機械屋さんが来てくれた!

うちの工房には、(当たり前ですが)木工機械が何台かあります。

大きな機械は昇降盤(200V)と角ノミ(100/200V兼用)と、自動鉋+手押し鉋が一緒になったもの(100V)。
あとはネットで買ったバンドソーと普通の卓上丸のこと糸のこ。
昔、誕生日に夫に買ってもらったボール盤。

え、これだけ?と思われるかもしれませんが、これだけです(笑)
これ以外には持ち運びできる工具で、トリマーとか丸のことかはあるけど。

そして最近、昇降盤の音がちょっとおかしくなってきて。
回転させると「ふーーーーん」とか「しゅーーーーん」とかいう音がする。

さて困った。これらを買った機械屋さんとは疎遠になってしまったのです。
もともと中古機械専門店ではなく、町の工具屋さんの倉庫で眠っていた機械を売ってもらったのですが、買った時からメンテナンスがイマイチな感じで。

機械の中の様子を見るため蓋を開けようとすると、ペンキでネジ頭がつぶれてて難儀する。
刃のセッティングをしようとすると、定規になるべきところまでペンキが塗ってあって、最初にはがさなきゃいけない。
昇降盤の横定規は、どう見ても溝と合わずゆるゆるなのに「うちにあるのはこれだけだから」とその定規を置いて行かれ(涙)。

d0075863_1692597.jpg


で、そこに代わる機械屋さんをずっと探していたのですが、なかなか見つかりません。
探して電話しても、「買ったところで見てもらいなよ。うちでは××で△△だから駄目だよ!」とにべもなく断られることが多く。
マキタの機械修理に快く対応してくれた電気店では「三相の機械を見てくれるとこ、うちも探してるんだよね」と逆に聞かれたり。

ほとほと困って、先日見学に行った近所の工房さんで「機械屋さん紹介して頂けませんか?」と聞いてみました。
同業の方なので、なかなか聞きづらかったのですが(笑)
ほんとにありがたいことに、連絡先を教えてくれただけではなく機械屋さんに前もってお話しておいて下さったらしく。
電話したら「ああ、Tさんから聞いてますよ!」とありがたい対応(^^)
症状を話したら「そりゃあ本体かモータのベアリングだな」と言われ、機種を聞かれたけどどこにも見当たらない。。

それでも週末2人で来てくれた機械屋さんは、昇降盤を回すとすぐにモータのベアリングだね、新しいの持ってきたから大丈夫、と交換作業に。
回転のブレがかなりあるから、軸交換も必要かね?それだと値段高くなるなあ・・・と相談しながら、機械の色んなところを見てもらって。
「なんだ、ここのネジが最初から緩いんだよ~」と適正に締めてもらったら、機械のブレはほぼ無くなって木工機械の規定内に入ったよ、とマイクロゲージを見せてもらいました。

d0075863_1685973.jpg

回してみたら、回転音がすごく静か!
すごい!!
うちに最初に来た時よりも数段男前になった!!!

それ以外に、ゆるゆるな定規の替えをお願いしたり。
頂き物の小型機械に三相のコンセントつけてもらったり。
使ってない機械を持って行ってもらったり。

ああ。
ここ最近の色んな心配を一気に解消してもらいました。
中には工房に機械入れて以来の気がかりなこともあったので、ほんとにありがたく。
「最近こっち方面の仕事多いから、大丈夫ですよ。また来ます」と機械屋さんは次の現場(車で1時間半はかかりそう)へ。

Tさま、ご紹介ありがとうございました。
お陰さまで枕を高くして眠れます(*^^*)
[PR]

by q-factory | 2013-03-14 16:16 | 木工機械 | Comments(0)  

<< 『薪ストーブと珈琲の日』 しました。 マスラックスさんのアトリエへ >>