人気ブログランキング |

カテゴリ:・オーダー製作の家具( 71 )

 

広いキッチンカウンター

広いキッチンカウンター_d0075863_15354506.jpg

新築のおうちのキッチンに、広めのカウンターを作りました。
なるべく作業スペースを広く・・・というご希望で、奥行58cm・間口は約2メートル。
左側には引き出しと扉つきの収納、右側はお持ちのストッカーと分別用ゴミ箱にぴったり納まるようになっています。

今回は棚本体がほとんど見えないので、シナ合板+着色オイルでご提案。
カウンター天板と、引き出しの前面と扉をオニグルミ材で作りました。

広いキッチンカウンター_d0075863_15332258.jpg

広いキッチンカウンター_d0075863_15354549.jpg


収納の奥行がかなり深いので、うまくお使いいただけるだろうか、、と悩んで。
棚柱を3本入れて、下2段は奥行たくさん、上1段は少し浅めで見通しの良い棚にしてみました。

広いキッチンカウンター_d0075863_15381999.jpg

広いキッチンカウンター_d0075863_15334664.jpg

扉の中ははっきり見えるとちょっと・・・ということで、模様入りのガラスを使用。
色や形がぼんやりと見えるので、何入れたっけ?と忘れずに済みます。
色つきも含めたくさんのサンプルから4枚に絞って、最後に選んだのがこちら。


広いキッチンカウンター_d0075863_15333715.jpg


広いキッチンカウンター_d0075863_15332878.jpg
広いキッチンカウンター_d0075863_15334059.jpg

右側は壁の下地に支え材を取りつけ、カウンターを固定して完了。

新居での家具にくうちん工房を選んでいただき、ありがとうございました!

広いキッチンカウンター_d0075863_15334354.jpg

(2018.10月製作)

by q-factory | 2020-04-07 16:01 | ・オーダー製作の家具 | Comments(0)  

CoCoプレイスさんのおままごとキッチン

おしごとカフェ」オープンの時にご縁をいただいた、株式会社キャリア・マムさま。
(カフェの小上がりにスツールを置いてもらってます。)

カフェのあるココリア多摩センターの上階に、保育室つきのコワーキングスペース「CoCoプレイス」をオープンとのことで、おままごとキッチンなどの什器をお納めしてきました。


CoCoプレイスさんのおままごとキッチン_d0075863_14544588.jpg

5階のおしごとカフェさんも景色が綺麗ですが、ここはレストラン街よりも上の7階。
窓からの眺めも素晴らしいです。
使い勝手の良さそうな仕事用スペースの向こう側に、保育ゾーンがあります。


CoCoプレイスさんのおままごとキッチン_d0075863_14522727.jpg
CoCoプレイスさんのおままごとキッチン_d0075863_14522347.jpg

おままごとキッチンは不特定の子どもたちに使ってもらうので、いつものワークショップ用よりもあちこちを頑丈に作りました。
間口と高さもご希望に合わせたサイズに。


子連れで行って、保育士さんに子どもを見てもらいつつ仕事できる。
娘が小さい頃にこんな場所があったら、嬉しかったなあ・・・。


CoCoプレイスさんのおままごとキッチン_d0075863_14523781.jpg

CoCoプレイスさんのおままごとキッチン_d0075863_14524611.jpg

入り口の「CoCo Place」の看板やロゴも、合わせて製作。
「厚生労働省委託」の看板は、追加で設置しました。
CoCoプレイスさんは自営や起業準備の方たちだけじゃなく、会社員の方のサテライトオフィス利用も可能です。

*

10年前にくらべて、いろいろな働き方が選べるようになってきたなあ、と実感しているこの頃。
保育室で子どもたちにたくさんキッチンを使ってもらって、そして、大人たちの笑顔も増えますように。

この度もありがとうございました。

CoCoプレイスさんのおままごとキッチン_d0075863_14523161.jpg
(2018年8月・2019年1月製作)


by q-factory | 2020-03-17 10:51 | ・オーダー製作の家具 | Comments(0)  

吹き抜けの本棚

木工教室で娘さんの棚を作り、新居の洗面台や薪ストーブの炉台を一緒に作った生徒Ⅰさん。
2階に置く、扉つきの本棚をオーダーいただきました。


吹き抜けの本棚_d0075863_16514999.jpg

キッチンや洗面所につけたオニグルミ板の棚の質感が、とても良かったとのこと。
こういうご注文はとても嬉しいものです。


吹き抜けの本棚_d0075863_16525009.jpg

本棚は薪ストーブの煙突が見える、2階に置くことに。
階段を登ってくるとすぐ目に入ります。
2台並べたときに綺麗に見えるよう、天板は通し木目になっています。
本体も扉もなるべくシンプルに・・・というご注文で、すっきりとした形になりました。

吹き抜けの本棚_d0075863_16545198.jpg


吹き抜けの本棚_d0075863_16531030.jpg


真鍮の取っ手は、Iさんが探してきたもの(キッチンや脱衣所の棚受けも)。
アンティークなマイナスねじが素敵です。

納品の時は「娘さん同伴でぜひ!」と言っていただいて、お子さんと遊ばせてもらってありがたい限りです。
2階の梁にかけられたハンモックをいたく気に入った娘は、「うちにもハンモック買って~」と言い出しました(笑)

*

自分たちの使うものを、自分の手でつくる。
生活の中に少しずつ、良いものを取り入れる。

高尾の自然がすぐそばに感じられる、とても素敵なおうちでした。

吹き抜けの本棚_d0075863_16542372.jpg

by q-factory | 2020-02-18 17:01 | ・オーダー製作の家具 | Comments(0)  

いろんな本の入る本棚

昨年の今頃は、都内にお住まいのOさまの本棚を作っていました。

マンションの壁のくぼんだ部分にちょうど合うようなものを・・・と、ご相談。
Kindleなどで読むようになったものの、書籍もやっぱり買いますね、とOさま。

そして赤ちゃんが生まれたばかりなので、つかまり立ちしても倒れにくい本棚にしてほしい、とのこと。
賃貸マンションなので、壁に穴をあけたりはできません。

そしてこんなのが良いです!といただいたのが、下に行くほど奥行が深くなっている本棚の写真でした。


いろんな本の入る本棚_d0075863_16502339.jpg
いろんな本の入る本棚_d0075863_16502778.jpg


さてさて・・・ちょうど届いたばかりの材木たちと相談。
なるべくシンプルにすっきりと、というご希望でこんな感じになりました。
棚板も少しずつ奥行が違います。


いろんな本の入る本棚_d0075863_16502875.jpg


本体のみ、こちらは塗りあがったところ。
外側は壁で見えなくなってしまいますが、縦に通した板もなるべくきれいな木目になるようにしました。

いろんな本の入る本棚_d0075863_16503466.jpg

無事に完成してOさまのおうちへ。
一番上には文庫本、中段には新書や単行本、一番下には大きめの美術書も入ります。

喜んでいただけて良かったです!


いろんな本の入る本棚_d0075863_16522122.jpg

*



by q-factory | 2019-11-17 16:50 | ・オーダー製作の家具 | Comments(0)  

ぐい呑みの飾り棚

ぐい呑みの飾り棚_d0075863_10545141.jpg

くうちん工房では、小さな家具も作っています。

こちらは、ご夫婦でたくさん集めた「ぐい呑み」を飾って収納するための棚。
たくさんお持ちのぐい呑みのサイズと数を表にしたもの、そして簡単な図面もご自分で描いてありました。

高さや幅のバランスを変えたり、器を取り出しやすい奥行にしたり、用意された図面を補正しながら製作開始。

ぐい呑みの飾り棚_d0075863_10554466.jpg
ぐい呑みの飾り棚_d0075863_10553476.jpg


実はアクリル板を相欠きで互い違いに組み合わせるのは、はじめてで。
勝手が分からないままレーザー加工に出したら、ちょっときつめに仕上がってしまって、この形になるまでに何枚か割っちゃったのは内緒・・・。

ぐい呑みの飾り棚_d0075863_10554988.jpg

引き戸の取っ手は、なるべく邪魔にならないようにというご希望。
「指先がひっかかればいいです」とのことで、はじっこに晩酌セットの絵を少し深めに掘り込みました。


ぐい呑みの飾り棚_d0075863_10540202.jpg

最後に転倒防止の金具づくり。
賃貸のお宅で壁には固定できないので、テーブルに固定する形にしました。

完成!
飾られたぐい呑みたちもどこか誇らしげで、楽しいお仕事となりました。


ぐい呑みの飾り棚_d0075863_10552563.jpg


by q-factory | 2019-05-25 10:53 | ・オーダー製作の家具 | Comments(0)  

コード類が隠せるテレビボード

今回はオーダー製作したテレビボードのご紹介。

前投稿のような木工教室のご要望は多いのですが、工房の仕事の主軸は家具製作です。

60歳くらいまでは作る仕事多め+教える仕事を少し、その後は徐々に教える方の比率を増やせたら・・・というのが今の展望。

まあ、先のことは分かりませんが(^^;


コード類が隠せるテレビボード_d0075863_17163150.jpg
テレビボードの材料は、いくつかの樹種見本からアメリカンチェリーを選んでいただきました。

コード類が隠せるテレビボード_d0075863_17163897.jpg
コード類が隠せるテレビボード_d0075863_17164250.jpg
コード類が隠せるテレビボード_d0075863_17164748.jpg

・今のテレビ台と同じくらいの大きさ
・シンプルな形
・前面は板の扉
・裏のごちゃごちゃしたコードを何とかしたい

というのがお客様のご希望。

なかなか難しかったのが、板扉の中に収納するとハードディスクへのリモコンが効かなくなってしまう点。
受信機をテレビ脇に置く方法も検討しましたが、「使う時は開けっ放しで良いですよ」ということで、扉が邪魔にならない形で作ることにしました。


コード類が隠せるテレビボード_d0075863_17165854.jpg


コード類が隠せるテレビボード_d0075863_17170381.jpg
DVDや録画番組を見る時はこうして持ちあげて、扉が天板下に収納されます。


コード類が隠せるテレビボード_d0075863_17170658.jpg

普段はぴったり閉じておけば、すっきりとした印象に。

裏側は二重構造にして、ごちゃついたコード達はボードの中に収納されるようにしました。

コード類が隠せるテレビボード_d0075863_17171189.jpg


コード類が隠せるテレビボード_d0075863_17171438.jpg


外側の板はいつでも外せて、コードのつなぎ替えや掃除ができます。

*


お納めした後に「家具が生活の土台を作るという考え方に、共感します」と言っていただき、とても嬉しいお仕事でした。

量産家具が手軽に買える時代。
私もプラスチックの収納ケースを使っていますし、便利なことは否定しません。


でも、おうちに大事な家具が一つでもあると、毎日の生活が変わります。
それがあるだけで部屋の雰囲気が締まって、自分の気持ちも落ち着く。


そんな楽しい生活のお手伝いができるよう、今年もひとつずつ家具を作っていこうと思います。



*

by q-factory | 2019-01-06 17:19 | ・オーダー製作の家具 | Comments(0)  

ブラウンの食器棚

ブラウンの食器棚_d0075863_14123074.jpg
2016年秋に仕上げたのは、こちらの食器棚。

千駄木にお住まいのお客さまは、友人エステティシャンからのご紹介でした。
DIY好きでトイレの壁も自分で塗ったというおうちは、アジアンテイストだけどどこかモダンな感じ。
現在の食器棚は使い勝手がいまいちとのことで、部屋の一角に合わせて新しく作る事になりました。

ブラウンの食器棚_d0075863_14124073.jpg
仕上げの色に着いて若干悩みながらも、加工はさくさくと。
間口が少し広いので、天板や棚の垂れ防止を兼ねて、真ん中に仕切りを入れています。

ブラウンの食器棚_d0075863_14124547.jpg

そして色塗り。
いくつか塗料を試したものの、ご希望の色とはちょっと違う。
試し塗りの写真を送って選んでいただき、水性ステインのダークブラウンを使うことにしました。

***

都内の細い路地を抜け、無事に納品。
棚の完成に合わせて食器も厳選しよう!と、選抜隊の食器たちが並んだ棚をパチリ。
そんな風に思っていただけるのもありがたいことです。
ブラウンの食器棚_d0075863_14125355.jpg

ブラウンの食器棚_d0075863_14124905.jpg

こちらは、最初の打ち合わせでいただいたスケッチ。
ご希望通りに作れたようでひと安心。

Hさま、くうちん工房を選んでいただいてありがとうございました!
(そしてゆかさん、いつもありがとう(^^))


*

by q-factory | 2017-07-31 14:19 | ・オーダー製作の家具 | Comments(0)  

Kura-standさんの収納棚

Kura-standさんの収納棚_d0075863_14345759.jpg

Kura-stand(くらスタンド)さんは、稲城長沼駅の高架下にオープンしたお店。稲城の野菜や果物を使ったサンドパンや、飲み物のテイクアウトができます。
今回はスタンド内の背面に、扉つきの収納棚を作りました。

こちらがBeforeの頃。

Kura-standさんの収納棚_d0075863_14345340.jpg

HandiHouse Project さんが店舗内外装を整え、お店のスタッフさんたちが壁を塗り、私は最後の棚の取り付け。

(娘は取り付け完了後にビスキャップをはめています・・・)


Kura-standさんの収納棚_d0075863_14350409.jpg

Kura-standさんの収納棚_d0075863_14350909.jpg

扉が黒板になってて、メニューが書いてあったら良いねえ!というわけで「いな暮らし」でもお世話になってる、萌さんご一家と黒板塗料塗り。

今回は塗料のことから棚の取り付け方法まで、HandiHouse Projectさんに助言をいただいて大変助かりました。


Kura-standさんの収納棚_d0075863_14351274.jpg


そうそう、隣のくらすクラスさんの看板も、前回うちで作らせてもらったもの。

ここの何が良いって、高架下だから雨が降ってもぜんぜん大丈夫(^^)この時期は炎天下の公園は無理だけど、スタンド前の広場ならいつでも日陰。絵本なども置いてあってチビちゃんたちが遊んでいます。


普段は水~金(11時~16時)の営業ですが、たまに夜営業もやっているそうです。電車で行って夜ビールを飲むのが、今年の夏の目標です!

*


by q-factory | 2017-07-28 14:42 | ・オーダー製作の家具 | Comments(0)  

かのんカフェさんの折れ脚テーブル


サインボードと一緒に頼まれたのが、無垢材の折れ脚テーブル。


市販のテーブルは金具のところからダメになっていることが多いので、うちでは少し掘り込んで金具を固定しています。

ぐらつきが無ければネジ穴がゆるくなる可能性も低いかな、と。

かのんカフェさんの折れ脚テーブル_d0075863_17442499.jpg


天板はオニグルミの共木2枚はぎ。

赤ちゃんたちがたくさん触れる(場合によってはしゃぶる)ので、角は大きく丸く。

ここから脚もすべて、4.5Rで面取りして丸く仕上げます。

仕上げはエゴマ油。

かのんカフェさんの折れ脚テーブル_d0075863_17434602.jpg

かのんカフェさんの折れ脚テーブル_d0075863_17442066.jpg

かのんカフェさんの折れ脚テーブル_d0075863_17443021.jpg


この金具の小さいのがあれば、脚をもう少し細くできるのになあ。

今のところ、折れ脚の場合は割と頑丈な感じになってます。

掘り込みの角度を変えたら、脚の開きも少し踏ん張る感じにできるかなー。

今度テストしてみなくちゃ。


かのんカフェさんの折れ脚テーブル_d0075863_17443889.jpg


カフェに納品に行ったら、すぐに上でおままごとが始まって嬉しい。

ハイハイしてる赤ちゃんも、足でさりげなくテーブルの脚にさわって、木の感触を楽しんでたりするんですよ。


スタッフさん、前のテーブルより少し重くなっちゃってごめんなさい。

楽しんで長く使ってもらえると嬉しいです。



*

by q-factory | 2017-07-25 17:46 | ・オーダー製作の家具 | Comments(0)  

そら豆テーブル

そら豆テーブル_d0075863_15480099.jpg


保育園の棚が一段落ついて、「無垢材で何か作りたい!」と勢いにまかせて作ったのがこちらのテーブル。

お客さまのオーダーではなく、久しぶりに自分の作りたいものを作りました。


昨年春に売り出した、月型テーブルのハイタイプ

あぐり椅子と合わせて使うだけでなく、大人がお茶するのにもちょうど良いらしく・・・

「今までのテーブルをやめて、家族3人で月型を使ってます」というお客さままで現れました(笑)


それじゃああまりにも狭かろう、と月型にくっつけて使えるテーブルをずっと作りたかったのです。


そら豆テーブル_d0075863_15463015.jpg

まずは段ボールの上に、心のままに曲線を描いてみる。

以前作ったSさんのそら豆テーブルが頭の中にあって、でももうちょっと違うかたち・・・。


そら豆テーブル_d0075863_15463555.jpg

上から撮った写真をパソコンに取り込んで、月型の曲線と合うよう手直し。

出力した形から、合板で型を作ります。


そら豆テーブル_d0075863_15463901.jpg

真ん中で綺麗に割れてた、共木のオニグルミ材を天板に使いました。


そら豆テーブル_d0075863_15464397.jpg

そら豆テーブル_d0075863_15464902.jpg

そら豆テーブル_d0075863_15465353.jpg


今のところイベントでの評価は上々。

1台90,000円(税込)でご注文いただけます。


固定脚でも折れ脚(金具使用)でも作りますよ~!

(ちょっと小さめ・大きめのオーダーは、少しお値段が上がります。

そら豆の型など作り直しの手間があるため、ご理解くださいませ。)



*


by q-factory | 2017-07-21 15:53 | ・オーダー製作の家具 | Comments(0)