人気ブログランキング |

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

調査結果出ました。

水道管。
やっぱり、本管とつながってなかったんだって・・・。


へこむ。
かなりへこむが、なんか予想はしていたのでそれほどへこまずに済む(<-ショックで日本語ヘン)。

「宅地内の配管は見つかりましたが、道路手前でバルブがあってそこで管が寸断されてます」
だそうです。

・・・は~~~・・・。

水道屋さんがそのバルブを持って水道局に行って、これから交渉してくれるらしいのですが。
以前水道局で聞いたときは、書類上は「休止」になっているということだったので(つまり解約にはなっていない)、「休止中なのに本管からつながっていないとはどういうことなのか?」という交渉の余地はあるようです。

まあ、本管とつながっているのに土が詰まってて使えませんというのよりは・・・いいかな・・・。

しかし悲しいので、会社の人にもらった学園恋愛ものの連ドラビデオに逃げ込む。
ヤフオクでドラマの原作漫画全巻セットを競り落とす。
休肝日だが日本酒を呑む。
くうちんをなでる。

あ~~~。
誰か癒してください。

by q-factory | 2007-02-27 21:53 | 工房建築(工事) | Comments(0)  

水道調査。

昨日不動産屋さんから電話があり、排水申請の許可が下りた模様。
水道屋さんが、警察の許可が下りたらすぐに本申請の許可が下りるように手配してくれたので、早くなったそうです。

排水の許可が下りたので、いよいよ既存宅地の申請を提出。
ここがネックなんです。担当の人がとても細かい人なので、そのせいでこれらの排水許可も必要になったようなもので。
予定通りにいけば3月9日には許可が下りるはずなので、3月15日に予定の残金支払いには間に合うかも、と希望を持つ。
あとは担当者がぶつくさ言わずにハンコ押してくれるのを、祈るだけです。


そして、「連絡し忘れてたんですが、今日水道管があるかどうかの調査に入ってます」と。
なにい~~、それならば見に行かねば!!
すぐに出発して現地についたのが午後2時半。
しかし、業者の人はいなかった・・・。

地面を掘り返した跡と、掘り出した長い塩ビ管が数本。
そしてきちんと埋め戻してあって、本管の目印らしきものは何もない。

・・・やっぱり、本管とはつながってなかったのかなあ・・・
ううう。

もやもやしながら帰宅。
2、3日後には結果が分かると思います。

by q-factory | 2007-02-25 11:58 | 工房建築(工事) | Comments(0)  

確定申告

今日は町田市の確定申告会場へ。
還付申告ではありません。源泉徴収で払っていない分の税金を、追加で払いに行くのです!
くうちん工房の土地を購入するために、まうちんが株などを処分して現金を作ったので、
その副収入(?)分の税金を申告しなければならないのです。

実はネットで申告を試みたものの、複雑すぎて挫折。記入必要な事項は以下の通り。
1.まうちんの会社の持ち株会で購入した自社株を売った売却益。
2.同様にストックオプション。(こちらは給与所得とみなされる)
3.年末調整で申請しそこねた、私の国民年金と国民健康保険料。(まうちん分の控除に入れる)

このうち3はともかく、1と2は難しくて。
今日は会場で相談しながら申告書を作成したのに、3回もプリントアウトし直し。

難しい要因としては、
・外国の会社の株なので、国内で上場していない
・取引している証券会社も外国の会社
・つまりドル建てで取引した後に銀行で日本円に換金している
というところでしょうか。
日本の上場株を普通に証券会社で売った場合は、そのときに税金が徴収されるので申告の必要はないようです。

そして、内容が複雑なので「株式専門の相談員」の青い腕章をつけた係員登場。
ここですばらしい事実が判明。

国内で上場していないので「未公開株」として記入していたのですが、アメリカでNASDAQに上場していたら「国内の上場株と同様とみなす」らしいのです!
この2つはまったく税率が異なり、未公開株が15%の税がかかるのに対して上場株なら10%で済むんです(住民税分の3%については後から徴収)。
ブラボーー!!
他の相談員の人はこのことに全く気がつかなかったようなので、青い腕章の人に本当に感謝です。

その他の記入不備も見つかり、それを直して再々提出。
最終的に、覚悟していた額の半額になりました~!!

半日仕事だったけど行ってよかったです。
まうちんが一生懸命に記入している間、私のお仕事は「途中まで入力した端末を他の人にとられないように死守する」こと。

今日はお疲れ様!

by q-factory | 2007-02-18 18:58 | その他 | Comments(0)  

実験用流し

申請が始まると、特にこちらはやることもなく暇です。
許可が下りるまでは誰からも連絡もないし。

時間があるので、キッチン兼研ぎ場(鉋や鑿などの)になる場所について考えてみました。

もともとシステムキッチンなるものを入れる気は毛頭ない我々。
自宅から工房までの間で見つけた業務機器のリサイクル屋で、レストランの厨房などで使うステンレス流し(小型)45,000円を見つけて、これにでもしようかねと言っていた。流し台に足がついているだけのものなので、後で外から板張りにして扉でもつけようかと思ってたんだけど。

ネットで調べたら「実験用流し」というものが!
これ、結構かっこいいと思いませんか。
d0075863_21173625.jpg

写真では壁付けになってますが、木で枠を作って埋め込むことも可能かと。
天板はタイル張りにもできそうですね。
建築家の方が同じような方法で、オシャレ~な洗面台を作ったりもしてるようです。

なにより価格がスバラシイ。
定価で16,065円、ネットの建材屋さんで9,157円です(送料別)。

・・・問題は陶器なんで、割れやすいのではないかってところ。
鉋の刃落としたときにはどっちが負けるのか。刃こぼれ?シンク割れ?・・・どっちもやだなあ。。

ちなみにまうちんの感想は→「理科室みたい。」
でした。

by q-factory | 2007-02-16 21:24 | 工房建築(工事) | Comments(2)  

申請いろいろ

ようやくすべての書類が揃って、各申請が進み始めました。

排水管については希望をこちらで出して、建築士さんが水道会社に聞いてくれていた
んですが、勾配などはOKとのことでそのまま申請し、警察の許可待ち。
これで「土間に出てしまいます・・・」と言われていた管も土地の南側から庭を通して
町田街道の側溝に放流できそうです。
この位置だと撤去するガードレールもカーブにかからないので、一番楽に工事が済み
そう。

予定では2月16日に警察の許可が下りたら、排水の本申請。
→3月2日頃に排水許可が取れて、それを市役所の開発審査に提出。
→その10日後くらいに開発審査から既存宅地の許可が下りる。

という感じらしい。

申請ごとに追われて給水管の調査がまだだったんだけど、3月上旬くらいにはやって
くれる模様。
これで見つかったらOK、見つからなければまた申請して排水管と同時に町田街道を
工事(!)ということになります。

早く楽しいところに行きたいっす。
セルフビルドへの道は遠い。。。

by q-factory | 2007-02-11 22:14 | 工房建築(工事) | Comments(0)  

今日も

現場にまうちんが行ってくれました。

不動産屋さんと建築士さんも、現場で土地の測量杭の確認とガードレール視察に来てくれました。

ガードレールはやっぱりカーブの部分を取るのは難しいので(なんとなく危なそうだし)、とりあえずは浄化槽の位置と配管を家の反対側に回すことでなんとか対応できないかね?という話になったらしい。
今の配管計画図のままだと、工房の入り口前に浄化槽を設置することになっているので、車を入れるのがちょっと大変なのです(浄化槽の上は車は通らないほうがいいらしい。コンクリとかで固めてしまえばOKだそうです)。
位置を南側にずらせると、車もダイレクトに入れていいかなあ、と。

なんだか申請事がいろいろ多くて大変だけど、ここまでくると「建ててやるぜ!」という気持ちに。

でもね、本当にいい土地なんですよ。
くうちん工房、建ったらすごくいい感じになるはず。

by q-factory | 2007-02-04 21:42 | 工房建築(工事) | Comments(0)  

進捗報告 その2

不動産屋さんで打ち合わせ。

順番どおりに並べてみます。
1.建築確認申請の許可を受けるには
2.「既存宅地」の許可が必要。これを受けるには
3.排水の放流許可が必要。これを受けるには
4.歩道の切り下げ許可と警察の許可が必要

許可ばっかりだよ!!

・・・ということで、せっかくかけ合ってもらったものの2月23日に予定していた既存宅地の許可は無理そうです。排水の許可には詳細な配管図が必要なようで、それの図面を描く時間やそれぞれの許可にかかる日数を考えると、最短で申請日が2月16日→最終の許可取得が最短で3月2日。

なんていうか、排水って大変なのね。

まず、生活排水は合併浄化槽を設置しないといけないんだけど、放流先が都道の側溝なのであまり深さがなく、ポンプアップしても勾配がかなりシビアなのだそう。
「土間に排水の配管が出ます」って言われて、浄化槽の場所を移動してなんとか回避できないかと思ったものの、今度はガードレールの位置(ちょうどカーブのところ)が邪魔で排水工事に伴う歩道切り下げ位置が移動できないかも、と言われる。

そっちは警察の管轄なのですな。
カーブの部分は危ないから、ガードレールの撤去を渋られる可能性があるのだそう。

そして雨水の排水。
町田市→「雨水浸透トレンチを設置しなさい。そこから溢れた分は都道の側溝に放流許可をもらって下さい。」
東京都→「雨水浸透トレンチは容量計算済みですよね?だったら溢れないってことでしょ。放流しなくてもいいでしょ?」

・・・
なんていうか・・・ものすごいお役所仕事だと思います。
言うことが一環してない。

まああんまり書いて許可が下りなかったりすると嫌なんで、この辺でやめときます。
許可が下りたら公開できるように、非公開ブログで綿々と役所仕事について書く予定。

えーと。
乞うご期待。。

by q-factory | 2007-02-04 00:26 | 工房建築(場所探し) | Comments(0)