比率を増やせたら・・・というのが今の展望。

まあ、先のことは分かりませんが(^^;


d0075863_17163150.jpg
テレビボードの材料は、いくつかの樹種見本からアメリカンチェリーを選んでいただきました。

d0075863_17163897.jpg
d0075863_17164250.jpg
d0075863_17164748.jpg

・今のテレビ台と同じくらいの大きさ
・シンプルな形
・前面は板の扉
・裏のごちゃごちゃしたコードを何とかしたい

というのがお客様のご希望。

なかなか難しかったのが、板扉の中に収納するとハードディスクへのリモコンが効かなくなってしまう点。
受信機をテレビ脇に置く方法も検討しましたが、「使う時は開けっ放しで良いですよ」ということで、扉が邪魔にならない形で作ることにしました。


d0075863_17165854.jpg


d0075863_17170381.jpg
DVDや録画番組を見る時はこうして持ちあげて、扉が天板下に収納されます。


d0075863_17170658.jpg

普段はぴったり閉じておけば、すっきりとした印象に。

裏側は二重構造にして、ごちゃついたコード達はボードの中に収納されるようにしました。

d0075863_17171189.jpg


d0075863_17171438.jpg


外側の板はいつでも外せて、コードのつなぎ替えや掃除ができます。

*


お納めした後に「家具が生活の土台を作るという考え方に、共感します」と言っていただき、とても嬉しいお仕事でした。

量産家具が手軽に買える時代。
私もプラスチックの収納ケースを使っていますし、便利なことは否定しません。


でも、おうちに大事な家具が一つでもあると、毎日の生活が変わります。
それがあるだけで部屋の雰囲気が締まって、自分の気持ちも落ち着く。


そんな楽しい生活のお手伝いができるよう、今年もひとつずつ家具を作っていこうと思います。



*

# by q-factory | 2019-01-06 17:19 | 家具づくり | Comments(0)  

お店の内装を一緒に作った話

2018年のマンツーマン木工教室をもうひとつ。

「『近くの木工教室』とグーグルマップで調べたら出てきたので」とメールをくれたKさん。
棚を作りたいというお話は、ご自宅かと思ったら、開店準備中の古着屋さんの話でびっくり(笑)

工房で打ち合わせして、そのまま現場にご一緒することに。
入間市ジョンソンタウンは米軍ハウスに雑貨屋さんやレストランが立ちならぶ、おしゃれな街でした。

d0075863_18490991.jpg


DIYはまったく経験なく、電動ドリルを使うのも初めてとのこと。

どうしてお店を自分で作ろうと思ったのですか?と訊いたら、アメリカで古着屋修行をしていた時のオーナーさんが、なんでも自分で作っていたから、と。


「ホームセンターの資材館は職人さんが多くて入りづらい」と心配そうでしたが、一緒に買い物しているうちにだいぶ慣れてきました。



d0075863_18415137.jpg


内装を始めて一週間経つ頃には、店員さんにいろいろと質問するまでに。

生徒さんのこうした変化は、教室をやっていて嬉しいことのひとつです。

*


お店のオープンに向けて、入間に通い、毎日ふたりで棚を作りつづけました。
朝ホームセンターで板を買い出し → 工房で必要な加工 → 現場で組み立て・塗装。


d0075863_18414480.jpg

d0075863_18415669.jpg

自宅からは往復4時間の道のり。
夕方には娘を迎えに行かねばならない日も多く、かなりハードな日々でした。

現場にいられるのは数時間のみ・・・という条件を受け入れてくださったKさんに、ほんとに感謝です。

d0075863_18420311.jpg

お店の棚以外にも、ロフトに長いカーテンレールをつけたり、ロールスクリーンをオーダーして取り付けたり。
ちょっと難しい部分は私が工事を担当。

Kさんは腕がめきめき上達して、一人で棚を組み立てて塗装できるようになりました。

d0075863_18422244.jpg

d0075863_18420900.jpg


「今カセットが熱いんですよ!」と壁に作りつけたカセット棚。
そ、そうなんですね・・・?

d0075863_18440811.jpg
店のロゴも自分で黒く塗って取り付け。

そして、無事にお店はオープン!!!

d0075863_18423423.jpg

d0075863_18422873.jpg

手づくりの棚たちには、店主Kさんがボストンなどで買いつけたTシャツや靴・帽子がずらっと。
レコードや希少なトミカの販売もしています。

【BUS STOP BOSTON】
https://busstopboston.com/

〒358-0002 埼玉県入間市東町1丁目6−15 ジョンソンタウン内

d0075863_18421414.jpg
*




# by q-factory | 2019-01-05 18:52 | 木工教室 | Comments(0)  

洗面台DIYのお手伝い

新年明けましておめでとうございます。
皆さまにとって良き年となりますように。

ことしはのんびり正月休みをいただいて、空いた時間で昨年の仕事を振り返っています。

インスタとかFacebookとかに投稿すると気が済んでしまってサボりがちですが、記録としてはやっぱり整理しやすくてブログが一番良い気がします。

まずはマンツーマン木工教室の方から。


***


「新居の洗面台を作りたい」とご希望のⅠさん、今回で2回目の木工教室。

ホームセンターでパイン集成材を一緒に購入、カットサービスで希望のサイズに切ってもらいます。
今回はちょっと頑丈な25mm厚の板を選択。

さっそく工房で製作開始!


d0075863_12341506.jpg
d0075863_12314054.jpg

ご自分で選んだ角型の洗面ボウルに合わせて、天板をくり抜き加工。
設計時に計算して、天板や前の板はタイルが貼りやすいサイズにしてあります。

d0075863_12314901.jpg


建設中の現場に届けて、給排水工事や取り付けは工事業者さんにお任せ。
タイルは後からⅠさんが自分で貼りました。

d0075863_12315587.jpg


d0075863_12320133.jpg

こだわりのタオルバー。
タイルとの兼ね合いが難しかったので、設置のしかたは事前にこちらでレクチャー。

「無事に取り付けられました」と報告をいただいて、私もほっとしました。


*

d0075863_12320682.jpg
d0075863_12321134.jpg

しっくいの壁に合うシンプルな棚。
棚受けの金具はⅠさんが購入、オニグルミ材の板はくうちん工房で作って取り付け。

古い家具たちにもよく合いますね。



新居にお引越し後は、薪ストーブの炉台のDIYお手伝いもしました。

d0075863_12321753.jpg
d0075863_12322387.jpg

Ⅰさん、グラインダーでタイルのカットにも挑戦。
(音が大きいので、現場ではなく工房内で加工)

d0075863_12322990.jpg


くうちん工房では、ご要望に応じてこうしたお手伝いもしています。

1時間あたり2,000円から(内容の難易度によって変動します)。

DIYでやってみたいけどちょっと不安、という時にはご相談ください(*^^*)



*


# by q-factory | 2019-01-05 12:39 | 木工教室 | Comments(0)  

マルシェ会場までの道のり(電車&バスの場合)

【くうちん工房の冬マルシェ】
12/1(土)10:30~15:00
会場:くうちん工房
東京都町田市相原町4806-1

◆JR横浜線 相原駅から

工房最寄り(大戸橋バス停)へのバスは、町田街道に出てサイゼリヤの脇のバス停「相原」をご利用ください。
時刻表は以下の通り。
9:54 10:34 11:14 11:54 12:34 13:14 13:54 (14:34)
d0075863_20163439.jpg


バス停「大戸橋」下車、バスの進行方向にまっすぐ進んで徒歩約5分。右側に工房が見えてきます。

***

相原駅すぐの西口ロータリーにもバス停があり、法政大学行きのバスが出ています(およそ20分おき)。
こちらのバスの場合、法政大学正門前のバス停からは徒歩10分程度です(以下を参照)。

◆京王線 めじろ台駅より
 バス「法政大学行」で約15分。
 終点「法政大学」下車、徒歩10分程度。

 学内の遊歩道は、学外者でも散歩などで通行可能です。ペット連れの方は通れません。
 体育館の先の「グラウンド門」を目指して、いらして下さい。
時刻表「法政大学行」

***

◆JR中央線・京王線 高尾駅より
 高尾駅南口よりバス「館が丘団地行」で約15分。
 終点「館が丘団地」より徒歩10分程度。
 坂道を町田街道方面に下って、信号「館町清掃工場入口」を左折。
 そのまままっすぐ進むと、左手に法政大学のグラウンド門とくうちん工房が見えてきます。
時刻表「館が丘団地行」

皆さま、お気をつけていらして下さいませ(*^^*)


*

# by q-factory | 2018-11-29 21:32 | イベント | Comments(0)  

マルシェ会場までの道のり(車の場合)

【くうちん工房の冬マルシェ】
12/1(土)10:30〜15:00

会場:くうちん工房
東京都町田市相原町4806-1(神奈川県ではありません)

※ナビによっては、工房より相原駅寄りにポイントされてしまうものがあるようです。
よろしければ以下の道順を参考にしてください。

============================

【町田方面から】
d0075863_1431590.jpg

町田街道をずっと下り、相原駅から5キロほど高尾寄りに「ローソン町田法政大学前店」があります。
ここから二つ先の信号脇が会場です。

d0075863_1433080.jpg

次の信号「大戸交差点」も直進。
(ちなみに左折すると、大地沢青少年センターです)

d0075863_1434576.jpg

カーブを曲がると、工房が見えてきました。
当日はこちらは駐車禁止です。
駐車場は、工房前の信号を左折してすぐにあります。

============================

【高尾方面から】
d0075863_144768.jpg

町田街道を町田方面へ。
館ヶ丘団地の脇を通り、写真の信号は「館町清掃工場入口」。

この次の信号の脇が、マルシェ会場です。

d0075863_1442414.jpg

堺園芸さんの前を通り・・・

d0075863_1444076.jpg

坂を下ると会場が見えてきました。
駐車場は、手前の信号を右に曲がったところです。
スピードが出がちな下り坂道路なので、スピードダウン&早めの右ウインカーをおすすめします!

============================

【駐車場について】
曲がって左側がお客様用駐車場です。
奥の方からなるべくつめて停めていただけると助かります(^^)

お借りしているJA全国教育センターさんの大駐車場は、入り口・内部とも広めです。
もし満車の場合は、反対側の出店者用駐車場もお使いいただけます。
こちらはテニスコート脇の入り口が少し狭めで、奥は広く約20台駐車可能です。

d0075863_14483051.jpg
お気をつけて、安全運転でおいでくださいませ(^^)

※現地でお酒を飲みたい方は、ドライバーを他の方にお願いするか、電車&バスでおいでくださいね!
(次記事でバス便をアップします。)

*

# by q-factory | 2018-11-29 10:00 | イベント | Comments(0)  

冬の工房マルシェ、12/1(土)開催!


今年は暖かい日が続いていますね。
年末なんてまだまだ先・・・と思っていたら、すぐそこに迫ってきてあたふたしています。
d0075863_11145058.jpg

12月最初の土曜日は、恒例の工房マルシェを開催します。

d0075863_12262013.jpg
d0075863_12261412.jpg

■日時:12/1(土)10:30~15:00
■場所:くうちん工房(東京都町田市相原町4806-1)
 ※開始時間・終了時間とも、去年より早めになっています。ご注意ください。


今回も色んな作り手の方とご縁をいただき、皆さまをお迎えいたします。


【出店者ご紹介(敬称略)】
☆Cafe brick lane・・・ローストビーフライス各種
☆自家焙煎珈琲 琥珀堂・・・コーヒー・カフェラテ
☆カトウファーム・・・卵・プリン他
☆ふぁーまーささ・・・お野菜(農薬× 化学肥料×)
☆吉川酒店・・・ワイン・日本酒・甘酒など
☆後藤醸造・・・クラフトビール


★モリモリガーデン・・・多肉植物とドライリース
★小幸工房・・・漆器など
★版画工房Nao・・・版画作品
★ocicat・・・動物刺繍の印鑑ケース
★くうちん工房・・・家具のご相談・ワークショップ


★布袋戯 著微・・・台湾人形劇


↓今回初出店の方々。

【後藤醸造】
小田急線経堂駅の近くで、クラフトビールを製造・販売しているお店です。
併設のスタンドビアバーでビールやお料理もいただけます。

d0075863_11132308.jpg

醸造タンクを見ながら、そこで作ったおいしいビールを飲めるんですよ!

今回のマルシェでは、瓶ビールを販売していただきます。
おみやげにもぜひどうぞ!


【小幸工房】
国産の漆にこだわり、岩手県二戸市の浄法寺漆を使って漆器を仕上げています。

d0075863_11134680.jpg

漆塗りは気候にも左右され本当に難しいのですが、小幸さんの作品を拝見すると細部まで気を使って仕上げられていて、背筋がぴっと伸びるように感じます。

漆の木や漆刷毛も持って来てくれるそうなので、良かったら作品とともにご覧ください。


【版画工房Nao】
今年春に参加した、高尾の「森と踊る」のイベントでお会いしました。

森の中に版画作品が点在している様子がとても素敵で、「猫の腹時計」という時計をひとつ購入しました。
娘の部屋で猫が時を刻んでいるのを見ると、なんだかほっこりします。


d0075863_11140504.jpg

11/17(土)~25(日)まで北鎌倉のGM..(ジーエムツー)にて、個展「続・森に暮らす日」を開催されています。
お時間ある方は、こちらもぜひどうぞ。


【ocicat】
印鑑ケース、皆さんどんなものをお使いでしょうか?
ocicatさんの印鑑ケースは小さなファスナーつきの袋で、底布と側面の色のコントラストが綺麗です。

小さなワンポイント刺繍は動物のモチーフが多くて、猫やうさぎ、インコ、ペンギン、ハシビロコウなど見ていて飽きず、いざ買おうとすると迷ってしまいます。


d0075863_11142233.jpg


かばんのポケットにもすっと入って、とても便利。
良かったら手に取って、見てみてくださいね。



そして、今回も台湾人形劇の著微さんが来てくれます!
移動用の舞台を一緒に改良し、さらにバージョンアップしての登場です。

d0075863_11143841.jpg

【布袋戯(台湾人形劇)著微】
1回目:11:00~ 
2回目:14:00~(各回約20分)
《観覧自由・投げ銭式》


皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

*


# by q-factory | 2018-11-18 10:52 | イベント | Comments(0)  

クリスマスプレゼントにおままごとキッチン

さて今冬も、おままごとキッチンの木工教室を開催します。

12/1マルシェ当日までにお申し込みいただければ、クリスマスプレゼントに間に合うよう、一緒に製作いたします(^^)

d0075863_13263787.jpg
(写真内のナベなどの小物はつきません。
扉つきの本体と蛇口・シンクのみが価格に含まれます)


《開催日》
12/9(日)または 12/13(木)

10時~15時頃(延長あり)
各日定員2組まで

《場所》
くうちん工房

東京都町田市相原町4806-1(駐車場あり)

《注意点》
・一緒に作るマンツーマン木工教室です。
・こちらで難しい加工を済ませた板を、電動ドリルで組み立てて、色塗りして仕上げていただきます。

・木工初心者・女性でも大丈夫です。
・くうちん工房での製作となります。
 ご自宅での製作や別日程をご希望の方は、下記メールにてお問い合わせください。

・お子さまを連れてのおひとり参加は、工具やネジ等危険なものがあるため、ご遠慮ください。
(ご家族皆さんでの参加は可能です。作業をバトンタッチしつつ、お子さんが危なくないよう見守りをお願いいたします。)

《料金》25,000円
(税込み、講習料・材木・蛇口・シンク代を含みます。フックは別途実費となります。)


d0075863_13270600.jpg

d0075863_13271130.jpg

※キッチンの色や扉のありなし、シンクの形(丸・四角)を選べます。

お申し込みは下記メール
saeko@@qooching-factory.com
(↑@をひとつ減らしてください)

または、くうちん工房FacebookへのメッセージでもOKです。

皆さんのお申し込みをお待ちしています(^^)

d0075863_13270159.jpg
*

# by q-factory | 2018-11-17 13:15 | 木工教室 | Comments(0)  

八王子フードフェスティバル初出店

やっと涼しくなり秋めいてきましたね。
10月最初の3連休は、南大沢で『八王子フードフェスティバル』に参加します!

d0075863_11473058.jpg

地元の名店のごはんが楽しめる露店やケータリングカー、ガーデンマルシェやワークショップなど、合わせて50店以上が出店します。

場所は京王線「南大沢」駅から改札出て左方向、南大沢中郷公園内です。
くうちん工房はワークショップ担当(^^)
今回は「カギのペンダント」と「ハートのこうかんペンダント」の2種類となります。

公園入り口からほど近い、43番ブースでお待ちしています。

d0075863_11473637.jpg

フードフェスなので食べ物と関連するもの・・・と考えて、久しぶりに木の前菜皿(取っ手付きと裏に手掛けつきの2種類)を販売します。

あと、瓶ビールに使える木の栓抜きも。
こちらはお店のロゴや好きな文字を入れて作れますので、お店の記念品などにもご相談お待ちしてます~。


そして、うちで食べ物といえば、広報部長の猫くうちん。
先日のイベントにお試しで出してみた「悪い猫ガチャポン」、けっこう評判が良かったので今回より本格稼働します。
(ガチャ用キーホルダーも量産しました☆)

d0075863_11474283.jpg

初出店のイベント、なんとか3日間駆け抜けたいと思います!


***********

【八王子フードフェスティバル 2018】

〇日時:2018年10月6日(土)~8日(月・祝) 10時~20時(ガーデンマルシェ・ワークショップは各日17時まで)
〇場所:南大沢中郷公園(京王線「南大沢」駅すぐ)


皆さまのお越しをお待ちしています(^^)



*



# by q-factory | 2018-10-02 11:48 | イベント | Comments(0)  

『あつまれ!森キッズ』は雨天のため日曜開催となります

直前のご案内ですみません。

週末に出店予定にしていた『あつまれ!森キッズ』。

去年も参加しましたが、工房近くの森の緑地でとても気持ちの良いイベントです。

ロープを使って木登りするツリーイング(要予約)や、地元のお店のパークマルシェ、森の音楽会など。

微妙なお天気なのでどうかなあ・・・と迷いつつ荷物を積み込んでいたら、「日曜に順延します!」という連絡が来ました。

早めの決定はありがたいですね。
日曜はお天気も良いようなので、森の中で皆さんをお待ちしています(^^)

d0075863_14583942.jpg

d0075863_14585777.jpg

くうちん工房は、カギのペンダントとハートのこうかんペンダントのワークショップ。
家具の展示スペースも取りますので、良かったら見ていってくださいね。

ここのところ夜な夜な準備しているのは、ガチャポン。
夫が「都築の杜」のイベントでひとめ惚れして機械を買いました。

d0075863_14590711.jpg

カプセルの中身は「キラキラキーホルダー」と「悪い猫カード」。
くうちんが悪いことした時の現場写真が、一枚ずつ入っています(全30種)。
d0075863_14592308.jpg

d0075863_15004199.jpg

ガチャポンなのであまり値段は高くできないなあ・・・と思い、今回は300円で回せるようにしました。
でもあまりに原価率が高いので、次回からは値上げするかも(笑)

「悪い猫カード、コンプリートしたい!」というご意見をSNSでいただき、こっそりカードのみの販売もしています。
ご希望の方はお声がけください。


それでは、9/23(日)に、大戸緑地(大地沢青少年センター入り口バス停より徒歩3分)でお待ちしています!



*


# by q-factory | 2018-09-21 15:01 | イベント | Comments(0)  

esqのライブに友人を連れて行った

さて、私的には満を持して。
友人を三谷さんの横浜ライブに連れて行った。


20代の頃も一緒に行ってなくて、彼女にとっては初めてのesqライブ。

CDを貸しても「これ要さんが歌ったらどうなるかなーって想像した」という人なので、気に入ってくれるかどうかは五分五分だと思ってた。


当日は横浜Strage現地で待ち合わせ。
私のはファンクラブ優先チケット、彼女のは後から取ったので入場順位がちょっと違う。
ツイッターで知り合った方が友人と近い番号を持っていたので、交換してもらった。
(後から聞いたら最前列に座れたとのことで、とても楽しんでいただいた様子で私まで嬉しくなった。)
このブログを通じてCDをお貸しした方とも、無事に会えた。


私と友人は、真ん中あたりの席を確保。
しかし、この観客数にまだ慣れない。
中盤あたりでも充分三谷さんと近くて、何かの価格破壊が起きている感がすごい。


そしてライブが始まった。


*


正直、友人の反応が気になって、割と気もそぞろだった。

でも途中の曲からはスタンディングで(←目黒会場ではできなかった)昔の曲も楽しみ、リクエスト曲も運良く演奏してもらい、またスタレビとは違う楽しさだと改めて思った。


ライブに行けなくなった時の気持ちについて、両親が別れた子どもみたいな感じなんだよ、と説明したことがある。

お父さん(スタレビ)ともお母さん(三谷さん)ともその後何度も会ったけど、どうしても二人に一緒に暮らしてほしい気持ちが消えないのだと。


だけど24年経ってやっと、お父さんは素敵な再婚相手と暮らしているし、お母さんはシングルで好きなことをマニアックにやってて楽しそうだし、それはそれでいいじゃないかと思えるようになった。
どっちもちゃんと音楽を続けていてくれて、どちらにも会いに行くことができる。
それ以上の幸せは望まなくていいな、と。


*


心配していた友人も「ライブ楽しかった。新曲が一番いいね」と言ってくれて。
後日、「初めて聴く曲もすんなり入ってくる。三谷さんの音とアレンジがどれだけ染み込んでたのか、気づかされた思いだ」とメールをもらった。

また来年、横浜ライブに誘おうと思う。

今シーズンのツアーはほぼおしまいで、来シーズンからは何回か参加したいと決意した。
娘づれでも行きたいし、友人とも行きたいし、一人でも行きたい。
贅沢な話だなー。


でもとても幸せです。



*



# by q-factory | 2018-09-14 22:09 | 趣味の話 | Comments(2)