2019年 01月 06日 ( 1 )

 

コード類が隠せるテレビボード

今回はオーダー製作したテレビボードのご紹介。

前投稿のような木工教室のご要望は多いのですが、工房の仕事の主軸は家具製作です。

60歳くらいまでは作る仕事多め+教える仕事を少し、その後は徐々に教える方の比率を増やせたら・・・というのが今の展望。

まあ、先のことは分かりませんが(^^;


d0075863_17163150.jpg
テレビボードの材料は、いくつかの樹種見本からアメリカンチェリーを選んでいただきました。

d0075863_17163897.jpg
d0075863_17164250.jpg
d0075863_17164748.jpg

・今のテレビ台と同じくらいの大きさ
・シンプルな形
・前面は板の扉
・裏のごちゃごちゃしたコードを何とかしたい

というのがお客様のご希望。

なかなか難しかったのが、板扉の中に収納するとハードディスクへのリモコンが効かなくなってしまう点。
受信機をテレビ脇に置く方法も検討しましたが、「使う時は開けっ放しで良いですよ」ということで、扉が邪魔にならない形で作ることにしました。


d0075863_17165854.jpg


d0075863_17170381.jpg
DVDや録画番組を見る時はこうして持ちあげて、扉が天板下に収納されます。


d0075863_17170658.jpg

普段はぴったり閉じておけば、すっきりとした印象に。

裏側は二重構造にして、ごちゃついたコード達はボードの中に収納されるようにしました。

d0075863_17171189.jpg


d0075863_17171438.jpg


外側の板はいつでも外せて、コードのつなぎ替えや掃除ができます。

*


お納めした後に「家具が生活の土台を作るという考え方に、共感します」と言っていただき、とても嬉しいお仕事でした。

量産家具が手軽に買える時代。
私もプラスチックの収納ケースを使っていますし、便利なことは否定しません。


でも、おうちに大事な家具が一つでもあると、毎日の生活が変わります。
それがあるだけで部屋の雰囲気が締まって、自分の気持ちも落ち着く。


そんな楽しい生活のお手伝いができるよう、今年もひとつずつ家具を作っていこうと思います。



*

by q-factory | 2019-01-06 17:19 | 家具づくり | Comments(0)