ウッドデッキ床貼り 1日目

土曜日の予報が雨だったので、作業はお休み。
家でたまった家事をこなして、午後からFC町田ゼルビアの試合を見に行ってきました。

日曜日は、定番助っ人あんびさんが来てくれて、床貼り開始!
なかなか進まなかった水平出し、つらかった土台の穴掘りに比べて、楽ちんなはずの床板貼り。
先週平日にばっちり仕込みしたから、今日はさくさく貼れるぞ~☆と思っていたのですが。
・・・甘かったです。
d0075863_211367.jpg

無塗装のままいくため(多分)、できる限りの雨対策はしたい。
というわけで、床板は上から釘やビスで留めるのではなく、下の根太から斜めビス留めすることにしました。
上からだとどうしても釘部分に水が溜まってしまって、そこから腐りやすくなるからです。
それ以外には、反りの方向を考えてすべて木裏を上にして使う、腐りそうな節のある材木はできるだけ屋根の下に入るようにする、などの方策をとりました。

で、上から床板を留める場合はたくさんの床板を並べて、複数人数で作業することが可能です。
ところが下からの場合は床板を並べてしまうわけにいかないので(もぐらなきゃいけなくなっちゃいますからね)、1列ずつ地道にやっていかなくちゃなりません。
床板の上に座って体重で押さえつけながら、床下に手を回して斜めビス留めする・・・というやり方も載っていましたが、これはなかなか難しいです。
今回は助っ人さんに押さえてもらいながら、根太の間に座って作業しました。必然的にビス留め作業はひとりだけ(あ、もう1人いたら両側で同時に留めるのは可能かと思います)。

今日の成果、床板9列。
柱部分を切り欠いたりとか、その他の作業もあったんですけどね。あまりにスローペース。
ちなみに全体の3分の1くらいです。

で、昼過ぎからはまうちんの友人Sさんと私の学生時代の友人Aが来てくれました。
皆で焼き芋を焼きつつ、「私も薪割りしてみたい!!」とAが見事な斧さばきを見せてくれました。
d0075863_21134387.jpg

焼き芋はほくほくで大成功!おいしそうでしょ?
d0075863_21174397.jpg

Aの誕生日が近かったので、男子軍がバースデーケーキやプレゼントを用意してくれて。
丸の内で注文して買ってきてくれたケーキ、おいしかった!
大人5人で切り分けても、十分なボリュームであります。

そしてせっかくだからと焼き芋を食べて、あんびさんのおみやげ生キャラメルプリンを食べて。
スイーツでお腹一杯になってお開き。

さてさて。
平日に私1人で床貼りは続ける予定ですが、雨続きらしいし来週末に作業は持ち越しそうです。
手すりのデザインも考えなくちゃいけませんね。
ウッドデッキも長そうだなあ。でも作業が始まったら少しずつでも進むので。
がんばります。

by q-factory | 2009-10-05 21:50 | セルフビルド | Comments(0)  

<< 木工教室 実技編2回目 ウッドデッキの床板 >>